« セント・ジョセフ・カレッジ卒の落語家 | Main | 大正期における大阪毎日新聞の成長とスポーツ・イベント »

またまた諏訪に

18切符の消化のため、どこかに行こうと思いましたが、北方向はヤバそうなので、結局西方向は中央線ということで上諏訪温泉に行ってきました。

Cimg0791


Cimg0790

ゴシック建築の教会のような片倉館とその事務所

Cimg0789

片倉館前庭の池の鴨

Cimg0792

今回のうなぎはうな藤。前回の古畑から徒歩5分と離れていません。古畑の並びの帯川もうなぎや。写真でおわかりのように、うな藤は関西風でワイルドな感じ。うな重の上にある空の皿は肝焼きでしたが、これも量タップリでした。

Cimg0793

諏訪市は温泉を上水道のように給湯しており、町中に温泉タンクがある家が目につきます。→温泉の新設・廃止・名義変更などの手続き(諏訪市)。個人でも温泉が引けるのはうらやましいですが、そんなに安価でもないようです。 

Cimg0794

小淵沢で列車連絡待ちの間に途中下車した際、路傍にあった石仏

Cimg0787

帰りの竜王駅にいた東北向けに長大編成の貨物(ガソリンタンク)列車。機関車2連で引っ張ってました。


|

« セント・ジョセフ・カレッジ卒の落語家 | Main | 大正期における大阪毎日新聞の成長とスポーツ・イベント »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference またまた諏訪に:

« セント・ジョセフ・カレッジ卒の落語家 | Main | 大正期における大阪毎日新聞の成長とスポーツ・イベント »