« ヤマハ発動機サッカー部創部の経緯 | Main | 日産自動車サッカー部創部の経緯 »

フジタ工業(藤和不動産)サッカー部創部の経緯

『サッカーマガジン』1985年3月号 p.110-113 より。

“フジタ工業クラブ・サッカー部の始まりは、昭和四十二年、フジタグループの一つである藤和不動産の当時の社長、藤田正明氏の構想によるものだった。藤田氏は修道中(現修道高)-早大とサッカー選手として鳴らした人で、当時のサッカーブームの背景もあり、企業のイメージアップを狙ってサッカー部を作った。

 初代監督の黒木芳彦は、東洋工業で選手として活躍した後、母校の修道高監督を経て、先輩にあたる藤田社長を頼って藤和不動産に入社、チームをまかされた。そして四十三年、過去東洋工業で日本代表にも選ばれた石井義信をコーチに迎え、スタッフを整えるとともに安藤正俊(立教大)、脇洋一(同大)、吉田健二(山口大)ら大学での即戦力をはじめ十人の新人を加えた。これにそれまで同好会として活動していたチームから数人をピックアップして藤和不動産サッカー部がスタートした。

 栃木県那須高原に本拠地を置く構想になっていた藤和は、とりあえず栃木県リーグの四部に所属し、那須の施設が完成するまでの間、東京の仙川にある会社の寮の近辺で活動を開始、グラウンドを借り歩きながら練習。そして試合のたびに栃木まで出かけるという初年度であった。

 しかしながら、大学の準レギュラークラスを揃えた藤和は、栃木県リーグの四部チームでは、相手がいなく、一試合平均15得点の猛威をふるい全勝で優勝。強豪でも新加盟のチームは四部からという不合理を是正するために設けられた三部、二部、一部の最下位との入れ替え戦にも文句なしの勝利を収め、翌年の一部リーグ入りを決めた。

 四十四年には、佐藤喜一(水戸商)、小方静夫、池田陽二(ともに広島工)ら高校出の有望選手を集めた。佐藤は後に東京で行われるユース大会に日本代表として出場したストッパー、小方、池田は日本リーグで活躍した荒井公三(古河)、小原秀男(マツダ)、河本博(新日鉄)らと広島工時代同期で、ともにコーチを受けた石井を親って[ママ]藤和に加わった選手たちである。”(p.110-111)

その後については藤和不動産サッカー部(Wkipedia)

社長のトップダウンで創部、監督、コーチ、選手も広島人脈で集められたようです。広島御三家はすべてJクラブのオリジンの中心人物を出しています。

広島一中(国泰寺高):広島(東洋工業)、浦和(三菱重工)
広島高師附中(広大附高):セレッソ大阪(ヤンマー)
修道中(修道高):湘南(フジタ)

|

« ヤマハ発動機サッカー部創部の経緯 | Main | 日産自動車サッカー部創部の経緯 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フジタ工業(藤和不動産)サッカー部創部の経緯:

« ヤマハ発動機サッカー部創部の経緯 | Main | 日産自動車サッカー部創部の経緯 »