« 放射能泉 | Main | 1984年当時の日本サッカーリーグ(JSL)1部社会人チームの創部の経緯 »

ヤンマーサッカー部創部の経緯②

『サッカーマガジン』1985年5月号 p.118-121 より。

“ヤンマーディーゼル・サッカー部は、昭和三十二年初代監督古川能章が中心となって発足させた。古川は広島高師付中(現広大付高)-早大と、インナーあるいはハーフバックとして鳴らした人で、広付中時代には、長沼健(現日本協会専務理事)らとともに全国優勝もしている。

 創部当時を振り返って、古川氏は「サッカー部ができた当時はほとんど素人ばかりで、人数も十五人くらいでした。グラウンドもなく、日曜に練習試合をやり、平日は梅田の材料置場で練習しました」と語る。

 三十四年には大阪実業団リーグに加盟し、公式戦に出場するようになる。このころになると、三十四年大石正明(尼崎工)、三十五年安達貞至、梶本道明(ともに関学)、三十七年鬼武健二(早大)、中川雄二(関学)、北野修司(甲南大)、三十八年山中昇(関学)、鈴木寛和(早大)など経験者も毎年のように入部するようになった。

 関学、尼崎工高の出身者が多かったため、両校のグラウンドを借りての練習もできるようになり、大阪リーグは毎年トントン拍子に上がり、三十八年には一部に昇格した。

 全国大会にも三十六年都市対抗、三十七年全国実業団大会に関西代表として参加。「都市対抗のときは、大阪予選で夏の暑い日にダブルヘッダーで、全住金、電々近畿と連勝したのですが、試合後相手チームの補強選手を次の試合にうちのチームで出てくれるように頼んだりしました。それに関西以外への遠征は初めてで、張り切って東京へ行ったのですが、一回戦で長沼や岡野のいた東京トリッククラブと当たりました。それが試合中停電になりましてね、しばらく待って再開しましたけど、結果は1-2で負けました」(古川氏)

 三十八年にも、全国実業団の関西代表になったのだが、山岡康人前社長の逝去で辞退。また同年、関西実業団選手権も優勝し、関西での地位を確立していった。”(p.118)

|

« 放射能泉 | Main | 1984年当時の日本サッカーリーグ(JSL)1部社会人チームの創部の経緯 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヤンマーサッカー部創部の経緯②:

« 放射能泉 | Main | 1984年当時の日本サッカーリーグ(JSL)1部社会人チームの創部の経緯 »