« 岡部平太のイングランド・リーグ、1924年パリ・オリンピックサッカー観戦記 | Main | 「日本陸上競技連盟創立」『日本陸上競技連盟七十年史』より »

鳩山一郎のサッカー観「最も理想的なシステム 蹴球」

鳩山一郎は1932(昭和7)年の野球統制令発令時の文部大臣であり、その著書『スポ−ツを語る』(三省堂 1932)でも野球を始めとして各種競技の統制に関してページを割いています。各スポーツに関してもかなり通暁しており、オープンなディビジョン制をとるサッカーを「理想的なシステム」として高く評価しています。

最も理想的なシステム 蹴球

 そこへゆくと、大学スポーツの制度として、一番早く、そして最も完全な体系を備へてゐたものが、僕はサッカー、即ち蹴球であらうと思ふ。野球もラグビーも、強チーム同志が自然に集まって、個々に対抗試合をやってゐたものが、段々膨大な機関となった結果、リーグ戦形式を採る様になったもので、例へば、野球など、いま東京に、かりに早・慶・明・法・立・帝以上の強い大学チームがあった所で、六大学のリーグ戦が頑ばって居る以上、なかなかそのお仲間入りが出来にくい。

 サッカーは、大正十三年に東都大学専門学校連盟、つまりインター・カレッヂ・リーグを拵へた。この組織方法が、また非常に合理的である。ABCD以下、各クラスを作って、その何れのクラスも校数を限る。Aクラスの最下位になったチームは、次の年Bクラスに陥落する。代って、Bクラスの首位チームが、Aクラスに新しく仲間入りする。以下、BCDEクラス、何れも之に準ずるから、実力なきチームで、徒らに空位を擁し、ゲームに惨敗し続ける様な不始末は決してない。

 関西にも、同じインター・カレッヂ・リーグがある。凡て、同じやり方である。昭和六年のシーズンから、関東、関西のナムバア・ワン同志が、東西リーグ代表者の対抗ゲームを行って、ここに名実相伴なふ日本の選手権を争ふ事にした。僕は、現在の学生スポーツの統制機関として、このサッカーが最も合理的であると思ふ。出来ない相談かも知れないが、東京の大学野球リーグなども、このシステムを採用したら、更に面白い結果が見られるであろうと信ずる。サッカーは、東京帝大が非常に強く、昭和三年以来、まだ一度も首位を他チームに譲った事がない。

 サッカーで、忘れる事の出来ぬのが極東大会である。支那は、他の競技が不振のどん底にある時代でも、蹴球だけはいつも強かった。日本は、大正六年、芝浦で開かれた大会以来、支那は元より比律賓にも、ずっと負け続けであった。辛うじて、始めて日本が比律賓を二対一で破り、初日を出したのが昭和二年、上海の大会である。そのうち次第に時を得て、この間、神宮競技場で開かれた極東大会には、比律賓を破り、支那と引分て、つひに一勝一引分同志が、選手権を保留する所まで躍進した。

 サッカーと同じく、苦く、くるしい思ひ出を持って居る競技が、バスケットとヴァレー・ボールである。大正十三年から、東京にもバスケット・ボールの大学リーグ戦が出来た。早稲田・立教・商大が、交るがわる優勝して来た。東京商大がスポーツで第一線に立つものと云へば、このバスケットとボートとホッケー位なものであらう。之も極東大会には、大正六年以来、一度も勝星を得たことがない。それを、昭和六年の大会に始めて支那を破り、比律賓に惜敗する所まで漕ぎつけた。

 バスケット・ボールは、女学校の団体競技として、全国的に普及されて居る。大正十三年、明治神宮競技大会の開催によって、一層この気勢は旺になった。ヴァレー・ボールも、女子の方は盛であるが、男子では、神戸商大が頭抜けて強いだけで、東京にもリーグ戦なく、極東大会では、これこそ全敗、まだ初日の出ぬ状態にある。”(p.128-131)

|

« 岡部平太のイングランド・リーグ、1924年パリ・オリンピックサッカー観戦記 | Main | 「日本陸上競技連盟創立」『日本陸上競技連盟七十年史』より »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鳩山一郎のサッカー観「最も理想的なシステム 蹴球」:

« 岡部平太のイングランド・リーグ、1924年パリ・オリンピックサッカー観戦記 | Main | 「日本陸上競技連盟創立」『日本陸上競技連盟七十年史』より »