« April 2011 | Main | June 2011 »

日本サッカー通史の試み(21) 小学校へのサッカー普及

21. 小学校へのサッカー普及

 後藤健生著『日本サッカー史 : 日本代表の90年 : 1917-2006. 資料編』(双葉社 2007)にベルリン・オリンピック日本代表監督だった鈴木重義のプロフィールがあり、以下のように記載されている。

“1902年生まれ。豊島師範付属小学校でサッカーを始め、東京高等師範付属中学を経て、早稲田高等学院・同大卒。早稲田ではア式蹴球部を創設。(以下、略)”

鈴木は1902年生まれなので、小学校卒業は1914年頃になる。豊島師範にサッカーを伝えたのは東京高師1909年卒の内野台嶺。豊島師範附属小学校では1910年代前半(大正初期)にはサッカーが始まっていたようである。日本サッカーのルーツ校、東京高等師範学校の卒業生の多くが師範学校教員となったので、中等教育機関ではまず師範学校にサッカーが普及した。師範学校には必ず師範学校附属小学校があったので、小学校レベルでは、まず師範学校附属小学校にサッカーが普及した。明治時代にサッカーが普及した青山、豊島、埼玉、御影各師範では、年代不詳ではあるが下記の図式で相当早くから附属小学校までサッカーが普及したようである。

東京高等師範学校→師範学校→師範学校附属小学校

 1922年には東京蹴球団主催の第1回関東少年蹴球大会(東京朝日新聞後援)が始まる。この大会は1940年第19回まで続く。「関東」という名を冠しているが、実際に参加したのは東京と埼玉の小学校に限られる。参加チーム数では、1924年第3回(25チーム参加)、1925年第4回(22チーム)頃が最盛期だったようである。埼玉からの参加校は主として浦和勢であるが、1925年の大会には児玉小学校も参加しており、地方への浸透がみられる。1936年第15回~1940年第19回まで浦和第二小学校が5連覇しているが、同小の指導者は戦後1950年~1970年に浦和西高校を指導し、同高を全国屈指の強豪に育て上げた藤浪武三氏である。東京蹴球団については、「日本サッカー通史の試み⑩ 東京蹴球団の創立と活動」も参照されたい。

 1924年には豊島師範のOBクラブ、豊島サッカー倶楽部主催の第1回全国少年蹴球大会(時事新報後援)も始まる。この大会は少なくとも1931年第8回まで続いたようである。この大会も「全国」という名を冠しているが、参加したのは東京、埼玉の小学校のみだった。

 1925年に出版された小学校教員向けサッカー指導書、山田午郎著『ア式フットボール』(杉田日進堂 1925)によれば、当時上記2大会以外に埼玉師範のOBクラブ、埼玉蹴球団主催の小学生サッカー大会もあった。

 東京朝日新聞社運動部編、『朝日スポ−ツ叢書 第1 ホツケ−・ラグビ−・蹴球・籠球・排球』(朝日新聞社 1930)に小学校へのサッカー普及に関する以下の記述がある。

“斯うした機会は度重って自然全国的にチームがチームが著しく増加し、諸所に中等学校大会が挙行され、一方、東西呼応してカレヂ・リーグが成立するといふ有様で蹴球界は興隆の一途を邁進する事になりました。この中に見逃せないのは少年蹴球の発達であります。就中、大正十一年に東京蹴球団が主催で東京朝日新聞社後援の下に関東小学校蹴球大会を開いたのが全国的にセンセイションを捲き起して今日では北に函館、南は広島と十数ケ所にこの種の大会が催されて、未来の大選手の卵である少年選手は頻りに活躍して、青年選手も及ばぬ妙技を示して観衆をアッと言はせて居ります。”(p.125)

1930年時点で、北海道から広島県にかけて10数ケ所小学生サッカー大会があったようだ。

 1936年オリンピック・ベルリン大会代表のプロフィールを記した「オリンピック派遣代表選手紹介」 『蹴球』第4巻第2号 1936.6 p.4-7 には、「蹴球を始めた時」の項がある。加茂健(22歳)、西邑昌一(25歳)、加茂正五(21歳)、金容植(27歳)、竹内悌三(29歳)の5選手が小学校からサッカーを始めている。彼らの小学生時代は大正後期から昭和初期にあたり、大正期における小学校へのサッカー普及が、スウェーデンを破ってベスト8入りする「ベルリンの奇跡」の遠因となっということもできよう。

 チョー・ディン著『How to play association football』(平井武 1923)と山田午郎著『ア式フットボール』(杉田日進堂 1925)はともに大正期の出版物で無料全文アクセス可能なので、誰でも読むことができる。シュートコースを三角関数を用いて説明するような高学歴者向けのディンの著書と小学生指導者向けの山田の著書は、大正期におけるサッカー普及レベル多様化を示すものとして、サッカー図書出版史的にも興味深い。

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み⑳ チョー・ディンの登場と日本サッカーの高度化

20. チョー・ディンの登場と日本サッカーの高度化

 サッカーが高等教育に普及するにつれて、高学歴の選手たちは単にロングボールを蹴りあったり、ドリブルで抜いていくだけの単純なサッカーにあきたらなくなっていく。しかし、パッシング・ゲームの戦術やそれに必要な技術を教えることのできる日本人指導者はいなかった。そこへタイミングよく現れたのが、東京高等工業学校(現・東京工業大学)のビルマ人留学生チョー・ディンであった。東京高師グラウンドでサッカーをしていることを聞き、1920年秋から東京高師に来て、附属中学の生徒と親しくなる。1921年極東選手権上海大会の日本代表となる全関東蹴球団は東京高師附中を相手に練習していたが、そのコーチを買ってでた。東京高師附中OBで早稲田高等学院生だった鈴木重義の紹介で早稲田高等学院コーチとなり、1923年から始まる第1、2回の全国高等学校蹴球大会を連覇させ、一躍コーチとしての名声を得る。ディンはまた、アストラ倶楽部のコーチとして同倶楽部を1923年第3回全国優勝競技会(現・天皇杯全日本サッカー選手権大会)で優勝させている。

 1923年には『How to play association football』(平井武 1923)という本を著す(本文は日本語)。本書は図や写真を多用して、可能な限り技術や戦術を具体的に記したものである。エンジニアらしく、理路整然とした語り口で、例えばウイングが狭い角度からシュートを打つことの非を三角関数を用いて説明している(p.40)。本書の奥付は「大正十二年八月二十三日発行」となっているが、その9日後に起きた関東大震災により東京高等工業学校が被災し、暇になったディンは本書を指導書に日本各地に巡回コーチに出る。彼の理知的な指導法は日本の学生たちに感銘を与えたようで、戦前戦後を通して日本サッカーのテクニカル面での指導者であった竹腰重丸(1936年オリンピック・ベルリン大会代表コーチ、戦後2回代表監督を務める)はその著書『サッカー』(旺文社 1956)で、日本サッカーの発展におけるディンの貢献を以下のように記述している。

“大正十二年(一九二三年)一月に開始された第一回全国高校(旧制)大会に早稲田高等学院が優勝したが、同校の優勝によって、そのチームをコーチしたビルマの留学生チョー=ディン(Kyaw Din)氏の名が全国に伝わり、多数の者がその指導を受けた。いわゆるショート・パス戦法は、同氏の指導を受けた人たちによって普及され、拡充されたものであって、同氏がわが国サッカーの近代化に貢献したところは多大であった。

 同氏の教えたショート・パス理論は「むりにドリブルで抜かなくても、二人でパスを用いて一人の敵をたたけば、けっきょくゴール前で一人をあましてフリー・シュートできる」ということに要約されるもので、戦術理論としてはすこぶる単純なものであった。

 しかし、同氏にキックやヘッディング、ドリブリング、タックリングなどの正確な方法と、その理論を教示された結果、基礎技術が急激に進展したことは大きな収穫で、キック・アンド・ラッシュ式のやり方から、従来よりもはるかに確実にボールを保持して侵入する攻撃方法の技術的な裏づけができたわけである。

 大正十一年(一九二二年)の秋、山口高等学校で筆者もはじめて同氏の指導を受けたが、ペナルティー・エリア線付近からのキックで、十回中に六、七回ぐらいは確実にバーにあてる美技や、ヘッディングの正確さには目を見はったものであるが、それにもまして大きな収穫であったのは、キックやヘッディングのフォームやタイミングについて、簡単な物理を適用して考えることを教えられ、 サッカーは考えることができるスポーツであることを知ったことであった。

 それまでのサッカー練習では円陣を作って蹴り、ドリブルをし、ゴール・シュートの練習をしてのち、練習試合をするといった、単に前から行われていた練習方法をまねるに過ぎないもので、バーを越すシュートをすれば「下げて、下げて」と主将なり先輩にどなられるだけであり、なぜバーを越したかまたどうすれば上がらないですんだかを反省し、くふうすることははなはだまれであったといっても過言ではなかった。それが同氏の指導を機として「精神力と慣れ」のサッカーから、フォームやタイミングなどと照らし合わせて原因・結果を追求する科学性を加えた練習方が進歩したので、種々の技術が飛躍的に向上していったわけである。”(太線は竹腰による)

 ディンの「直伝」を受けた早大の鈴木重義、東大の竹腰重丸らによって日本のお家芸となるショート・パス戦術が完成され、1927年極東選手権上海大会における初勝利(対フィリピン戦 鈴木主将 竹腰選手)、1930年極東選手権東京大会優勝(鈴木監督 竹腰主将)、1936年オリンピック・ベルリン大会でスウェーデンを破ってベスト8入り(鈴木監督 竹腰コーチ)、という戦前日本代表の躍進につながっていく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み⑲ 高等教育へのサッカー普及

19. 高等教育へのサッカー普及

 1921年第5回極東選手権上海大会の予選会に関西代表として関西学院が名乗りを上げ、同年秋の第1回全国優勝競技会東部予選会には東大、慶應、早稲田が参加している。1920年代後半から日本サッカーを牽引することになるこの4大学では1921年時点でサッカーが行われていたことがわかる。

 1921年暮れに東京帝大、東京商大、早稲田高等学院(早稲田大学の予科)、東京高師の4校でリーグ戦を行うことが企画され、翌1922年1~2月にリーグ戦が実施され、東京高師が優勝した。

 1924年には12校で東京コレッヂリーグ(現・関東大学サッカーリーグ)が開始される。最初から1部、2部のディビジョン制が採用され、1部は早大、東大、東京高師、法政大、慶應大、東京農大(初年度の成績順)、2部は一高、明治大、東京外語学校、青山学院、東京商大、東京歯科医専(同)であった。このリーグの参加校は雪だるま式に増加し、8年後には6部にまで拡大する。

1924年 12校 2部制
1925年 18校 3部制
1926年 21校 4部制
1929年 26校 
1931年 30校 5部制
1932年 31校 6部制
1933年 33校
1935年 37校 大学の部 19校(3部制)と高専の部 18校(3部制)に2分割

参加地域も埼玉、千葉、神奈川に拡大し、1935年には関東学生蹴球リーグに改称する。

 1部リーグの歴代優勝校は関東大学サッカー連盟のHPで閲覧できる。1926年~1931年に東大が6連覇しているが、1925~1928年の4年間は一高が1部リーグに在籍していた。同じ1部の一高の卒業生が東大に新人として入学してくるのだから、東大が圧倒的に強いはずである。東大6連覇の後、早慶が台頭する。大学と高校の実力差が開いて、高校が下部リーグに降格していくと東大が相対的に弱体化する。早慶のような私学は予科と大学本科が一体で、中学卒業生を予科段階から1部リーグに出場させて鍛えることができた。関東と同時に始まった関西の大学リーグでも初期には京大が優勢だったが、その後は関学が優勢になっており、東西共通する傾向があった。

 1923年1月には東大の野津謙が中心になって全国の高校のトーナメント大会、東京帝大主催全国高等学校蹴球大会を開催する。日本サッカー史上の名コーチ、チョー・ディンの指導を受けた早稲田高等学院が初年度から2連覇する。後に東大、京大の共催になり、東京と京都で隔年開催されるようになる。関東、関西の大学リーグ戦に参加できない地方の高校の方がモチベーションが高く、最多優勝は岡山の六高、次いで広島高校だった。

 「日本サッカー通史の試み⑥ 大正期におけるサッカーの普及パターン」で述べたように、中学校のサッカー経験者が大学でもサッカーを続ける形で普及したので、1920年代後半に日本のサッカー水準は急速に向上する。野球でも1901年創部の後発の早稲田は、中学校の野球経験者(例えば中心選手の橋戸信は青山学院中の名選手だった)が入部したので、先行する慶應や一高を数年で凌駕し、1905年には米国遠征まで敢行する。1900年代の早稲田における野球と同様の事象が1920年代の大学サッカー界で起きたのである。1927年以降の極東選手権で日本サッカーはフィリピンを凌駕し、中華民国とは対等のレベルとなる。

 1965年に社会人の日本サッカーリーグが誕生するまで、関東大学サッカーリーグ1部が日本サッカーのトップリーグであり続けた。釜本邦茂(ヤンマー 早大卒)、杉山隆一(三菱重工 明大卒)、小城得達(東洋工業 中大卒)のような日本サッカーリーグの中心選手も関東大学サッカーリーグOBであり、1990年代に日本サッカーがプロ化するまで、大学サッカーが日本代表選手の供給源であった。1925年極東選手権マニラ大会以降、日本代表は大学生(高校、大学予科を含む)、大学OBが多数をしめるようになる。日本が参加したフル代表の世界大会の大学生・大学OB比率は以下のとおりである。

1936年オリンピック・ベルリン大会 15/16=93.8%
1956年オリンピック・メルボルン大会 16/17=94.1%
1964年オリンピック東京大会 16/19=84.2%
1968年オリンピック」・メキシコ大会 16/18=88.9%
1998年ワールドカップ・フランス大会 9/22=40.9%
2002年ワールドカップ日韓大会 2/23=8.7%
2006年ワールドカップ・ドイツ大会 2/23=8.7%
2010年ワールドカップ・南アフリカ大会 3/23=13.0%

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み⑱ 全国優勝競技会(現・天皇杯全日本サッカー選手権大会)の開催

18. 全国優勝競技会(現・天皇杯全日本サッカー選手権大会)の開催

 FA銀杯寄贈がきっかけになって1921年9月10日に創立された大日本蹴球協会は、創立直後にFA銀杯争奪戦である第1回全国優勝競技会(現・天皇杯全日本サッカー選手権大会)を開催する。中部予選会は僅か13日後の9月23日に開催されるという早業であった。FAカップ同様、協会登録チームなら参加できるカップ戦として開催された。参加登録チームは以下のとおりである。高等教育にサッカーが普及しつつあることが見て取れる。しかし、慶應は体育会の部ではなく(体育会ソッカー部となるのは1927年)、早稲田は大学ではなく予科(高等学院)のチームである。『大日本蹴球協会会報 大正10年度』に詳細な記録が残されている。

東部予選会

クラブチーム(5チーム):東京蹴球団 アストラ倶楽部 ドラゴン倶楽部 台湾青年体育倶楽部 タイガース倶楽部
高等教育チーム(6チーム):東京帝国大学 慶應アッソシエーションフットボール倶楽部 東京高等師範学校 水戸高等学校 早稲田高等学院 東京商科大学
中等教育チーム(9チーム):豊島師範学校 青山師範学校 埼玉師範学校 東京高師附属中学校 横浜第二中学校 佐倉中学校 豊山中学校 独乙協会中学校 明治学院中等部

中部予選会

クラブチーム(1チーム):名古屋蹴球団
中等教育チーム(2チーム):愛知県第一師範学校 明倫中学校

近畿・四国地方

予選会は開催されず、大阪毎日新聞社の推薦により御影師範学校を代表と認定。

中国・九州地方

予選会は開催されず、山口高等学校を代表と認定。

 東部予選会は、同年春の極東選手権に代表7人を送り込んだ東京蹴球団が、対慶應6-1、対高師附中5-0、対豊島師範2-0、対青山師範2-0、で勝ち上がった。中部予選会は名古屋蹴球団が勝ち上がった。

 全国大会は11月26、27日に日比谷公園大運動場で開催された。中国・九州地方代表の山口高校は棄権し、残りの3チームで行われた。1回戦は御影師範が名古屋蹴球団を4-0で破り、決勝では東京蹴球団がコーナーキックからCF日本代表の安藤弘平がヘディングで決めた1点を守り、1-0で御影師範に勝利した。FA銀杯はエリオット英国大使から東京蹴球団主将山田午郎に手渡された。

 1924年に明治神宮外苑競技場が開場し、内務省主催で国内総合競技大会である明治神宮競技大会(現在の国民体育大会のような大会)が開催されるようになると、その蹴球部門という形で開催される。同年に大学リーグ戦である東京コレッヂリーグが始まり、同リーグ1部が日本のトップリーグとなる。リーグ戦とカップ戦の開催時期がまったく重なっており、現在同様、トップチームはリーグ戦を重視し、カップ戦を軽視する傾向が見られた。

 初期の優勝チームにはアストラ倶楽部(暁星中OB 1923年第3回)、鯉城クラブ(広島一中OB 1924年第4回)、鯉城蹴球団(広島一中OB 1925年第5回)、神中クラブ(神戸一中OB 1927年第7回)のような中学校OBクラブチームが多い。1871-72年度に始まったFAカップでも1870年代にはWanderers(ハロー校のOBチーム)やOld Eatonians(イートン校のOBチーム)のようなパブリック・スクールOBクラブチームが数多く優勝しており、同様の傾向が見られるのは興味深い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み⑰ 初の代表アウェー戦

17. 初の代表アウェー戦

 1921年1月30日に体協と日本青年運動倶楽部との妥協が成立し、1921年第5回極東選手権上海大会には両団体が合同で参加することになった。大会は5月に開催されたので、この段階では大日本蹴球協会は設立されておらず、体協の蹴球委員会がサッカーの代表を選考した。委員長は東京高師の柔道出身で、卒業後米国留学し、シカゴ大学アメフト部の名コーチ、アモス・アロンゾ・スタッグ教授(カレッジ・フットボールの殿堂、バスケットボールの殿堂入り)に師事して最先端の米国コーチ学を学んだ新進気鋭の体育指導者岡部平太、委員は東京蹴球団の山田午郎、吉川準治郎であった。陸上競技のような個人競技と同様、予選会を勝ち抜いたチームが代表チームとなる方式で代表が選抜された。体協の蹴球委員長岡部平太が「私的」に結成した、東京蹴球団、東京高師、東大からのピックアップチーム、全関東蹴球団が関東予選を勝ち抜き、関西代表の関西学院と2試合代表決定戦を行い、6-0、5-0で完勝して代表となった。代表14名の内訳は東京蹴球団7名、東京高師6名、東大1名であった。

 この大会も対フィリピン1-3対中華民国0-4と全敗であった。試合経過の詳細については、安達太郎(山田午郎)「極東の覇を目指して」『蹴球』第5号 1933年8月 p.7-14 を参照されたい。東大の野津謙は後に第4代JFA会長になる。フィリピン戦で唯一のゴールを記録した東京高師の後藤基胤は卒業後新設の湘南中(現・湘南高校)の蹴球部指導者となり、同校を関東有数の強豪に導いた。東京高師OBの佐々木等は「監督」という名目で参加しており、形式的には「最初の日本代表監督」ということになる。

 対中華民国戦では、中華民国のラフプレーに負傷者続出であった。1921年6月10日付『東京朝日新聞』の「真実の力量からは我選手は敗けはせぬ 総ての条件が悪かつたのだ 野球は雨と球不足、非人道、非運動精神の支那蹴球選手の行為 我国は比律賓に鑑みよ 野口源三郎氏感想談」 と題する記事で、日本選手団の役員だった野口は以下のように述べている。

“蹴球は元来が支那の特技である上に応援の幾万は悉く支那人と来てる。之だけで多少気の挫ける所へ勝に乗じた支那選手の横暴は極まれりで過って倒れた我選手の頭部を蹴って昏倒させ負傷させる者も頻出した。而も我選手は隠忍よく純真なる運動家精神を発揮し、控え室に入って後始めて私達に縋りついて悲憤の涙をこぼした。大体は以上の如く支那選手には尚運動家精神の体得が不十分であると信ずる。”

以後1世紀近く、中国人は「運動家精神の体得が不十分」の伝統を大切に堅持しているようである。

 全体の結果は以下の通りである(左から1、2、3位)。

陸上:比 日 中
水上:比 日 中
野球:比 日 中
テニス:比 日 中
サッカー:中 比 日
バスケットボール:中 比 日
バレーボール:中 比 日

4年前の1917年第3回極東選手権東京大会と同様、サッカー、バスケットボール、バレーボールで日本は最下位であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み⑯ 大日本蹴球協会の創立(3)

16. 大日本蹴球協会の創立(3)

 紆余曲折を経て、1921年9月10日大日本蹴球協会が設立され、初代会長に大日本体育協会理事今村次吉が就任した。

16.1 なぜ初代会長に今村次吉が選ばれたのか

 なぜ初代会長に体協理事が選ばれたのかを考察してみよう。1925年4月の体協改革(後述)の時点で体協に加盟していた7団体の設立年月日は以下のとおりである。

1) 日本漕艇協会 1920(大正9)年6月1日
2) 大日本蹴球協会 1921(大正10)年9月10日
3) 日本庭球協会 1922(大正11)年3月31日
4) 大日本ホッケー協会 1923(大正12)年11月18日
5) 大日本水上競技連盟 1924(大正13)年1月31日
6) 日本陸上競技連盟 1925(大正14)年2月7日
7) 全日本スキー連盟 1925(大正14)年2月15日

 実は大日本蹴球協会(JFA)は体協加盟団体中2番目に古い団体であった。最も古い日本漕艇協会でも前年の1920年創立である。従って、1919年3月20日に内野台嶺が嘉納治五郎から蹴球協会設立の命を受けた時点で、日本には全国的な競技団体はなかったのである。会長の人選が難航したのは、極東選手権不参加問題のほかに、そもそも競技団体の会長が何をすればよいのか、わかっていなかったこともあろう。

 当時陸上競技、水上競技の日本選手権と国際大会の代表選考は体協が直轄しており、体協としても新規に創立される競技団体との「距離感」をつかみかねていたようである。体協理事を新団体の会長にしておけば、新団体との接点となって、体協と新団体の意思疎通を図ることができる。サッカーと接点のなかった今村が会長に選任されたのは、主としてこの理由によると考えられる。なお、1年前に設立された日本漕艇協会の初代会長には体協副会長の岸清一が就任しているが、これもおそらく同様の理由であろう。

16.2 大日本蹴球協会が早期に創立されたことの意義

 1924年オリンピック・パリ大会の陸上競技代表選考をめぐって、体協はまたも大きなトラブルを抱えることになった。代表選手および役員選考が官学偏重であるとの批判をきっかけに、早慶明の3大学を中心とする13校が体協をボイコットする、いわゆる13校問題である。

“体協の運営に当たった役員は東京帝大(東大)や東京高等師範学校(高師)の出身者が大半を占め、陸上競技をはじめ、水泳、スキーなど、明治末期から日本で発達してきたスポーツを直轄支配していた。”(『日本陸上競技連盟七十年史』)

批判は代表選考のみならず、体協の運営のあり方そのものにも及び、13校は体協の組織運営改革も求めた。パリでは体協が国際陸連(IAAF)加入申請したのに対し、反体協側の陸上競技関係者が「全日本陸上競技連盟」を名乗って同時にIAAF加入を争う一幕もあった(体協の加入が認められた)。

 オリンピック後、体協は13校側に折れ、体協は競技を直轄しないで国内大会の開催と国際競技の代表選考は各競技団体に任せ、体協は競技団体の代表から構成されて競技団体の統括のみを行うことになる。1925年4月に組織改革が実施された。

 この段階で大日本蹴球協会は体協を構成する最古参の7団体のひとつとなり、体協内で一定の発言力をもつことができた。1925年にJFAを代表して野津謙が体協理事となる。野津は日本サッカーが参加していないもかかわらず、1928年オリンピック・アムステルダム大会に体協役員として派遣される。当時FIFAはアムステルダムにあり、野津は日本のFIFA加盟の下交渉を行ったことを「欧州のア式蹴球界」『大日本蹴球協会会報(昭和3年度)』所収において以下のように記している。

“殊に今回のオリンピック挙行地のアムステルダムは実にア式蹴球フェデレイションの本部である所。然も名誉秘書ヒルシュマン氏は大会の役員であった関係上、岸会長にもよろしくたのみ、余は幸に数度面会する折を得て、我国蹴球の歴史並びに現状次回オリンピック大会には出場の意志ある事等、細々と物語り、最後に、数年前より問題になってゐたフェデレイション加入の事にも及んだのである。ヒルシュマン氏は頗る喜ばれ、加入問題も来春五月マドリッドの会議に提出すれば、満場一致、可決は疑ひなしと語られた。”(p.16-17)

FIFAには翌1929年加盟するが、体協による野津のアムステルダム派遣がその一助となったことは間違いなかろう。大日本蹴球協会は、

1) 1921年の設立直後から全国優勝競技会(現在の天皇杯に続く)、すなわち国内選手権の主催
2) 1923年極東選手権大阪大会からの代表選考、すなわち国際競技の代表選考
3) 1929年FIFA加盟、すなわち国際競技団体への加盟

を順調に行うことができた。陸上競技では、上述のように陸連の誕生自体が体協との「バトル」であって、陸連が体協に代わって国際陸連に加盟できたのは1928年のことであった。1912年オリンピック・ストックホルム大会から参加している陸上競技は体協と陸連が「競合」関係にあったのに対し、歴史の浅いサッカーに干渉する体協役員はおらず、対体協関係における陸連のトラブル続きとJFAの順調さは対照的といえる。

 大日本蹴球協会は「ヘーグ氏の厚意」から誕生し、「13校陸上部の反乱」により体協内で地歩を固めることができた、まさに「棚からボタ餅」を地でいくラッキー・アソシエーションであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み⑮ 大日本蹴球協会の創立(2)

15. 大日本蹴球協会の創立(2)

 協会創立の経緯については実務で奔走した内野台嶺自身が「協会成立の顛末」『大日本蹴球協会会報 大正10年度』p.3-5 に記している。東京朝日新聞記事の8日後の1919年3月20日に嘉納治五郎に呼ばれ、

“此の度英国大使を通して、英国の蹴球協会から我が蹴球協会へシルバーカップを寄贈して来たが、日本には未だそのやうな協会が無いから、是非此の際それを設立せよ”

と命じられた。カップは1919年3月28日嘉納治五郎が受け取り、蹴球協会ができるまで体協が預かることになった。1919年3月12日付『東京朝日新聞』記事では“新しく設立せらる徳川家達公及び英国大使を名誉総裁とする日本蹴球協会”とあり、ヘーグ氏はすでに手まわしよく名誉総裁を依頼していたようである。

“協会設立に関しては、ヘーグ氏は色々英国の協会の事情やら、シルバーカップ戦の規約やらを書いて送って下された。加之英国大使と我が貴族院議長徳川家達公とを名誉会長に仰いで、隔年に此のカップを」授与することの御承諾をも得て下さった。”

ヘーグ氏の尽力により、運営実務と名誉会長の人選はすんなりと進んだ。しかし、肝心の会長の人選が難航した。

“処が会長を得る段になると非常な困難に出会ってしまった。之が為に同志の者は何回となく会合した。蜂須賀侯爵、鍋島侯爵、後藤男爵、大谷光明氏、嘉納治五郎先生、岸清一博士と云ったやうな具合に、随分と所々方々にお願いに上がったが、何れも止むを得ぬ御事情で承諾が願へなかった。”

 内野はまったく言及していないが、「日本サッカー通史の試み⑧ 極東選手権と日本」で説明したように、この時期、大日本体育協会は、1919年第4回極東選手権マニラ大会の不参加をめぐって紛糾していた。

東京朝日新聞にFA銀杯記事掲載 1919年3月12日
体協理事会極東選手権不参加を決定 同3月17日
嘉納治五郎体協会長銀杯を受領 同3月28日

と蹴球協会設立準備と極東選手権不参加による体協の紛糾は同時進行していたのである。1919年12月には東京高師で大学昇格問題が勃発して学内が騒然とし、翌1920年1月9日嘉納治五郎は高師校長を辞任する。そして相次ぐトラブルに嫌気がさしたのか、1920年6月8日~1921年2月10日にかけて外遊に出かけてしまう。留守の間に体協は1921年以降の極東選手権参加に方針転換しており、帰国直後の1921年3月8日に嘉納は体協会長を辞任する。

 1917年第3回極東選手権東京大会で日本サッカーはフィリピン、中華民国に大惨敗であり、とてもオリンピックを目指すような水準ではなかった。蹴球協会が設立されれば、当然極東選手権参加が協会の方針となるはずである。体協会長が極東選手権参加反対派の嘉納であるかぎり、誰が蹴球協会会長になっても協会員と体協の板挟みになるのは目に見えていた。会長の引き受け手がなくて当然である。

 内野が奥歯にものの挟まったような書き方をしているのは、本当のことを書くと、東京高師の上司(校長)として1919年3月20日協会設立を命じ、体協会長として同3月28日にFA銀杯を受け取っておきながら、校長、会長の役割を放棄して長期にわたって外遊した嘉納の悪口になってしまうからだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み⑭ 大日本蹴球協会の創立(1)

14. 大日本蹴球協会の創立(1)

14.1 FAによる銀杯の寄贈

 大日本蹴球協会の創立のきっかけとなったのは英国FAによる銀杯の寄贈であった。そのことを報道した『東京朝日新聞』1919年3月12付の記事の全文を以下に記す。

日本の蹴球戦奨励の為英国から銀盃を 来年から純然たる日本学校チームを作り最優勝者に授与する

英国蹴球協会は同国外務省の手を経て我英国大使館へ蹴球優勝銀盃を贈って来た。それは今から二週間許り前の事であるが銀盃の高さは十六吋、口径は七吋で其表面には『英国蹴球協会より日本へ贈る』と英語で彫られてある黒塗の台を付れば十九吋半の高さになる。英国蹴球協会が此銀盃を贈って来た意味は日本に於ける学校チームの発達を促進、奨励する目的であって、昨秋から英国大使館員が中心となって現在行はれてゐる高師を初め各学校のリーグマッチの優勝者に[やが]て授与される訳になる。併し本年は大使館員や支那人などが交ってゐるから本年から大使館員などはリーグ戦に参加せず純然たる日本学校チームのリーグ戦とした上優勝者に与へる筈であるといふ。従って本年度迄英国大使館員が中心とも見られてゐたリーグは新しく設立せらる徳川家達公及び英国大使を名誉総裁とする日本蹴球協会の管下に属する事となり将来は東京のみでなく日本全国に大会を開いて最優勝者に名誉総裁から此優勝盃を与へる事になるであらう。斯くしてこそ英国蹴球協会の厚意を初めて満足せしめる訳になるが日本蹴球協会は嘉納高師校長が本年の十月頃迄に委員を選んだ上委員会を開いて総ての具体的草案を拵へる予定である。因に右の銀盃は近日の中三越呉服店に陳列して一般の観覧に供する筈であると云ふ。”

Cimg1049

 “昨秋から英国大使館員が中心となって現在行はれてゐる高師を初め各学校のリーグマッチの優勝者に[やが]て授与される訳になる。”というのは英国大使銀杯争奪リーグ戦(仮称)のことである。

 “併し本年は大使館員や支那人などが交ってゐるから本年から大使館員などはリーグ戦に参加せず純然たる日本学校チームのリーグ戦とした上優勝者に与へる筈であるといふ。従って本年度迄英国大使館員が中心とも見られてゐたリーグは新しく設立せらる徳川家達公及び英国大使を名誉総裁とする日本蹴球協会の管下に属する事となり将来は東京のみでなく日本全国に大会を開いて最優勝者に名誉総裁から此優勝盃を与へる事になるであらう。”というのは、せっかく英国FAが寄贈してくれた銀杯が英国大使館チームや中国人留学生チームのような外国人チームに渡っては、日英親善の目的が無意味になるので、日本人チームのみによるサッカー戦を新たに創設し、今後創設されるはずの「日本蹴球協会」の管理下に置き、東京地域だけでなく全国的なサッカー戦とすることが記されている。

1) 日本人のみによる銀杯争奪リーグ戦の創設
2) 「日本蹴球協会」の創立
3) 大会の全国化

が想定されている。取材日は記事前日の1919年3月11日であろうが、FA銀杯を体協会長嘉納治五郎が受領するのは3月28日であり、取材の時点では銀杯は英国大使館内にあった。従って記者が取材したのは英国大使館員であり、上記はすべて英国大使館側の意向である。

 英国大使館員が日本人による全国的なサッカー戦や協会創立を新聞記者に語るのは不可解に思えるかもしれないが、そもそもFAによる銀杯の寄贈も英国大使館の手まわしによるものだった。

 『The Times』1919年1月3日付には以下の記事がある。

“   FOOTBALL CUP FOR JAPAN

The Football Association are sending to-day to
Japan a handsome silver cup as a perpetual trophy,
to be played for by clubs in that country on lines as
closely following the conditions of the national com-
petitions in this country as circumstances will permit.

 The request that the cup should be given by the
Football Association came through the British
Foreign Office, and it was complied with immediately.”

Cimg1050

FAに対するカップ贈与の要請は英国外務省を通してもたらされた(The request that the cup should be given by the Football Association came through the British Foreign Office)”ことが明記されている。

 FAが英国外務省の要請に応えて、日本のサッカー戦用のカップを寄贈し、日英親善に貢献した事にに対し、FA会長のキンナード卿がバルフォア外相による感謝の意を表した礼状を受け取ったことも『The Times』1919年1月23日付記事が報じている。

“   SPORT AND INTERNATIONAL
        FRIENDSHIP
        ---------
      THE FA'S GIFT TO JAPAN

 Some weeks ago it was announced that the Football
Association had presented a challenge cup to Japan
and the president of the F.A., Lord Kinnaird, has
receved the following letter from the Foreign Office--

 I am directed by Mr. Secretary Balfour to state
that he has been informed that the Football Associa-
tion has been so good as to provide a challenge cup
for competition among Japanese football teams,
and that the cup has now been forwarded to H.M.
Ambassador at Tokyo for presentation.

 I am to request you to express Mr. Balfour's thanks
to the Football Association for their generous action,
as he is sure that the encouragement of the sport by
such a means will contribute to the cordiality of
unofficial Anglo-Japanese relations.”

Cimg1051

また、FAの歴史を記した『The history of the Football Association』(London : for the Football Association by The Naldrett Press, [1953])にも,

“1919 - Communications from the Foreign Office were considered by the F.A. Emergency Committee. The Committee authorized the purchase of a Silver Cup and invited its acceptance through His Britannic Majesty's Embassy in Japan, as a perpetual Challenge Cup for Competition in that country.”(p.488)

とあり、外務省から要請されて銀杯を寄贈したことが述べられている。

14.1 FAによる銀杯の寄贈の背景

 ではなぜ英国大使館が本国外務省を動かしてまでFAに対するカップ寄贈要請を行ったのであろうか。英国大使館員のヘーグ氏が大使館チームを作り、英国大使銀杯争奪リーグ戦を行うほどのサッカー好きだったから、というのでは「公務」としてカップ寄贈要請が行われ、本国外相がFA会長に感謝状を送る理由とはなりがたいであろう。また、私的な要請であれば、本国外務省が『The Times』紙にわざわざ情報をリークすることもなかろう。

 当時の日英関係を考察すると、目立つ事件としては1921~1922年の両国皇位継承者(皇太子)による相互訪問があげられる。 1921年3月3日~同年9月3日に日本皇太子(後の昭和天皇)が訪欧(訪英)し、1922年4月12日~同年5月9日に英国皇太子(後のエドワード8世)が訪日している。従って、日英大使館、外務省はその前から日英親善ムードを盛り上げる必要があった。

 エドワード皇太子はスポーツ好きで知られ、訪日中に陸上400mにプリンス・オブ・ウェールズ・カップを寄贈し、日本皇太子と東京ゴルフ倶楽部(現・駒沢オリンピック公園)でラウンド、大相撲を観戦し、関西訪問中には大谷光明と西本願寺で、随員と奈良高等女子師範学校(現・奈良女子大学)でテニスをしている。オリンピック選手団にも役員格で参加しており、1924年のパリ・オリンピックにおける英国陸上代表チームを描いた映画『炎のランナー』で、宗教上の安息日を守るためレース出場を辞退するというエリック・リデルに「国のために走れ」と説得する皇太子がエドワードである。

 日本皇太子の訪英は一大外交案件であるので、英国大使館にはかなり前から内々に打診があったはずである。日本皇太子が訪英すれば、次は英国皇太子の訪日となるが、大英帝国の熱帯地域植民地にも寄港・訪問していく行程上、来日は春シーズンとなることは予測できたであろう(実際、エドワード皇太子は2月にセイロンを訪問している)。訪日シーズンは英国ではサッカー・シーズンの大詰めであり(1922年のFAカップ決勝は4月29日土曜日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ハダーズフィールドがプレストン・ノース・エンドを1-0で破っている)、英国大使館・英国外務省は「日本のFAカップ」が皇太子訪日中に日英皇太子の台覧試合として行なわれることが本国で大々的に報道されることを期待していたのではないだろうか。

 英国では第一次世界大戦前にイングランドのフットボール・リーグが年間900万人近い観衆を集め、サッカーは国民的大衆スポーツとして成熟していた。1914年のFAカップ決勝には初めて英国王ジョージ5世が臨席し、優勝チームの主将にFAカップを手渡している。これ以降FAカップには「ロイヤルカップ」としての価値が付加されることになる。皇太子訪日の1年後1923年4月28日には“サッカーの聖地”ウェンブリー(エンパイア)スタジアムが開場する。英国本国で大衆的人気のあるサッカーに英国王室が「接近」していたタイミングでエドワード皇太子は訪日しているのである。本国大衆にアピールする王室イベントとしての「日本のFAカップ」用カップ寄贈であれば、英国外務省本省までが動いたとしても不思議ではない。

1914facupfinal

1914年4月25日のFAカップ決勝で、優勝チームのバーンリーFCの主将トミー・ボイル(Tommy Boyle)にFAカップを渡すジョージ5世(来日したエドワード皇太子の父)

 大日本蹴球協会は設立がもたついて、銀杯寄贈の2年半後の1921年9月10日に創立されるが、創立のタイム・リミットがあるとすれば、英国皇太子来日の前年までということになろう。FAによる銀杯寄贈は日英の新聞で報道されており、英国皇太子来日後に協会設立ということになれば、英国大使館、英国外務省、FAに対して面目を失うことになったはずである。


| | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み⑬ 中等学校大会の全国選手権化 全国中等学校蹴球大会 

13. 中等学校大会の全国選手権化 全国中等学校蹴球大会

 前回で日本フートボール大会をとりあげたので、時代が下ってしまうが、その先へ進むことにする。

 第9回大会から、全国中等学校優勝野球大会と同様に、全国を対象に地区予選を行い、地区大会優勝校が本大会で全国優勝を争う全国選手権となり、大会名も全国中等学校蹴球大会と改称される。第9回~第22回全国中等学校蹴球大会(1926.1~1940.8)の本大会の出場校数、出場校、ベスト8、ベスト4、優勝、準優勝校は以下のとおりである(出拠:全国高等学校体育連盟サッカー部編『高校サッカー60年史』(全国高等学校体育連盟サッカー部 1983))。

第9回(1926.1) 8校
【関東】暁星中 【北陸】神通中 【東海】愛知一師 【京滋奈】京都師 【阪和】桃山中 【兵庫】御影師 【中国】広島一中 【朝鮮】培材高普
ベスト8 同上
ベスト4 御影師 暁星中 広島一中 京都師
優勝 御影師 準優勝 広島一中

第10回(1928.1) 8校
【関東】東京高師附中 【北陸】富山師 【東海】岐阜中 【京滋奈】京都師 【阪和】都島工 【兵庫】御影師 【中国】広島一中 【朝鮮】平壌崇実
ベスト8 同上
ベスト4 都島工 広島一中 東京高師附中 平壌崇実
優勝 平壌崇実 準優勝 広島一中

第11回(1929.1) 8校
【関東】青山師 【北陸】富山師 【東海】愛知一師 【京滋奈】滋賀師 【阪和】明星商 【兵庫】御影師 【中国】広島一中 【朝鮮】平壌高普
ベスト8 同上
ベスト4 明星商 平壌高普 青山師 御影師
優勝 御影師 準優勝 平壌高普

第12回(1930.1) 9校
【北海道】函館商 【関東】東京高師附中 【北陸】富山師 【東海】愛知一師 【京滋奈】京都師 【阪和】市岡中 【兵庫】神戸一中 【中国】広島師 【九州】熊本二師
 ベスト8 函館商 東京高師附中 富山師 愛知一師 京都師 市岡中 神戸一中 広島師
ベスト4 東京高師附中 広島師 市岡中 神戸一中
優勝 神戸一中 準優勝 広島師

第13回(1931.1) 9校
【北海道】函館商 【関東】青山師 【北陸】富山師 【東海】愛知一師 【京滋奈】京都師 【阪和】堺中 【兵庫】御影師 【中国】広島一中 【九州】熊本二師
ベスト8 函館師 堺中 京都師 広島一中 熊本二師 青山師 愛知一師 御影師
ベスト4 堺中 広島一中 青山師 御影師
優勝 御影師 準優勝 広島一中

第14回(1932.1) 12校
【北海道】函館中 【東北】宮城師 【北関東】埼玉師 【東京】青山師 【南関東】関東学院中 【北陸】富山師 【東海】愛知一師 【京滋奈】京都師 【阪和】堺中 【兵庫】御影師 【中国】広島一中 【九州】長崎師
ベスト8 青山師 愛知一師 函館中 広島一中 堺中 京都師 長崎師 御影師
ベスト4 愛知一師 広島一中 京都師 御影師
優勝 御影師 準優勝 愛知一師

第15回(1933.1) 12校
【北海道】函館師 【東北】宮城師 【北関東】埼玉師 【東京】青山師 【北陸】富山師 【東海】愛知一師 【京滋奈】京都師 【阪和】天王寺師 【兵庫】神戸一中 【中国】修道中 【四国】松山中 【九州】熊本一師
ベスト8 宮城師 京都師 修道中 青山師 熊本一師 愛知一師 天王寺師 神戸一中
ベスト4 京都師 青山師 愛知一師 神戸一中
優勝 神戸一中 準優勝 青山師

第16回(1934.1) 12校
【北海道】函館師 【東北】宮城師 【北関東】埼玉師 【東京】青山師 【北陸】富山師 【東海】岐阜師 【京滋奈】京都師 【阪和】明星商 【兵庫】御影師 【中国】広島一中 【四国】徳島商 【九州】長崎師
ベスト8 青山師 京都師 長崎師 明星商 埼玉師 御影師 広島一中 岐阜師
ベスト4 京都師 明星商 御影師 岐阜師
優勝 岐阜師 準優勝 明星商

第17回(1935.8) 12校
【北海道】函館師 【東北】宮城師 【関東】韮崎中 【東京】東京高師附中 【北陸】富山師 【東海】刈谷中 【京滋奈】滋賀師 【阪和】天王寺師 【兵庫】神戸一中 【中国】広島一中 【四国】香川師 【九州】長崎師
ベスト8 宮城師 富山師 東京高師附中 天王寺師 韮崎中 刈谷中 広島一中 神戸一中
ベスト4 富山師 天王寺師 刈谷中 神戸一中
優勝 神戸一中 天王寺師

第18回(1936.8) 14校
【北海道】函館師 【東北】仙台二中 【関東】埼玉師 【東千】東京八中 【山神静】韮崎中 【北陸】富山師 【東海】岐阜師 【京滋奈】京都師 【阪和】堺中 【兵庫】関学中 【中国】広島一中 【四国】高松中 【北九州】海星中 【南九州】熊本師
ベスト8 岐阜師 埼玉師 京都師 韮崎中 高松中 海星中 函館師 広島一中
ベスト4 埼玉師 韮崎中 海星中 広島一中
優勝 広島一中 準優勝 韮崎中

第19回(1937.8) 13校
【北海道】函館師 【東北】盛岡中 【関東】埼玉師 【東千】豊島師 【山神静】湘南中 【北陸】富山師 【東海】愛知一中 【京滋奈】京都師 【阪和】明星商 【兵庫】神戸一中 【中国】広島一中 【四国】高松商 【九州】嘉穂中
ベスト8 函館師 神戸一中 広島一中 豊島師 嘉穂中 明星商 富山師 埼玉師
ベスト4 神戸一中 豊島師 明星商 埼玉師
優勝 埼玉師 準優勝 神戸一中

第20回(1938.8) 16校
【北海道】函館師 【東北】東北学院中 【関東】埼玉師 【東京】豊島師 【山神静】韮崎中 【北陸】富山師 【東海】愛知商 【近畿】滋賀師 【阪和】明星商 【兵庫】神戸一中 【中国】広島一中 【四国】高知商 【北九州】海星中 【南九州】熊本師 【台湾】台北一中 【朝鮮】崇仁商
ベスト8 神戸一中 海星中 崇仁商 埼玉師 明星商 広島一中 滋賀師 愛知商
ベスト4 神戸一中 崇仁商 広島一中 滋賀師
優勝 神戸一中 準優勝 滋賀師

第21回(1939.8) 16校
【北海道】札幌師 【東北】東北学院中 【関東】埼玉師 【東京】青山師 【山神静】湘南中 【北陸】富山師 【東海】愛知商 【近畿】聖峰中 【阪和】明星商 【兵庫】神戸一中 【中国】広島一中 【四国】高松中 【北九州】瓊浦中 【南九州】熊本商 【台湾】台北一中 【朝鮮】培材中
ベスト8 埼玉師 聖峰中 湘南中 青山師 神戸一中 札幌師 台北一中 広島一中
ベスト4 聖峰中 湘南中 札幌師 広島一中
優勝 広島一中 準優勝 聖峰中

第22回(1940.8) 16校
【北海道】函館師 【東北】仙台二中 【関東】浦和中 【東京】青山師 【山神静】湘南中 【北陸】富山師 【東海】刈谷中 【近畿】滋賀師 【阪和】明星商 【兵庫】神戸三中 【中国】修道中 【四国】愛媛師 【北九州】長崎師 【南九州】鹿児島商 【台湾】長栄中 【朝鮮】普成中
ベスト8 明星商 修道中 函館師 普成中 青山師 神戸三中 滋賀師 仙台二中
ベスト4 明星商 普成中 神戸三中 滋賀師
優勝 普成中 準優勝 神戸三中

全国大会のべ出場校の校種別内訳(サッカー)

中学校 66校(40.0%)
師範学校 82校(49.7%)
実業学校 17校(10.3%)
計 165校
(中学校+師範学校 148校(89.7%))

全国大会優勝校レベルでの校種別内訳(サッカー)

中学校 8校(57.1%)
師範学校 6校(42.9%)
実業学校 0校(0%)
計14校
(中学校+師範学校(100%))

 日本フートボール大会時代に引き続き、師範学校が数多く出場し、上位に進出している。戦前の中等教育レベルにおけるサッカーは圧倒的に中学校、師範学校のスポーツであり、実業学校の影は薄かった事がおわかりいただけるであろう。ちなみに、同時期の第11回~第25回全国中等学校優勝野球大会(1925.8~1939.8)のべ出場校と優勝校の校種別内訳は以下のとおりである(出拠:朝日新聞社編『全国高等学校野球選手権大会史』(朝日新聞社 1958))。

全国大会のべ出場校の校種別内訳(野球)

中学校 160校(48.6%)
師範学校 8校(2.4%)
実業学校 161校(48.9%)
計329校
(中学校+師範学校 168校(51.1%))

全国大会優勝校レベルでの校種別内訳(野球)

中学校 4校(26.7%)
師範学校 0校(0%)
実業学校 11校(73.3%)
計 15校
(中学校+師範学校 4校(26.7%))

 野球ではこの時期3連覇した中京商をはじめとして、広島商、松山商、高松商などの商業学校が全国的強豪だった。実業学校の優勝校11校はすべて商業学校である。サッカーが中学校・師範学校のスポーツであったのに対し、野球は商業学校のスポーツであったといえるであろう。また、サッカーの優勝中学校は神戸一中(4回)や広島一中(2回)のような公立進学校であったのに対し、野球の優勝中学校には呉港中や平安中のような私立の「野球学校」が含まれている。

 なお、「日本サッカー通史の試み⑦ 師範学校の雄、御影師範」で触れたように、第12回大会(1930.1)から出場資格21歳以下、第17回大会(1935.8)から同19歳以下という年齢制限が実施されている。21歳以下に制限したということは、22歳以上の選手が中等教育レベルの大会に出場したことを意味する。御影師範はこの制限の直撃を受け、両大会の兵庫県予選で神戸一中に敗れた。兵庫県代表となった神戸一中は両大会で全国優勝している。第17回大会で優勝した神戸一中の主将は、後に年齢別登録制度(例えばU18のような)の実現に尽力された大谷四郎氏であったことは記憶されてよかろう。

 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み⑫ 日本フートボール大会

12. 日本フートボール大会

 1918年1月阪急豊中運動場で大阪毎日新聞主催第1回日本フートボール大会が開催された。アソシエーション式とラグビー式の2種のフットボールが行われ、それぞれ現在の全国高等学校サッカー選手権大会、全国高等学校ラグビーフットボール大会に続く、現存する最古のサッカー、ラグビー大会となる。

 大阪毎日新聞が主催したのは、3年前の1915年に大阪朝日新聞が全国中等学校優勝野球大会(現・全国高等学校野球選手権大会)を開催し、翌1916年にも第3回極東選手権関西予選会を主催するなど、ライバル大阪朝日新聞がスポーツ・イベントで大攻勢をかけてきたことに対抗するねらいがあったと考えられる。

 「日本」という名を冠しているが、サッカーの参加校はすべて近畿地区。1府県から複数校が出場できるオープン参加制であったが、参加校数は8校であった。第8回までは、同時期に始まった東京蹴球団主催関東蹴球大会同様、オープン参加の実質近畿大会であった(関東蹴球大会については「日本サッカー通史の試み⑩ 東京蹴球団の創立と活動」参照)。

 第1回から第8回までの決勝の成績と参加校数およびその校種(中学校、師範学校、実業学校)別数を示す。

1918年第1回 御影師範1-0明星商 8校(中3、師4、実1)
1919年第2回 御影師範5-0明星商 10校(中5、師4、実1)
1920年第3回 御影師範4-1和歌山中 13校(中7、師5、実1)
1921年第4回 御影師範3-0姫路師範 14校(中8、師5、実1)
1922年第5回 御影師範3-0神戸一中 18校(中10、師6、実2)
1923年第6回 御影師範4-0姫路師範 18校(中10、師6、実2)
1924年第7回 御影師範5-1京都師範 18校(中8、師6、実4)
1925年第8回 神戸一中3-0御影師範 22校(中11、師7、実4)

(全国高等学校体育連盟サッカー部編『高校サッカー60年史』(全国高等学校体育連盟サッカー部 1983)より作成。参加校数には棄権も含む)

 第8回までののべ参加校数は121校、校種別内訳は、

中学校 62校(51.2%)
師範学校 43校(35.5%)
実業学校 16校(13.2%)

である。優勝・準優勝校のべ16校の校種別内訳は、

中学校 3校(18.8%)
師範学校 11校(68.8%)
実業学校2校(12.5%)

である。

 師範学校は、御影師範が第1回から7回連続優勝し、師範学校全体で4回準優勝している。「日本サッカー通史の試み⑤ 大正期の学制とサッカー」で説明したように、師範学校は中学校、実業学校と比較して、

1) 最上級生で2歳年長である。
2) 全寮制で通学時間がない。
3) 就職活動の必要がないので、最上級生は卒業の日までサッカーに専心できる。

という優位点があった。関東蹴球大会の結果にも、師範学校が圧倒的に優位である同様の傾向が見られる。

 8回とも兵庫県勢が優勝しているが、この時代はオープン参加の近畿大会だったので、全国高等学校サッカー選手権大会の出場・優勝回数にこの時代の出場・優勝回数を含めるのは問題があろう。

   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み⑪ 日本最初のサッカーリーグ、英国大使銀杯争奪リーグ戦(仮称)

11. 日本最初のサッカーリーグ、英国大使銀杯争奪リーグ戦(仮称)

 第3回極東選手権の翌年1918年には当時の東京の強豪チームを網羅したリーグ戦が英国大使館員ウィリアム・ヘーグ氏の主催によって開始される。このリーグ戦は大日本蹴球協会創立につながるサッカー史上重要なリーグ戦なのであるが、不思議なことに、従来のサッカー史文献ではとりあげられていない。東京蹴球団員だった原島好文氏の回想「ソッカー十年の思ひ出」『運動界』誌10巻4号(1929年4月)p.36-45 に以下の文章がある。

“その頃英国大使館員だったヘーグさんが司会者となって英大使トロフィー争奪のリーグ戦を始めた。加盟ティームは、東京フットボールクラブ、東京蹴球団、高等師範、青山師範、豊島師範、中華留日学生団、朝鮮青年団の七つで、規約は今のカレッヂリーグのそれと異なるところがない。

 其処で東京フットボールクラブと東京蹴球団と英訳して同じになるので困るとかいふので一方には日本と冠し他方には英吉利と冠するやうに何時の間にかなって了ったのだ、私どもも大日本蹴球団と自らも呼ぶやうになった。誰かが何時だったか、大日本蹴球団は芦原将軍が名附け親かと云ったが、その由来は如斯である。

 そのシーズンはイギリスを冠する方の優勝となった。”

このリーグ戦について新聞記事もある。

『読売新聞』1918(大正7)年10月9日付け

“銀杯争奪蹴球  東京蹴球界に於ては今秋より英国大使寄贈の銀杯優勝戦を催すことになり、東京フットボールクラブ(英人)、支那人、東京蹴球団、豊島師範、青山師範、高等師範の六チーム参加し、既に九月二十一日より試合を開始し、青山対高師は一対一、豊島対高師はニ対零にて高師勝ち、東蹴対豊島はニ対零にて豊島の勝ちとなれるが此の優勝戦は明年二月迄続行されるべしと。”

『東京朝日新聞』1918(大正7)10月10日付け

“▲英大使銀盃蹴球戦

近時学生及び一般競技として蹴球流行熱漸く旺となりし[際?]今回英国大使グリトン[ママ]氏は銀盃を寄贈し優勝戦を挙行する事となり既に去月廿一日より開始し居り。参加チームは東京英人団、支那人団、東京蹴球団、高等師範、豊島師範、青山師範にして従来東京横浜等の外人間には銀盃試合ありしも日英支の国際蹴球競技として斯かる催しあるは是を以て嚆矢とすべし。尚今日迄の試合は青山一、高師一、高師二、豊師零、豊島二、蹴球団零にて今後場所及日時の確定せる番組左の如し。
東京蹴球団対英人(十月十二日豊島)▲高師対英人(十九日高師)▲豊島対英人(廿六日豊島)▲支那人対英人(十一月九日高師)▲高師対蹴球団(十日高師) ▲豊島対支那人(十六日豊島)▲青山対蹴球団(十七日青山)▲支那人対蹴球団(廿四日高師)▲蹴球団対英人(三十日青山)等にして本試合は明春二日[ママ] [?][?]挙行さるべしと。”

 上記史料を総合すると、このリーグ戦は、

1) 1918(大正7)年9月21日に始まり、翌年2月までのスケジュールであった(秋春制)。
2) 東京フットボールクラブ(英国大使館)、東京蹴球団、東京高等師範、青山師範、豊島師範、中華留日学生団、朝鮮青年団で構成された。
3) 優勝チームにはグリーン英国大使が寄贈した英国大使銀杯が授与された。
4) 初年度の優勝チームは東京フットボールクラブ(英国大使館)。

 正式な名称は見当たらないので、本稿ではこのリーグ戦を「英国大使銀杯争奪リーグ戦(仮称)」としておきたい。この時点で東大、早慶などの大学にサッカーが普及しておらず、東京高師、師範学校(青山師範、豊島師範)、日本人クラブチーム(東京蹴球団)、日本人以外のクラブチーム(東京フットボールクラブ(英国大使館)、中華留日学生団、朝鮮青年団)という多彩で国際的な顔ぶれであった。

 以下は推測であるが、ヘーグ氏は第3回極東選手権の惨敗を受けて、日本のサッカー水準の向上には定常的なリーグ戦による底上げが必要であると考え、当時の日本人チームだけでは低水準で数も少なかったので、外国人チームも加えたのではないだろうか。ちょうど、1964年オリンピック東京大会後デトマール・クラマー氏が、日本におけるトップレベルのチームによるリーグ戦の必要性を提言したように(翌1965年日本サッカーリーグとして実現する)。これより半世紀後まで、日本には社会人が参加できるトップリーグはなかったのである。学校・クラブの枠を超えた在京トップチームによるサッカーリーグ戦は、極めて先進的な試みであったといえよう。

 英国大使銀杯を英国大使館チームがもらっていてはシャレにならないが、英国大使銀杯争奪リーグ戦(仮称)は英国FAによる銀杯の寄贈、大日本蹴球協会の創立につながっていくのである。

 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み⑩ 東京蹴球団の創立と活動

10. 東京蹴球団の創立と活動

 第3回極東選手権の直後からサッカー界は急に活性化する。第3回極東選手権と同年の1917年、クラブチーム東京蹴球団が創立される。東京蹴球団は現存する最古のクラブチームというだけでなく、大正期におけるサッカーの普及に貢献し、大日本蹴球協会の基礎を築いた、日本サッカー史において重要な役割を果たしたクラブである。同団の活動については、団員原島好文(蹴球行進曲の作詞者でもある)が『運動界』誌10巻4号(1929年4月) p.36-45 に「ソッカー十年の思ひ出」で回想している。

10.1 東京蹴球団の創立

 兵役で知り合った青山、豊島両師範OBが、東京高師の内野台嶺が“此の競技を学生以外の者のやらないのは遺憾だから、東京在住の者で一団体作り度いと云っている”ことを知り、東京高師、青山師範、豊島師範OBでクラブを作った。初代団長は東京高師教授永井道明である。チーム名については、“クラブとしてでなく団の字を用ふるとなったのが栗山長次郎君の案で大勢は関東蹴球団と決りさうになった時、内野さんが東京の名を冠し度いと云ひ出したのでそれならと東京蹴球団が出来た”。蹴球団という名称は広島の鯉城蹴球団など他チームにも模倣されることになる。

10.2 サッカー選手としての活動

 当時関東でトップレベルであった東京高師、青山師範、豊島師範のOBチームであったので、草創期には日本有数のレベルのチームであった。1921年第5回極東選手権上海大会の日本代表に東京蹴球団から7名が選出されている(他は東京高師6名、東大の野津謙)。同年秋に大日本蹴球協会が創立され、第1回全国優勝競技会(現在の天皇杯に続く)が開催されるが、東京蹴球団は決勝で御影師範を1-0で下し、優勝している。

10.3 各種大会の開催

 OBチームなのでグラウンドがなく、“グラウンドを持たぬクラブ・ティームの停滞にお構ひなく学校ティームは伸びて行く”ので段々学校チームに劣勢になってきた。そこで学校チームにはできないことをやろうと、各種のサッカー大会を開催しはじめる。

 1918年東京蹴球団主催東京朝日新聞後援第1回関東蹴球大会を開催した。関東の中等学校を対象としたオープン参加の大会で、1~2月頃開催された。野球統制令の影響で主催団体が規制対象となった1933年第15回まで続きいた。決勝の結果は以下のとおりである。後援した東京朝日新聞はこの大会を最終回まで詳報している。

第1回 1918年2月 豊島師範A2-0豊島師範B
第2回 1919年2月 青山師範2-0佐倉中
第3回 1920年2月 豊島師範2-0佐倉中
第4回 1921年2月 豊島師範6-1埼玉師範
第5回 1922年2月 青山師範2-1豊島師範
第6回 1923年2月 青山師範2-0青山師範
第7回 1924年2月 豊島師範2-1青山師範
第8回 1925年2月 青山師範1-0豊島師範
第9回 1926年1-2月 青山師範2-0成城中
第10回 1928年2月 青山師範2-0東京府立五中
第11回 1929年1-2月 青山師範2-0茨城師範
第12回 1930年1-2月 東京府立五中4-1埼玉師範
第13回 1931年1-2月 埼玉師範6-1青山学院中
第14回 1932年1月 青山師範2-1東京府立五中
第15回 1933年1月 青山師範4-0茨城師範

 1922年には東京蹴球団主催東京朝日新聞後援関東少年蹴球大会を開催する。これは小学生のサッカー大会で、「関東」といっても実際に参加したのは東京府と埼玉県の小学校のみである。1940年第19回まで続いた。優勝校をみると埼玉県勢が圧倒的に多い。第1回大会は日比谷公園で行われ、有島武郎が長男、有島行光(後の名優森雅之)が出場した成城小学校を応援しに来場したことが東京朝日新聞に写真入りで報道されている。

1
中央が森雅之、左が有島武郎、右が永井道明東京蹴球団長

2
メンバー表まで掲載 成城のLFに有島の名が 『東京朝日新聞』1922年10月16日付

 1923年には大学専門学校大会を始めるが、この頃には高等教育にサッカーが普及して翌1924年には東京コレッヂリーグ(現・関東大学サッカーリーグ)が始まっており、長くは続かなかったようである。

10.4 普及活動

 強豪チームであり、新聞の紙面にもよく登場したので、各地からサッカー指導を依頼されたようである。遠く北海道まででかけたようで、原島によれば、“北大から招かれたのを幸と渡道して旬日を札幌に送った。随分大袈裟な練習会であって、北海道殆どのティームの全員が参加した。(中略)翌年も招かれたがその時は山田君外三名が行って、主として理論方面の指導に力を尽したと云へば体裁はよいが、実は鈴の鳴る馬車に乗って中等学校大会を見たり、各ティームの練習振りを見たりして過ごした。”とのことである。

 「山田君」とは山田午郎で、日本最初の少年サッカー指導書『ア式フットボール』(杉田日進堂 1925)の著者である。原島も山田も青山師範卒の小学校教員であり、小学生にサッカーを教えたり、小学生サッカー大会を開催するのはお手の物であった。大正期にサッカーを底辺まで普及させたことは東京蹴球団最大の功績のひとつであろう。

10.5 大日本蹴球協会創立に貢献 

 1919年FAから銀杯が寄贈されてきたことをきっかけに1921年大日本蹴球協会が設立される。協会設立の実務に奔走したのも内野を中心とする東京蹴球団関係者だった。すでに各種大会の開催や普及活動など、東京蹴球団はプレJFAといってもよい活動をしてきたので、大日本蹴球協会の役員は東京蹴球団関係者が多数をしめることになった。初代理事7名中、永井道明(団長)、内野台嶺(団員)、熊坂圭三(団員)、吉川準治郎(団員)の4名が東京蹴球団関係者であった。理事以下の役員にも、原島、山田を始めとして多数の東京蹴球団員が名を連ねている。

10.6 サッカー・ジャーナリズムとの関係

 原島はサッカー・ジャーナリズムの始まりについても言及している。

“蹴球戦記を書き始めたのは東京朝日新聞の運動部であったらう。 第一回の関東蹴球大会までは、蹴球戦記が記事となって新聞紙に掲げられたことはなかったのを、兎に角数行或は十数行をそのために当て呉れた。『一進一退』、『敵前出の虚を衝いて奇襲を試み』などの文句がその頃は屡用ひられたやうだ。私などもその筆法を真似てやたらに戦記や妄評を書きなぐった。私が始めて稿料を戴いたのも此の『両軍技量伯仲にして一進一退』を並べた拙文であった。”

おそらく新聞社にはサッカー記事を書ける記者がいなかったので、大会の後援を通じてつながりのあった東京蹴球団員に記事執筆を依頼したのであろう。原島は教員を続けたが、山田午郎は記事執筆のアルバイトが本業になり、1926年朝日新聞社嘱託、1928年には正社員になる。さらにベルリン・オリンピックの年1936年に運動部次長、1939年運動部長となる。日本のサッカー・ジャーナリズムのパイオニアで、サッカー・ジャーナリストとして初めて日本サッカー殿堂に掲額された。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み⑨ 1917年第3回極東選手権東京大会におけるサッカー

9. 1917年第3回極東選手権東京大会におけるサッカー

 前年1916年に大阪朝日新聞社主催の関西予選会には6チームが参加、御影師範が優勝したが、近畿外への遠征は認めない学則のため東上できなかった。東京高師と豊島師範が出場決定戦を行なう予定であったが、これも実現せず、東京高師が日本代表として出場することになった。当時、大学までサッカーが普及しておらず、唯一の高等教育機関である東京高師が選ばれたようである。

 成績は対フィリピン2-15、対中華民国0-5の惨敗であった。試合経過の詳細については、安達太郎(山田午郎の筆名)「極東の覇を目指して」『蹴球』第5号 1933年8月 p.7-14 や後藤健生著『日本サッカー史 : 日本代表の90年 : 1917-2006』(双葉社 2007)を参照されたい。

 1917年時点では定常的なリーグ戦、トーナメント戦はなく、普段から実力を磨く機会がなかったので、この成績は当然といえる。出場選手中8名が師範学校出身者であるが、師範学校出身者は小学校勤務を経て師範学校長の推薦で東京高師に進学するので、一般に高齢であった。

Cimg1045

 選手は「サッカー専任」ではなく、陸上競技が「本職」である選手もいた。主将竹内広三郎(写真後列右から4番目)は、織田幹雄が三段跳びで金メダル、人見絹枝が女子800mで銀メダルを獲得した1928年オリンピック・アムステルダム大会の陸上競技監督である。1924年オリンピック・パリ大会にも大阪毎日新聞から派遣され、サッカー決勝戦ウルグアイ対スイス戦観戦記「ウルガイ蹴球チーム」を『オリムピックみやげ 第八回巴里大会記念 第2輯』(大阪毎日新聞社 1924)に寄稿している。日本人最初の南米サッカー観戦記であろう。佐々木等(写真前列右から5番目)も陸上選手であり、広島一中生徒時代の織田幹雄を「発見」し、練習で日本記録を軽く跳ぶ中学生がいることを『運動界』誌で紹介している。サッカーとの関係は続き、おそらく戦前最も読まれたであろうサッカー図書『フットボール』(目黒書店 1922)の著者となる。体育学専攻の大学教授となり、多数の体育関係書を著し、『わが生立ちの記』(健寿学会 1976)という自伝も残している。フィリピン戦で2得点し、日本代表初のゴールゲッターとなった藤井春吉(写真前列右から2番目)は高師卒業後静岡師範に赴任してサッカーを伝え、静岡県サッカーの祖となる。武井群嗣(写真後列右から3番目)は高師卒業後京大法学部を経て内務省に入り、東条英機内閣時代に4年間厚生事務次官を務め、戦時中における労働力動員の重責を担った。1921年大日本蹴球協会結成時には初代理事の一人となる。サッカー日本代表から官僚のトップ事務次官になった異色の人物である。『厚生省小史 : 私の在勤録から』(厚生問題研究会 1952)という回想録を残している。

 惨敗はしたが、上記のように、出場選手から様々な形で日本サッカー界に貢献した人物が出ており、師範学校ではなく、東京高師を極東選手権初代表に選んだことは正解であったといえよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み⑧ 極東選手権と日本

8. 極東選手権と日本

 極東選手権は1912年マニラで開催されたカーニバルの国内競技会から発展したもので、1913年マニラで第1回大会が、1915年上海で第2回大会が開催された。中心人物は米国YMCAからフィリピンに体育指導者として派遣されたエルウッド・ブラウンであり、米国のフィリピン統治の成功を誇示するねらいがあったと考えられる。日本にも参加要請があったが、体協はいたって冷淡であり、その理由を大日本体育協会編『大日本体育協会史』(大日本体育協会 1936-37)は以下のように述べている。

“斯く本会が三回頃まで冷淡であったのは、大会の諸規約が在比支の米人が作製したものであること、然かもその米人が基督教関係でその宣伝に利用するといふやうな漠然たる輿論につられ、当時極東における唯一のI・O・Cメンバーを有してゐた日本としては極東大会よりは国際オリムピックと云ふ優越感も含まれてゐた。且つ本会の財政は創立間も浅く甚だ心細いもので、隔年毎に国際競技へ日本の面目を維持する大チームを出場させる見透しがつかなかったことなどに起因する。”(上巻 p.739-740)

 大日本体育協会は1909年嘉納治五郎がIOC委員に選出されたのをきっかけに、1911年、翌1912年オリンピック・ストックホルム大会参加を目的として設立された。会長は嘉納治五郎である。極東選手権の指導者はYMCA系の白人であり、会場もフィリピンでは米国統治下のマニラ、中国では上海租界であって、白人が有色人種を指導する性格のものであった。IOCにおいて欧米先進国と対等な立場に立つことを誇りとする体協(嘉納治五郎)は、極東選手権のこうした胡散臭さを警戒していたようである。しかし、第1、2回大会に日本はまったく関係しなかったわけではなく、大阪毎日新聞社がスポンサーとなって少数の選手を派遣している。

 ブラウンから第3回は日本で開催してほしいという依頼があり、フィリピン、中国で開催できたものを大国日本が開催できないというのは国辱であるとの意見もあり、1917年第3回極東選手権は東京で開催されることになった。1912年オリンピック・ストックホルム大会に参加はしていたが、陸上競技に2選手を派遣したのみで、その後第一次世界大戦のためオリンピックは中断していたので、日本にとって国際総合競技大会への実質初参加であり、かつ初開催となった。種目は陸上競技、自転車、水上競技、テニス、野球、サッカー、バスケットボール、バレーボールであった。なお、前年の1916年には大阪朝日新聞社は鳴尾運動場において「関西予選会」を主催しており、極東選手権に対する並々ならぬ関心を表している。

 各競技の成績はポイント制で表され、総合点を競う形で実施された。参加3国・地域中日本は陸上競技、自転車、水上競技、テニス、野球で1位、サッカー、バスケットボール、バレーボールは最下位であった。特に水上競技では圧勝しており、1930年代のロサンゼルス、ベルリン両オリンピックで世界制覇する「水泳ニッポン」の下地はすでにこの時点であったようである。球技でも明治期に普及していた野球、テニスは優勝したが、サッカー、バスケットボール、バレーボールは惨敗であった。日本が総合優勝し、開催国の面目をほどこした。

 体協は開催にあたって寄付金を募ったが、入場料収入により大幅な黒字となり、剰余金は寄付額に応じて寄付者に返還するほどで、大会運営は大成功であった。新聞はこの大会を大々的に報道し、大正時代のスポーツ・ブームの幕開けとなった。剰余金を次回大会への準備金としなかったことは、次回大会への参加可能性を否定するものであったが、多数の選手が国際競技会の興奮を経験したことは日本スポーツ史の転機となった。

 欧米で開催されるオリンピックには少数の種目・選手しか参加できないが、極東選手権には多くの種目・選手が参加できる。体協は極東選手権というパンドラの箱を開けてしまったのである。

 こうして1917年第3回極東選手権に初参加したが、問題は次の第4回1919年極東選手権マニラ大会に体協として参加するかどうかだった。体協としては、開催月の5月は学生主体の日本にはふさわしくないので、8月にしてほしいと要求し、拒否されたことを表向きの理由に1919年3月17日理事会で不参加を決定する。裏の理由は嘉納の反対と1920年開催のオリンピック・アントワープ大会参加優先を前提とする財政問題だった。創立の経緯からオリンピック優先を前提とする嘉納に対して、第3回極東選手権東京大会で自らの実力を知り、次回極東選手権を目標として練習していた現役選手は猛反発する。『読売新聞』の見出しを拾ってみると、

1919年4月21日  大日本体育協会 改善の声 極東大会不参加は専制的なり
1919年5月2日   運動団実行委員、嘉納校長を訪問して意見を述ぶ
1919年5月17日  十一校選手連名して体育協会と絶つ 極東大会脱退からの紛憂

などがあり、4月21日付け記事には「大日本体育協会に対する要求」として以下が掲載されている。

“体育協会は一般運動界の与論を尊重すべく一二少数者の独断を以て濫りに事を決せざる事、右の目的を貫徹せしむる為広く社会各方面より[?]に運動に理解ある識者並に常に運動家と接触を保てる士を選任して委員中に加入せしめ委員会の決議によりて事を行ふこと(慶、明、日歯、早、帝、駒場、一高、農大、高師聯合運動部委員)”

「一二少数者の独断」が嘉納をさすのはいうまでもない。嘉納が校長をしている高師学生も連名に加わっている。結局、大阪朝日、大阪毎日の両紙の支援をうけて結成された大阪の日本青年運動倶楽部(発起人総代:武田千代三郎大阪高商校長)が体協に代って第4回マニラ大会に参加する(サッカーは参加せず)。同倶楽部は大会後も解散せず、次の第5回1921年極東選手権に日本を代表する体育団体として、極東選手権を主催する極東体育協会側から認知されるに至る。体協は、極東大会不参加問題をめぐって、日本を代表する体育団体の地位を大阪の日本青年運動倶楽部に奪われかねない「存亡の危機」となった。

 東京高師の大学昇格問題で高師校長を辞任した嘉納体協会長はオリンピック・アントワープ大会参加を機に1920年6月8日~1921年2月10日にかけて「外遊」する。会長不在となった体協は副会長岸清一が中心になって日本青年運動倶楽部と交渉し、1923年日本開催の第6回極東選手権を大阪で開催することで、体協と日本青年運動倶楽部は嘉納の帰国直前の1921年1月30日合意(1921年は両団体合同参加。1923年以降は体協が日本を代表)する。交渉のプロ岸清一(本職は弁護士)は、日本青年運動倶楽部のバック大毎、大朝両紙がのどから手が出るほど欲しがっている極東選手権の大阪開催を決め手に見事に問題を解決し、体協の危機を救ったのである。カヤの外に置かれて完全に立場のなくなった嘉納は帰国後間もない1921年3月8日に体協会長を辞任し、岸が第2代会長に就任する。

 日本は1921年第5回上海大会以降、最終の1934年第10回マニラ大会まですべてに参加することになる。当時体協は陸上競技と水上競技の日本選手権を直轄していたが、陸連、水連の設立後はオリンピックと極東選手権の両国際競技会のみを管轄することになる。1924年に始まる明治神宮競技大会(現在の国体に相当)は神社行政を主管する内務省主催であった。

 発展途上の日本サッカーは極東選手権での勝利、優勝が当面の目標となる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み①を改訂しました

日本サッカー通史の試み① 日本のサッカーはいつ始まったのかを改訂しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

会津に行ってきました

風評被害に悩む福島県、といっても原発からは最も遠く、津波とは関係ない会津にいってきました。

寝過ごして浅草から乗るはずのスペーシアに北千住から乗車

Cimg1008

新緑の季節です。売店は営業してましたが、ワゴンサービスはなし。

Cimg1011

Cimg1009

鬼怒川温泉からの会津マウントエキスプレスは1両編成(会津田島から1両増結)

Cimg1010

特急料金もなく1両編成なのにワゴンサービスがあるのがすごい!

Cimg1012

昼過ぎに喜多方到着。このときは晴れていた、ラーメン屋の多い町の中心部へ歩いていたら突然雨が

Cimg1013

駅に比較的近い大安食堂で醤油チャーシューメン(750円)

Cimg1014

会津若松へバック

Cimg1015

会津では「官軍」ではなく「西軍」なんですな

Cimg1016

Cimg1017

十字路は鍵型にずらして、なにげに城下町してます

Cimg1018

野口英世が2階に住み込んでいた医院の建物

Cimg1019

その横の蔵見世 宿に入って風呂に入ったら、雨でぬれたせいか寒気がしてきて、夜飲みに出られず(トホホ)

Cimg1020

一晩寝たら体調回復。会津鉄道のディーゼルカーで出発

Cimg1023

関東平野では田植えは終わっていましたが、会津ではこれからのようです

Cimg1024


Cimg1030

会津田島で途中下車

Cimg1029

駅前にあった宮森という蕎麦屋でヒルメシにします

Cimg1026

Cimg1028

ビールとそのアテ(650円) おそらく自家製の漬物と揚蕎麦、季節の山菜のコゴミ。いずれも結構でした

Cimg1027

天せいろ(1300円)。てんぷらの量が半端じゃないが、カラッときれいに揚がってました。特に野菜天がうまかったです。てんぷらを片付けるのに時間がかかってしまい、蕎麦が乾燥気味になってもったいなかったです。そばつゆは辛め。蕎麦好きの人はタネものは避けるか、先に酒とアテを注文し、後でせいろを頼んだ方がいいかも

Cimg1033

Cimg1025

野岩鉄道に乗車、立ち寄り湯をして

Cimg1035

鬼怒川温泉から往きと同じくスペーシアで浅草へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み⑦ 師範学校の雄、御影師範

7. 師範学校の雄、御影師範

 東京高師がYCACに初勝利した1908(明治41)年から東京高師蹴球部OBによる師範学校、中学校へのサッカー普及が活発化する。師範学校で最も早くサッカーを始めたのが青山師範で1906(明治39)年、青山師範が東京高師と日本最初の対校戦を行ったのが1907(明治40)年である。

 御影師範は1918(大正7)年に始まった日本フートボール大会(実質的には近畿大会)に第1回から第7回まで7連覇、全国選手権大会化した全国中等学校蹴球大会でも4回優勝している師範学校サッカーの雄である。兵庫県御影師範学校同窓義会編『兵庫県御影師範学校創立六十周年記念誌』(兵庫県御影師範学校同窓義会 1936)の「蹴球部」の項(p.677-683)の記述に従って戦前の師範学校サッカーの一端を紹介する。

 御影師範にサッカーを伝えたのは1909(明治42)年東京高師を卒業し同校に赴任した玉井幸助で、同年から野球部員の一部がサッカーを始めた。1912(明治45)年野球部から独立して蹴球部となり、神戸高商と初めて対校戦を行う。同年、神戸二中、姫路師範、明星商と対校戦を行っている。

 1915(大正4)年第1回関西聯合蹴球大会に参加するも京都師範に敗退。1916(大正5)年第3回関西聯合蹴球大会が御影師範を会場に行われ、奈良師範、明星商、姫路師範を破って優勝している。同年、翌年の第3回極東選手権の関西予選会が大阪朝日新聞主催で行われ、サッカーは6チームが参加。御影師範は姫路師範、関学高等部、奈良師範を破り、優勝したが、学内規定により関東遠征はならず、東京高師が日本代表となる。

 1918(大正7)年の日本フートボール大会は第1回から参加して7連覇、関西聯合蹴球大会とともに優勝の常連校となる。1921年には第1回全国優勝競技会(現在の天皇杯に続く)に関西代表として東上し、決勝で東京蹴球団に敗れるが準優勝となる。

 1925(大正14)年第8回日本フートボール大会決勝で、前年ビルマ人チョー・ディンのコーチを受けてショート・パス戦術を習得した神戸一中に0-3で敗退、初めて優勝を逃す。この頃から神戸一中と宿命のライバル関係になる。

 1926(大正15)年日本フートボール大会が全国選手権化した全国中等学校蹴球大会では、兵庫県予選決勝で神戸一中を破り兵庫代表として出場、決勝で広島一中を下して全国制覇した。さらに、1929(昭和4)年、1931(昭和6)年、1932(昭和7)年の同大会で全国制覇するが、それ以降優勝はない。

 1937(昭和12)年御影師範自体が姫路師範と合併して兵庫師範となり、蹴球部は解散する。それ以前の1935(昭和10)年の全国中等学校蹴球大会で第2次年齢制限により19歳以下とされ(1929年度の第1次年齢制限では21歳)、また師範学校の定員減により蹴球部員も減り、部活動は低調化していたようである。『兵庫県御影師範学校創立六十周年記念誌』の「蹴球部」の項の末尾は以下のように結ばれている。

“昭和十年度 吉村部長時代

 第十七回大毎の全国大会が始めて夏開かれる事になった。而るに又もや第二次年齢制限が加へられ、五年生二名の選手が出場不可能となり、遂に予選に敗れてしまった。しかし第二学期に行はれた県体協主催の大会に優勝戦で宿敵一中に会ひ、実に百十分に亘る延長戦を行ったが三対三のドロンゲームに終り、甲子園にて再試合を行ひ四対一で遂に優勝したのである。此の試合こそ御影師範の名をもって出場する最後の大会であった。二三年来御影のラストを飾れと叫ばれつつある中に、大きな汚点を印したりとはいへ、募集人員の漸減、運動部数の膨張、部員皆選手といふ状態で人選の往時の如く意の如くならない怒があり、時勢の然らしむる所である。”(p.683)

 ライバル神戸一中を強化したのは御影師範の附属小学校OBだったのは皮肉である。神戸一中の蹴球部は御影師範附小OBが創部し、同小卒のサッカー経験者が多数入部することによって強化されていった。田辺五兵衛は神戸一中の部史『ボールを蹴って50年』(神中サッカークラブ 1966)に寄稿した「神戸一中のサッカー 私の見たその足跡」において、御影師範附小と神戸一中の関係を次のように述べている。

“ある時計算したら日本代表選手の六割余が一中出身者(その八割位が御影師範附属小学校出身)であった。小学校の一年坊主のときから、御影師範の先生に教えられた附属の卒業生が、神戸一中へ入って磨きをかけられた。この理想的な環境に加えるに、サッカーの技術革命が入った。サッカー史上における重要な存在はかくして生まれたのである。”

「御影師範附小→神戸一中」というサッカー日本代表育成システムは、御影師範と神戸一中の合作システムだったのである。このシステムは御影師範サッカーの終焉とともに崩壊する。戦後の高校選手権において兵庫県代表が優勝から遠ざかったのは師範学校サッカーが断続してしまったことが大きい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み⑥ 大正期におけるサッカーの普及パターン

6. 大正期におけるサッカーの普及パターン

6.1 中等教育への普及

 ルーツ校東京高等師範学校で始まったサッカーは、同校が中等教員養成機関であったことから、まず師範学校に普及する。師範学校には師範学校附属小学校があり、師範学校からその附属小学校にも普及する。師範学校附属小学校は地域の有力中学進学校であることが多く、師範学校附属小学校OBが中学校に進学して中学校で蹴球部を作る例が見られる。このパターンの例は神戸一中(現・神戸高校)で、図式化すると以下のようになる。

東京高師→御影師範(東京高師OB玉井幸助1909年着任)→御影師範附属小学校→神戸一中(1913年創部)

 上記はボトムアップ型であるが、大正期に「校技」としてサッカーを採用した中学校では、校長のトップダウンによる例が多い。当時野球人気が過熱しており、野球に熱中して勉学がおろそかになったり、度の過ぎた応援合戦が教育に与える悪影響を考慮し、野球に代わるスポーツとしてサッカーを採用した。広島一中(現・国泰寺高校)はそうした中学校のひとつであり、『広島一中国泰寺高百年史』(母校創立百周年記念事業会 1977)はサッカー導入の経緯を以下のように記している。

“本校では野球に生徒が夢中になり、上級学校の進学率が低下し、学校当局を悩ませていた。弘瀬校長は蹴球を校技として奨励したいという願望をもち、一一年日本サッカーの誕生の地東京高師で蹴球部のマネージャー(役員)として活躍していた新進の教師松本寛次(数物科卒業)を懇望した。松本寛次は卒業を前にして校長との間に、本校に就職することを約束し、卒業後の四月に赴任した。この松本寛次の赴任によって蹴球部の道は開かれていくのである。”(p.232)

 広島一中は明治期創立の伝統校であるが、大正期の新設中学校では初代校長がサッカーを「校技」に定め、野球部を作らせないようにした例がある。刈谷中(現・刈谷高校 1919年創立)、志太中(現・藤枝東高校 1924年創立)、湘南中(現・湘南高校 1921年創立)、東京府立五中(現・小石川高校 1919年創立)などがその例である。

 野球に代わる競技としてサッカーが選択されたのは、当時の中学校が英国のパブリック・スクールを教育モデルとしており、そのパブリック・スクールの校技がサッカーであったからであろう。東京府立五中OB池島信平は、制服を背広とネクタイに定め、紳士教育を志向した初代校長伊藤長七を以下のように回想している。

“校長の口ぐせは「かの英国のイートン校においては・・・・」
 このイートン校が時どき、ハーロウ校になったり、ラグビー校になるが、要するに英国の名門校の校風にならって、服装からまず「紳士」としての自覚と誇りを持てというわけである。
 「諸君は若年といえどもジェントルマンである。故にわが府立五中は紳士の学園である・・・・・」”(池島信平「伊藤長七(折り折りの人<7>)」『朝日新聞』1967年10月24日付夕刊)

 中等教育レベルでは東京高師OBが就職することの多かった師範学校とパブリック・スクールと親和性があった一部エリート中学校に普及したが、実業学校(商業学校や工業学校など)にはそれほど普及しなかった。ひとつには東京高師OBが師範学校や中学校教員にはなったが、実業学校教員になる例が少なかったこともあろう。戦前の全国中等学校蹴球大会における師範学校・中学校の圧倒的優勢は、全国中等学校優勝野球大会における実業学校の優勢と好対照をなしている。第9回~第22回全国中等学校蹴球大会(1926.1~1940.8)優勝校とそれに対応する第11回~第25回全国中等学校優勝野球大会(1925.8~1939.8)優勝校の校種別分布は以下のとおりである。

サッカー 師範学校・中学校 14 実業学校 0
野球 師範学校・中学校 4 実業学校 11

6.2 大学への普及

 サッカーの大学への普及は、東京高師から早慶などの大学に直接普及したわけでなく、中学校のサッカー経験者が進学先の大学でサッカーを始めるパターンで普及した。大正期の強豪中学は関東の東京高師附中、関西の神戸一中、中国の広島一中であったが、この3校はいずれも地域を代表する進学校でもあり、そのOBが各地の大学、高校、高専にサッカーを普及させた例が多かった。例えば、1924(大正13)年創部の早稲田大学ア式蹴球部創部の中心人物、鈴木重義は東京高師附中OB(1921年卒)、1921(大正10)年の第1回全日本選手権大会に慶應義塾アッソシエーションフットボール倶楽部主将として参加、慶應で初めてサッカーを始めた範多龍平は神戸一中OB(1918年卒)である。1918(大正7)年創部の関西学院体育会サッカー部創部の中心人物、平田一三は広島一中OBである。図式化すると以下のようなる。

東京高師→東京高師附中→早大
東京高師→御影師範→御影師範附小→神戸一中→慶大
東京高師→広島一中→関学

 このように、大学へは東京高師から中学校経由で普及したので、早慶のような古豪校でもサッカーを始めたのは1920年代であり、1903(明治36)年に初めて早慶戦を行った野球よりもかなり遅い。1920年代後半には日本代表が大学生・大学OBで占められるようになり、大日本蹴球協会でも大学OBが主導権を握るようになるが、当時壮年期だった野球界のリーダー飛田穂洲(1886年生)や腰本寿(1884年生)よりサッカー界のリーダーたちはかなり若かった。早稲田大学ア式蹴球部の創設者である鈴木重義(1902年生)は、28歳で1930年の第9回極東選手権東京大会の代表監督を務め、29歳で1931年大日本蹴球協会に事務方トップである主事に就任し、34歳で1936年オリンピック・ベルリン大会の日本代表監督を務めている。1934年の第10回極東選手権マニラ大会で代表監督を務めた竹腰重丸は鈴木よりさらに4歳若い(1906年生)。戦前のサッカー界のリーダーたちは若く未経験ではあったが、うるさい先輩にわずらわされることもなく、未開拓の地を切り開いていくことができたのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み⑤ 大正期の学制とサッカー

5. 大正期の学制とサッカー

 前項で述べたように、大正期には小学校から大学まで、すべてのレベルの学校にサッカーが普及するのであるが、戦前の学制は現在とかなり異なるので、簡単に説明しておきたい。文部科学省が『学制百年史 資料編』の学校系統図をアップしているので、「第7図 昭和19年」をご覧いただきたい。サッカーに関係する学校のみ説明する。

初等教育は尋常小学校(6年制)で義務制。中等教育からは非義務制で、中学校(5年制)、実業学校(2年制の高等小学校を経て3年制 商業学校、工業学校など)、師範学校(2年制の高等小学校を経て5年制)があった。高等教育は、帝国大学進学者は3年制の高等学校を経て帝国大学(3年制)に進学する。私学や高等学校がない地域では高等学校に相当する大学予科(3年制)が用意されており、予科を経て大学(3年制)に進学する。高等師範学校は東京と広島に2校あり、4年制、中学校から進学する者と師範学校卒業生が小学校勤務を経て内地留学のような形で進学する場合があった。

 2年制の高等小学校を経て5年制である師範学校の最上級生は中学校・実業学校の最上級生より2歳上になる。10代後半で2歳差は大きく、戦前の中等学校サッカー大会で師範学校が優勢なのはこの理由による。また、中学生は上級学校受験があったのに対し、卒業後は小学校教員となる就職義務があったので、就職活動の必要もなく卒業時までサッカーに専心できた。さらに、中学校は通学時間を要したのに対し、師範学校は全寮制で蹴球部に入れば年中合宿状態でもあった。東京高等師範学校主催全国中等学校蹴球大会のように、中学校の部と師範学校の部を分けて開催した大会もあったくらいである。

 東大や京大のような帝国大学は高等学校を経て入学するシステムだったので、高等教育期間におけるサッカー生活は高校と大学で3年ずつ2分された。それに対して私学では部活動においては大学予科と大学は一体であり、事実上の6年制であった。1924年に始まった関東・関西の大学リーグの初期においては、全国の高等学校から優秀なサッカー選手をピックアップできた東大や京大が優勢であった。しかし、大学と高校の実力差がつき、高校蹴球部が下部リーグに降格していく(地方の高校はリーグ戦に参加することすらできなかった)と、優秀な中学卒業生を大学予科から1部リーグ(トップリーグ)に出場させて6年間一貫して鍛えることができた早慶、関学のような私学が優勢になっていく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み④ 大正期におけるスポーツおよびサッカーの定着とその背景

4. 大正期におけるスポーツおよびサッカーの定着とその背景

 明治末から大正期にかけてが、日本におけるスポーツおよびサッカーの定着期であるといえ、以下の事象がみられる。

1) 現在に続くスポーツ団体が設立される。
2) 現在に続くスポーツ大会・リーグ戦が始まる。
3) オリンピック、極東選手権のような国際スポーツ大会に参加する。
4) ナショナル・スタジアムというべきスポーツ施設が建設される。
5) 商業スポーツ専門誌が創刊される。

以上をざっと年表化すると以下のとおりである。

1911(明治44)年 大日本体育協会(体協)設立 『野球界』創刊
1912(明治45)年 オリンピック・ストックホルム大会に日本初参加
1913(大正2)年 日本陸上競技選手権大会開始
1915(大正4)年 大阪朝日新聞主催全国中等学校優勝野球大会(現・全国高等学校野球選手権大会)開始
1917(大正6)年 第3回極東選手権東京大会開催 東京蹴球団設立
1918(大正7)年 大阪毎日新聞主催日本フートボール大会(現・全国高等学校サッカー選手権大会および全国高等学校ラグビーフットボール大会)開始
1920(大正9)年 オリンピック・アントワープ大会に参加 『運動界』創刊
1921(大正10)年 大日本蹴球協会設立 第5回極東選手権上海大会に参加 全国優勝競技会(現・天皇杯)開始
1922(大正11)年 東京蹴球団主催東京朝日新聞後援関東少年蹴球大会(小学生のサッカー大会)開始
1923(大正12)年 第6回極東選手権大阪大会開催 東京帝大主催全国高等学校蹴球大会開始 『アサヒスポーツ』創刊
1924(大正13)年 サッカーの東京コレッヂリーグ(現・関東大学サッカーリーグ)開始 オリンピック・パリ大会に参加 大阪毎日新聞主催選抜中等学校野球大会(現・選抜高等学校野球大会)開始 明治神宮外苑競技場開場 阪神甲子園球場開場 明治神宮競技大会開始
1925(大正14)年 明治神宮野球場開場 東京六大学野球連盟のリーグ戦開始 第7回極東選手権マニラ大会に参加

 サッカー関連ではこの時期に小学校から大学まで各種大会・リーグ戦が揃い、国際大会(極東選手権)に参加し、日本代表チームが結成される。日本協会(JFA)が設立され、日本選手権も始まる。

 こうしたスポーツ興隆の背景には明治期と異なる大正期の社会的変化があった。

4.1 中・高等教育の拡大

 大正時代には中・高等教育進学希望者が増大し、進学競争の激化、進学浪人の増大が社会問題化した。1917(大正6)年に臨時教育会議が設置され、その答申に基づいて中・高等学校が大幅に増設されることになった。また、1918(大正7)年に帝国大学令に代わって大学令が公布され、従来の官立帝国大学以外に私立大学、単科大学の設置が公認された。 1917(大正6)年から1926(大正15)年にかけての中学校、高等学校、大学の学校数、生徒・学生数の増加を以下に示す(出拠:『学制百年史 資料編』(帝国地方行政学会 1972))。

1917年中学校学校数 329 1926年中学校学校数 518 増加率 +57.4%
1917年中学校生徒数 153,891 1926年中学校生徒数 316,759 増加率 +105.8%
1917年高等学校数 8 1926年高等学校数 31 増加率 +287.5%
1917年高等学校学生数 6,584 1926年 高等学校学生数 18,107 増加率 +175.0%
1917年大学数 4 1926年大学数 37 増加率 +825.0%
1917年大学学生数 9,044 1926年大学学生数 52,816 増加率 +484.0%

第一次世界大戦後10年間で中・高等教育人口は急激に拡大し、1920年代のスポーツ人口拡大の直接の要因となった。

4.2 鉄道網の整備

 この時期に日本の全国鉄道網が完成し、中等野球や中等サッカーの全国大会の開催が可能になる。また、都市交通網(路面電車)もこの時期完成し、東京では山手線内なら路面電車でくまなく移動できるようになる。数万人を収容するスタジアムが開場するが、短時間でそれだけの人数を運べる都市交通網が整備されていたことを意味する。

 中・高等教育の拡大と鉄道の整備は、当時の原敬政友会内閣の四大政綱のうちの2点であり、スポーツ発展の基盤はいわば「国策」で整備されたのである。

4.3 新聞社の成長

 この時期は新聞社が急成長した時期でもあり、今日の野球やサッカーの高校選手権大会は新聞社主催のスポーツ・イベントとして始まっている。現在のサッカーの高校選手権に続く日本フートボール大会を主催した大阪毎日新聞を例にとると、以下のとおりである。

1) 発行部数 1912(大正1)年の発行部数 283,497 1926(大正15)年の発行部数 1,230,869 増加率 +334.2% (出拠:『毎日新聞販売史. 戦前・大阪編』(川上富蔵編著 毎日新聞大阪開発 1979)の「発行部数一覧表」(p.604)) 大正末には発行部数100万部を越えている。

2) 資本金 資本金50万円の合資会社だった大阪毎日新聞社は、1918(大正7)年12月21日に株式会社に改組し、資本金を120万円に増資、1922(大正11)年5月10日250万円に増資、1924(大正13)年10月10日500万円に増資している。わずか6年間で資本金は10倍になっている。(出拠:『近代日本新聞小史 : その誕生から企業化まで 改訂版 』岡満男著 ミネルヴァ書房 1973 (p.203))

 大阪毎日新聞社は大正期に定期的スポーツ・イベントとして、サッカー、ラグビー、駅伝、野球、硬式庭球、オリムピック、競漕、陸上競技、水泳、バレーボール、バスケット・ボール、相撲、の大会を主催・後援している(出拠:『大阪毎日新聞社史』(小野秀雄著 大阪毎日新聞社 1925)「第二編 第五章 発行部数百万部を突破す」(p.149-150))。これらの中には、高校ラグビー、選抜高校野球、高校駅伝、浜寺水練学校などのように、今日まで毎日新聞社主催で引き継がれてきたものもある。

 大阪毎日新聞社には1925(大正14)年時点で「運動課」が存在し、スポーツを報道するだけでなく、これらスポーツ・イベントを取り仕切っていた。なお、大阪朝日新聞社に「運動部」が誕生するのは、第6回極東選手権大阪大会が開催された1923(大正12)年であり、同年にスポーツ総合誌『アサヒスポーツ』を創刊している。

 現在でも甲子園の春夏の高校野球、花園 の高校ラグビー、京都の高校駅伝のように、毎年関西で開催される全国大会が多いのは、大阪毎日新聞社とそのライバルである大阪朝日新聞社が当時の日本の新聞社中頭抜けて規模が大きかった名残である。

Further readings:
1) 「大正期における大阪毎日新聞の成長とスポーツ・イベント

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み③ 明治期におけるサッカー普及の限界

3. 明治期におけるサッカー普及の限界

 東京高等師範学校々友会蹴球部編『フットボール』(大日本図書, 1908)には、1908(明治41)年当時のサッカー普及状況が以下のように記されている。

“一昨年頃から東京府師範学校でも亦フットボールを始め、昨年の十一月に高等師範学校とマッチをした。惟ふにこれは我が国に於ける日本人同士のフットボール・マッチの始めてであらう。続いて高等師範と慈恵医院医学専門学校とのマッチがあった。東京に於てこのやうに一時に勃興しつつあるのみならず、各地方に於ても亦頻りにフットボールの声が高くなって、愛知県、山形県、福島県、茨城県、埼玉県等の各師範学校では、已に盛にやって居る。その他中学等でもやってゐる所もあるし、又始めようとしてゐる所も沢山あるやうである。”(p.14)

地方では、主として東日本の師範学校から普及していったようである。しかし、サッカーに限らず、明治期におけるスポーツ普及には以下の社会的要因による限界が存在した。

3.1 学校数と学生・生徒数

 この時期におけるスポーツの担い手は中・高等教育機関の学生・生徒であるが、明治期においては中・高等教育が後の時代ほど普及しておらず、学校数、学生・生徒数の絶対数が少なかった。文部省編『学制百年史 資料編』(帝国地方行政学会 1972)によれば、1907(明治40)年の学校数、学生・生徒数は以下のとおりである。

中学校 学校数 278 生徒数 111,436
師範学校 学校数 69 生徒数 19,359(注:女子師範学校を含む)
高等学校 学校数 7 生徒数 4,888
専門学校 学校数 64 生徒数 31,852
高等師範学校 学校数 3 生徒数 1,340(注:女子高等師範学校を含む)
大学 学校数 3 学生・生徒数 7,370 

この時期の大学は帝国大学令による大学で、東京、京都、東北の3帝大のみである。慶應や早稲田のような私学は専門学校に含まれる。高等学校も一高~七高のいわゆるナンバー・スクールのみで、全国でも高等教育学生・生徒数は5万人未満である。

 一部地方の師範学校・中学校にもサッカーが普及したが、学校数が少ないうえ、活発に活動する蹴球部が少なかったので、対校戦を行うことは困難であった。仙台一中は明治期にサッカーを始めた数少ない中学校のひとつであるが、仙台一中・一高百年史編纂委員会編『仙台一中、一高百年史』(宮城県仙台第一高等学校創立百周年記念事業実行委員会 1993)の「第Ⅱ部 仙台一中・一高百年史 第一編 明治時代 第四章 茶畑初期 明治四十(一九〇七)年~大正二(一九一三)年 第四節 学友会の活動」の「蹴球部」の項に以下の記述があり、対戦校がなっかたので、校内大会としてサッカーが行われていたことが記されている。

“蹴球部 やはり校内大会が盛んに行われた。明治四十年伊藤運治先生が着任され、部長として指導されてからそれまでの遊戯的な蹴球から本格的な活動に入った。しかし、当時においては今日の如く選手ばかりの運動部ではなく、運動部本来の精神に立脚して生徒全般の運動を目的としていた。勿論適当な相手を校外に求めることが出来なかった為もあった。この間の消息を明治四十一年発行の学友会雑誌は次のように伝えている。すなわち、「現に仙台市内の各学校で蹴球部の設備されているのはニ中と師範と吾が校の三校であるが、ニ中のも師範のも有志だけのもので微々たるものだ。勿論吾が部としても毎日正式の練習をしているわけではなく、ただ生徒全般の運動を目的としてやって来たものであるから、競技という点においては不完全であるが、毎日全校六百の健児をして遺憾なくこの勇壮なる運動の趣を解せしめ、奮闘力を養いつつある故に盛大という点においては目下仙台市の蹴球界では吾が部が独り覇を唱えているわけである。しかも吾が校の運動部の範囲は未だ何れの部においても全校生徒の希望を悉く充たさしむることを得ない時に、独り吾が部は全校の諸君を満足せめて居る。」 こういう趣旨のもとに校内大会は毎年春秋二回、盛大に行われて全校の血を湧かせた。校長を始め全職員、全生徒がこれに参加して技を競った。”(p.94-95)

近隣では仙台二中と宮城師範に蹴球部があったが、活動は不活発で対校戦ができるレベルではなかったようである。

3.2 鉄道網の未発達

 仙台のような都会では他に中学校や師範学校、高等学校、大学があり、仮にサッカーが普及していれば、東京高師対青山師範、慈恵医院のような対校戦を行なうことができる。しかし、都会でない地域の学校が対校戦を行うのは鉄道網が未発達な時代では大変なことだった。山形県鶴岡の荘内中は1912(明治45)年5月11日に上記仙台一中と仙台において対校戦を行う。これが両校にとって初の対校戦なのであるが、『山形県立鶴岡南高等学校百年史』(山形県立鶴岡南高等学校鶴翔同窓会, 1994)はその行程を以下のように記している。

“大正元年、蹴球部は漸く技が熟してきたとはいえ、未だかつて他校と試合するの機会がなく脾肉の嘆にたえなかった。折り柄今年の修学旅行は日光仙台方面であることを聞き好機至れりとして、仙台第一中学校に向って対校試合を申込んだ処、許諾の快報を得た。五月七日、放課後から夜通し新庄まで五寸の草鞋で踏破し、そこから汽車で八日の晩は福島泊り、翌日は松島遊覧、仙台に行き諸所見学、いよいよ十一日の午後試合の運びとなった。”(p.155)

当時、鶴岡まで鉄道網が延びておらず、現在の陸羽西線に相当する鉄道は未開通で、鶴岡から新庄まで徹夜で歩かなければならなかったのである。さらに福島で1泊しており、鶴岡から仙台まで、新庄からは鉄道を利用しても3日かかっている。新庄-余目間の陸羽西線が開通するのは1914(大正3)年、余目から鶴岡まで延伸し、鶴岡駅が開業するのは1919(大正8)年、羽越本線が全通するのは1924(大正13)年である。

 都市交通も同様に未発達であった。野球では1903(明治36)年最初の早慶戦が三田の慶應グラウンドで行われるが、早稲田の選手は早稲田から徒歩で三田に向っている。東京に路面電車が初めて開通するのは、最初の早慶戦と同年の1903(明治36)年のことである。

Further readings:
1) 「明治45年(1912年)5月11日の東北(みちのく)ダービー

| | Comments (1) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み② 東京高等師範学校とYokohama Cricket & Athletic Club

2. 東京高等師範学校とYokohama Cricket & Athletic Club

2.1 東京高等師範学校におけるサッカーの始まり

 英国のFAの設立は1863年であり、日本サッカー史の始まりを古い時代に引っ張れば引っ張るほど、「フットボール」ではあっても「サッカー」である可能性は小さくなる。確実に日本人最初の「サッカー」チームといえるのは東京高等師範学校フットボール部であろう。他にもチームがあったかもしれないが、東京高師は、

1) 正式のサッカーを日本に普及させるという自意識をもち、日本最初のサッカー専門書を刊行した。
2) 当時日本人サッカーチームは他になかったので、1904年からYokohama Cricket & Athletic Club(YCAC)と毎年のように試合を行い、サッカーのやり方だけでなく、サッカーの勝ち方を習得し、その成果を日本で2番目のサッカー専門書として刊行した。
3) 中等教員の養成機関であった東京高師のOBは、卒業後赴任先の師範学校、中学校にサッカーを普及させた。
4) 東京高等師範学校フットボール部(後に蹴球部)は断続することなくサッカーを続け、百年以上の歴史を持つ筑波大学蹴球部に続いている。

という点で、日本サッカー史に極めて重大な影響を及ぼした。東京教育大学サッカー部編『東京教育大学サッカー部史』(恒文社, 1974)には『茗渓』誌882号(1967年)に掲載された堀桑吉氏の回想「サッカー(ア式蹴球)草創のころ」が掲載されている。

“私が明治35年4月、高師1年に入学した時、4年の中村覚之助君が、米国の『アッソシエーション・フットボール』を翻訳してア式蹴球部を作り、新入生に入会を勧誘した。私が真先に入会し、次いで同級の桜井賢三・瀬口真喜郎・渡辺英太郎・石川文平・栗野信一・嶺豊雄・江坂広雄、2年の塩津環の諸君が入会し合計9名が部員となった。”(p.18) 

上記引用文にはいくつか事実誤認が認められるが、東京高師のサッカーは1902(明治35)年に始まったようである。その翌年に刊行された日本最初のサッカー専門書、東京高等師範学校フットボ−ル部編『アッソシエーションフットボール』(鍾美堂 1903)の「凡例」には、

“各地の中学校師範学校より「フットボールゲーム」の仕方の説明を需むること甚だ少なからざリしを以て本書は其の望みの一部分を充たさんがために書きたるものなり”

とあり、中学校、師範学校に「正式」のサッカーを教えることが、東京高師フットボール部がサッカーを始めた主要な動機であったことがわかる。東京高等師範学校々友会蹴球部編『フットボール』(大日本図書, 1908)の「第一編 第二節 フットボールの歴史 (三)我が国のフットボール」はおそらく最初の日本サッカー史記述であろうが、当時の状況を以下のように記している。

“さて明治十一二年頃に体操伝習所でやってゐたフットボールは、我が国各地方に弘まったやうであるけれども、その法式は種々様々である。思ふに伝へ伝へて行く内に、誤って伝へ、或は自分勝手に法式をたてたものもあらう。これまで各地で行はれて居るのを見ると、実に千態万状であるが、多くは只徒にボールばかりあって、使ひ途を知らず、一つのボール追うて、数百人が押し合ふやうな乱暴な事をしてゐる。

 数年前東京高等師範学校で、更に正式にフットボールを始め、・・・”(p.13-14)

フットボールは各地に普及したが、正式なものでなく“千態万状”で、“一つのボール追うて、数百人が押し合ふやうな乱暴な事をしてゐる”のが実情であった。そこで東京高師が“正式にフットボールを始め”、その成果を普及させていくのである。

2.2 東京高等師範学校の対YCAC戦

 Yokohama Cricket & Athletic Club(YCAC)は、サッカーの東京高師だけでなく、野球では第一高等学校、ラグビーでは慶應義塾と対戦しており、それぞれの競技史においてエポック・メーキングな役割を果たしている。野球、サッカー、ラグビーにおける最初の日本人チームとの対戦は以下のとおりである。

野球 1896(明治29)年5月23日  一高 横浜 一高 29-4 YCAC
サッカー 1904(明治37)年2月6日 東京高師 横浜 東京高師 1-9 YCAC
ラグビー 1901(明治34)年12月7日 慶應義塾 横浜 慶應義塾 5-41 YCAC

野球は初戦で一高が勝利しているが、これは対YCAC戦以前に野球が国内の複数チームに普及し、一高は対YCAC戦に先だって明治学院、駒場の農学校などと数年にわたって試合を行っており、野球殿堂入りの名投手青井鉞男を擁して日本人チーム相手に不敗の状態でYCACと対戦できたからであった。一方、サッカーとラグビーは各競技において日本人が最初に行った正式の試合が上記2試合であり、いずれもYCAC相手に大敗している。野球の場合、条約改正前の不平等条約時代にYCACに大勝したので、センセーショナルな反響を呼び、野球興隆の要因のひとつとなった。

 サッカーとラグビーの対YCAC戦初勝利はともに1908(明治41)年で結果は以下のとおりであった。

サッカー 1908(明治41)年2月9日 東京高師 東京(高師G) 東京高師 2-1 YCAC
ラグビー 1908(明治41)年11月14日 慶應義塾 東京(慶應綱町G) 慶應義塾 12-0 YCAC

Cimg0173
1908年2月10日付『東京朝日新聞』

サッカーもラグビーも毎年のように対戦しているのであるが、初勝利まで時間を要しているのは、野球と異なって競技が日本人に普及しておらず、外国人チームとしか対戦できなかったからである。それでもサッカーは、初勝利の前年、1907(明治40)年11月に東京高師対青山師範、慈恵医院戦が日本人最初の対校戦として行われているが、ラグビーでは1908年時点でルーツ校慶應義塾以外に日本人チームは存在しなかった。

 各競技史における対YCAC戦勝利の重要性は、初勝利の直後に対YCAC戦勝利のノウハウを記した専門書が刊行されていることに示されている。

野球:中馬庚著『野球』(前川善兵衛 1897)
サッカー:東京高等師範学校々友会蹴球部編『フットボール』(大日本図書 1908)
ラグビー:慶応義塾蹴球部編『ラグビー式フットボール』(博文館 1909)

サッカーの『フットボール』は2番目の専門書だが、『野球』と『ラグビー式フットボール』はそれぞれの競技史における実質的な最初の専門書といってよい存在である。上記3著作すべてにおいて、対YCAC戦勝利に言及されており、各競技史上における対YCAC戦勝利の意義を自覚していたことがわかる。→野球サッカーラグビー

2.3 草創期東京高等師範学校OBによるサッカーの普及

 東京高師の対YCAC戦初勝利以後、蹴球部OBによるサッカー普及が活発化する。年表化すると以下のようになる。

1902(明治35)年 サッカーを開始
1903(明治36)年 『アッソシエーションフットボール』刊行
1904(明治37)年 最初の対YCAC戦 中村覚之助卒業
1905(明治38)年 伊藤長七東京府立五中(現・小石川高)初代校長卒業
1906(明治39)年 堀桑吉卒業(愛知第一師範就職 愛知・岐阜両県の中等サッカー普及に貢献)
1908(明治41)年 対YCAC戦初勝利 『フットボール』刊行 細木志朗卒業(埼玉師範就職 埼玉県サッカーの祖) 新帯国太郎本科卒業(研究科在籍を経て滋賀師範就職)
1909(明治42)年 内野台嶺卒業(豊島師範就職 同校にサッカーを伝える) 玉井幸助卒業(御影師範就職 同校にサッカーを伝える) 落合秀保卒業(滋賀師範就職 滋賀県サッカーの祖) 錦織兵三郎志太中(現・藤枝東高)初代校長卒業
1911(明治44)年 松本寛次卒業(広島一中(現・国泰寺高)就職 同校にサッカーを伝える)

 上記のうち、伊藤と錦織は部員ではなかったが、大正時代にそれぞれ東京府立五中と志太中の初代校長として、野球部を作らせず、サッカーを校技に採用した。伊藤は最初の対YCAC戦時、錦織は対YCAC戦初勝利時に在籍しており、おそらく在籍中にサッカーを中学生にふさわしいスポーツとして理解したものと考えられる。校長となって采配を振るった中学校の校技としたことで、日本サッカー史に大きな影響を残している。

 「サッカー王国」といわれた埼玉、静岡、広島、兵庫の各県におけるサッカー普及のキーパーソンが、この僅かな期間に東京高師から輩出しているのは瞠目すべきであろう。また、新帯、落合が就職した滋賀師範からは、 1917年第3回極東選手権東京大会出場メンバー、すなわち最初の日本代表のうち実に4人が出ている。対フィリピン戦で2ゴール、すなわち日本代表初ゴールを決めた藤井(北村)春吉も滋賀師範OBであり、新帯、落合の指導を受けたはずである。

Further readings:
1) 「野球、サッカー、ラグビーの対YC&AC戦
2) 「草創期の東京高等師範学校のサッカー 対YCAC戦と2冊の専門書
3) 「内野台嶺著『蹴球思ひ出話』全文紹介

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカー通史の試み① 日本のサッカーはいつ始まったのか

1. 日本のサッカーはいつ始まったのか

 鉄道唱歌の作詞者として著名な大和田建樹は「フートボール」と題する作品を残している。

“うらうらと霞みわたれる空は。暮れんとしてまだ暮れず。ものより帰るさに見れば。近きあたりの書生なるべし。五六人ひろやかなる芝生にあつまりて。フートボール蹴あそぶ処あり。高くあがりては黄昏月の如くしづかに落ちきたるを。人々あらそひおしたふしつつ。我さきにと両手にうけ。或は蹴そこなひて横に飛ばすを。かたへの童が馳せゆきて奪ひとるなど。いとにぎわしき見物なりけり。彼らがためにここちよげなる春の風は。時々に来りて熱き顔の汗を吹く。”(『雪月花 散文韻文』(博文館 1897) p.153-154)

5、6人の書生がラグビーのハイパントのようにボールを蹴り上げ、それを手で受けている情景を描写している。詩人にとって、フットボールはボールを蹴って遊ぶ遊戯の総称であって、サッカーでもラグビーでもなかった。明治期の文献に「フートボール」、「フットボール」、「蹴球」とあっても、それが必ずしもサッカーないしラグビーを意味しないことに注意すべきである。

 日本人が初めて「フットボール」をしたのは1874(明治7)年であったという記録がある。沢鑑之丞著『海軍兵学寮』(興亜日本社,1942)の「明治七年」の項には以下の記述がある。

“前にも述べましたが、イギリス教師が来着後、間もなく生徒の体育上の欠点について、種々の進言をしました。さうして、現在実施してゐる馬術、剣道の修業等何れも結構であるが、もっと慰安、娯楽的のもの、例へばビリヤード(玉突き)フットボール(蹴球)クリケット等が適当であると注意いたしました。兵学寮幹部に於ても大いに賛成の上、直にビリヤード二台を用意致しまして、北寮食堂に据付け、生徒に練習をさせたのであります。そこでビリヤード心得と称するパンフレットを作成、ちゃうど英国留学より帰朝致しました、服部(潜蔵)海軍大尉が指南役となりまして、生徒に対し種々懇切に教へられました。イギリス教師からも時々突き方について注意を受けたものです。

 また、「フットボール」(蹴球)もイギリス教師より教を受けて、寮内馬場に於て、甲乙両部にわかれ仕合を致しました。”(p.248-249)

一方、旧工部大学校史料編纂会編『旧工部大学校史料』(虎之門会,1931)の「運動」の項にも以下の記述がある。

“フート・ボールハ明治七年大和屋敷ノ頃ヨリノ唯一ノ運動トシテライメル・ジョンス氏之ヲ指導シ虎ノ門ヘ移転後モ引続キバー氏ヤマーシャル氏ガ更ニ指導者トナリ。明治十五年頃ニ於テモ運動中最モ盛ナルモノナリシ、規程モ至極簡単ニテ二班ニ分レ蹴ルノヲ主トシテ行ハレタリ。”(p.184-185)

 1874(明治7)年に海軍兵学寮と工学寮の日本人生徒が、英国人の指導により、「フットボール」を行ってはいたが、これを日本の「サッカー」の始まりとするのは無理がある。FA Cup Archiveによれば、1874-75年度のFAカップ参加チーム数は30であり、母国イングランドにおいてもサッカーがくまなく普及したといえる状態ではない。世界最古のサッカー公式戦、FAカップが始まったのが1871-72年度であり、1874年はその3年後でしかない。来日した英国人が正式のサッカー(アソシエーション・フットボール)を知っていた可能性は極めて小さいといえるであろう。

 英国人でロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ卒のF. W. ストレンジは1875(明治8)年来日し、1899年死去するまで東京英語学校、東京大学予備門、第一高等中学校の英語教師を務め、同時にボート、陸上競技などを指導した。彼は1883(明治16)年に現在の丸善から『Outdoor games』(Z. P. Maruya,1883)という洋書を刊行している。その中に「Football」(p.21-25)もあり(名称がAssociation footballでないことに注意)、

“This game is the most popular of all winter games in England. The game is played between two goals, which are generally about one hundred yards asunder. There must be two sides of players equal in number, the object of each side is to kick the ball through the goal of the opposite side, and prevent it going through their own.”

と紹介されている。しかし、そのルールは完全なアソシエーション式ではなく、ボールがタッチラインから出た場合、スローインではなく、キックインで再開するとなっている。

“4. When the ball is in touch, the first player who touches it shall kick into the course again from where it went out, and at right angles with the touch line.”

 わが国近代スポーツの祖とされる英国人F. W. ストレンジ氏ですらFAルールを知らなかったのである。

 日本語で最初にFAルールが紹介されたのは坪井玄道、田中盛業編『戸外遊戯法  一名戸外運動法』(金港堂 1885)における「フートボール」である。相田与三郎訳『欧米遊戯術』(前川喜兵衛 1897)では、「フートボール」に「アッソシエーション流競技法」と「ラグビー流競技法」の2種類があることが記されている。

 しかし、日本人が19世紀中に正式のFAルールで試合を行ったという記録はない。日本人が確実にFAルールでサッカー試合をしたといえる最古の記録は1904年、東京高等師範学校対Yokohama Cricket & Athletic Club戦であり、20世紀になってからである。

 よく「野球もサッカーも明治初期に伝来したのに、サッカーは野球ほど普及しなかったのはなぜか?」という設問がされることがあるが、サッカーが始まったのは20世紀初頭であり、設問の設定自体が誤っているのである。日本のスポーツを牽引してきた早慶両校の野球、サッカーの部の成立年は以下のとおりである。

野球:慶應義塾体育会野球部 1888年(当時は三田ベースボール倶楽部) 早稲田大学野球部 1901年
サッカー:慶應義塾体育会ソッカ―部 1927年 早稲田大学ア式蹴球部 1924年

慶應で40年弱、早稲田で20年以上のタイムラグがある。日本のサッカー界の主流を形成してきた東大、早慶、関学のサッカー部の創立は1920年前後であり、野球との時差はその競技の始まりの時期の差を反映したものにすぎない。

 日本が開国し、横浜や神戸などに外国人居留地が設けられ、外国人による「フットボール」が行われたことについては、ロンドン発行の新聞『The Graphic』1874年4月18日付に「A FOOTBALL MATCH AT VOKOHAMA(ママ) JAPAN」と題する記事があり、以下のイラストが掲載されている(本文はない)ことが知られている。

Yokohama

 サッカーというより、ラグビーのモールまたはラックのように見えるが、『The Penny Illustrated Paper and Illustrated Times』紙1875年10月30日付けの「FOOTBALL」と題する記事によれば、1875-76シーズンのFAカップ1回戦、1875年10月23日に行なわれたWanderers対1st Surrey Rifles戦のイラストも上記と同様のイラストである。

Facup

 また、世界最初のサッカー国際公式戦、1872年11月30日グラスゴーで開催されたスコットランド対イングランドのイラストにも以下のような「密集」がみられる。

1872
Wikipedia「1872 Scotland vs England football match」より。

 初期のFAルールでは、ラグビー同様ボールの前方でプレーするのはオフサイドだった。ダンロップがチューブに空気を入れたタイヤを発明するのは1888年であり、チューブによる空気入りボールが使用されるのはその後であるので、ボールの反発力もなかった。従って、サッカーもラグビーのラックのような密集戦があった。イラストのイメージだけでフットボールがサッカーとラグビーにどの程度「分化」していたかを判別するのは困難なようである。

 


| | TrackBack (0)

TOKYO MX

今年のJ2の放映予定を見ると、昨年はFC東京のホーム試合を原則として地上波放映していたTOKYO MXは、4月30日に札幌戦を録画放映しただけで、FC東京がJ2に陥落したとたん、手のひらを返したようにw、放映から手を引いたようです。

京都のKBSは陥落しても昨年同様にサンガのホームゲームを放映しています。群馬テレビやとちぎテレビが昨年同様ホーム試合を放映しているのと対照的です(陥落したわけではないので事情は多少異なるが)。現在J2の首位は栃木SC、地元放送局の後押しに応えているようです。

阪神タイガースとサンテレビに書いたように、「球団」にとって地上波への露出は決定的に重要です。

トーキョー魂を放映するよりも、試合を中継すべきでは?

どん底にいるときこそと思うんですが、こういうドライさが「TOKYO」なんでしょうかね。「性根」が透けて見える感じが・・・ね

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『体育史研究』に論文が載りました

去年の体育学会体育史分科会のシンポジウムで発表した内容が「大正期におけるサッカーの中学校への普及とその日本サッカー史への影響」として『体育史研究』 no.28 2011.3 p.45-54 に掲載されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『蹴球年鑑1932年』収載登録チーム一覧

蹴球年鑑1932年』の「昭和7年度加盟チーム調一覧」(p.97-129)より作成

北海道蹴球協会(12)

・社会人(2)

函館蹴球団
日本製罐

・高等教育(1)

北大

・中等教育(9)

札幌師範
札幌一中
札幌ニ中
北海中
小樽商
函館師範
函館商
函館工
函館中

東北蹴球協会(16)

・社会人(2)

T・G倶楽部
北郊サッカー倶楽部

・高等教育(8)

東北大
仙台高工
東北学院
ニ高
米沢高工
山形高
岩手医専
弘前高

・中等教育(6)

岩手師範
盛岡中
仙台ニ中
東北学院中
宮城師範
仙台一中

関東蹴球協会(124)

・社会人(26)

アストラ倶楽部
青山学院OB蹴球クラブ
東京火災保険
油面蹴球クラブ
MTRクラブ
川村電球
協同火災保険
三五ソッカ―クラブ
航技クラブ
航空研究所
三共蹴球部
駿台蹴友会
WMWクラブ
千代田生命保険
帝大LB
帝大OB
東京蹴球団
農大YOS
桐窓クラブ
豊島サッカークラブ
文理大OB
法友サッカークラブ
三田ソッカ―クラブ
ライトグリーン蹴球団
白旈蹴球団
日立製作所

・高等教育(46)

慶應大
国学院大
駒沢大
拓殖大
中央大
東京工大
東京慈恵会大
東京商大
東京大
東京農大
東京文理大
日本医大
日本大
法政大
明治大
立教大
早稲田大
青山学院
大倉高商
高千穂高商
東京医専
東京外語学校
東京高等工芸学校
東京高等商船学校
東京歯科医専
東京商大附属商業専門部
東京薬専
日本歯科医専
明治学院
明治薬専
一高
東京高校
東京府立高校
成蹊高
成城高
武蔵高
関東学院
横浜高工
横浜高商
横浜商専
横浜専門学校
浦和高
千葉医大
水戸高
桐生高工
山梨高工

・中等教育(52)

青山学院中
青山師範
府立園芸学校
暁星中
慶應普通部
成城高尋常科
府立一商
府立五中
府立ニ中
府立八中
帝都商
東亜商
東京高尋常科
豊島師範
独協中
日大ニ中
東京高師附中
本郷中
明治学院中
目白中
立正中
早稲田実業
浅野総合中
小田原中
神奈川工
神奈川師範
川崎中
関東学院中
湘南中
横浜ニ中
横浜三中
聖ジョセフ
浦和中
粕壁中
川越中
熊谷中
埼玉師範
不動ヶ岡中
千葉師範
佐倉中
茨城師範
水海道中
水戸中
今市中
栃木師範
真岡中
群馬師範
藤岡中
甲府中
韮崎中
山梨師範
甲府商

東海蹴球協会(33)

・社会人(4)

刈中倶楽部
芳野倶楽部
名古屋高工倶楽部
名古屋高商倶楽部

・高等教育(6)

八高
名古屋高工
名古屋高商
静岡高
浜松高工
岐阜高等農林

・中等教育(23)

熱田中
刈谷中
愛知工
小牧中
愛知商
愛知第一師範
津島中
豊橋中
明倫中
東海商
東邦商
豊橋市商
名古屋市商
大垣商
岐阜中
岐阜師範
岐阜一工
恵那中
志太中
静岡師範
静岡中
浜松師範
浜松一中

北陸蹴球協会(9)

・社会人(4)

富師蹴球団
四高倶楽部
神通倶楽部
富中倶楽部

・高等教育(3)

富山高
富山薬専
福井高工

・中等教育(2)

富山商
金沢一中

関西蹴球協会(79)

・社会人(16)

桃陵倶楽部
京阪電鉄
原田商事
田辺五兵衛商店
湯浅蓄電池
大阪市役所
両洋中学倶楽部
明星クラブ
昭和サッカー
神戸サッカー倶楽部
御影蹴球団
関西学院倶楽部
泉尾サッカー
都島工業倶楽部
日本毛織
K・R・A・C

・高等教育(14)

京都府立医大
同志社高商
京都大
大谷大
関西大
大阪工大
大阪外国語学校
大阪商大
大阪高等医専
神戸商大
兵庫県立高商
神戸高工
関西学院
和歌山高商

・中等教育(49)

上宮中
市岡中
豊中中
今宮中
生野中
堺中
住吉中
八尾中
岸和田中
高津中
桃山中
天王寺師範
池田師範
明星商
京阪商
北陽商
泉尾工
都島工
鳳中
和歌山中
海草中
粉河中
海南中
新宮中
奈良師範
滋賀師範
八日市中
八幡商
京都ニ商
福知山中
姫路中
神戸一中
神戸ニ中
神戸三中
洲本中
小野中
三田中
甲陽中
灘中
関西学院中
神港中
兵庫工
神戸一商
第一神港商
第二神港商
第三神港商
御影師範
姫路師範
滝川中

中国蹴球協会(36)

・社会人(4)

鯉城蹴球団
臥虎蹴球団
尾道蹴球団
道尾ドック

・高等教育(8)

広島文理大
広島高
広島高工
岡山医大
六高
山口高
松江高
松山高

・中等教育(24)

岡山師範
津山中
岡山ニ中
広島一中
広島高師附中
広島師範
修道中
広陵中
興文中
忠海中
広島ニ中
呉ニ中
尾道中
広島商船学校
三次中
浜田中
大社中
山口師範
山口中
徳山中
下関商
愛媛師範
松山中
大洲中

九州蹴球協会(26)

・社会人(1)

熊本OB倶楽部

・高等教育(7)

九州大
五高
佐賀高
七高
長崎高商
大分高商
熊本医大

・中等教育(18)

長崎師範
島原中
熊本中
玉名中
済々中
熊本師範
宇土中
大分師範
大分中
中津中
大分商
鹿児島第一師範
鹿児島第二師範
鹿児島一中
鹿児島ニ中
鹿児島商船学校
佐賀師範
筑紫中

北海道蹴球協会(12) 社2 高1 中9
東北蹴球協会(16) 社2 高8 中6
関東蹴球協会(124) 社26 高46 中52
東海蹴球協会(33) 社4 高6 中23
北陸蹴球協会(9) 社4 高3 中2
関西蹴球協会(79) 社16 高14 中49
中国蹴球協会(36) 社4 高8 中24
九州蹴球協会(26) 社1 高7 中18

全国(335) 社59 高93 中183


| | Comments (0) | TrackBack (0)

東西大学争覇戦、東西対抗、朝日招待の記録

東西大学争覇戦 

第1回 1929(昭和4)年12月25日 明治神宮外苑競技場 東大3-2関学 放送なし
第2回 1930(昭和5)年12月28日 南甲子園運動場 東大2-1京大 JOBK サッカー日本初中継
第3回 1931(昭和6)年12月13日 明治神宮外苑競技場 東大2-2関学 JOAK第二放送(河西)
第4回 1932(昭和7)年12月11日 南甲子園運動場 慶應2-1京大 放送なし
第5回 1933(昭和8)年12月10日 明治神宮外苑競技場 早稲田5-2京大 JOAK第二放送(河西)
第6回 1934(昭和9)年12月16日 南甲子園運動場 早稲田6-0京大 JOAK、JOBK第二放送(島浦)
第7回 1935(昭和10)年12月15日 明治神宮外苑競技場 早稲田12-2関学 JOAK第二放送(河西)
第8回 1936(昭和11)年12月13日 南甲子園運動場 早稲田3-2神商大 JOAK第二放送(島浦)
第9回 1937(昭和12)年12月12日 明治神宮外苑競技場 慶應3-0京大 JOAK第二放送(和田)
第10回 1938(昭和13)年12月4日 南甲子園運動場 関学3-2慶應 放送なし
第11回 1939(昭和14)年12月10日 明治神宮外苑競技場 慶應4-2関学 放送なし
第12回 1940(昭和15)年12月8日 南甲子園運動場 慶應4-2関学 放送なし
第13回 1942(昭和16)年7月4日 明治神宮外苑競技場 東大8-1関学 放送なし


東西対抗

第1回 1932年2月7日 南甲子園 全関西 6-3 全関東 第二放送
第2回 1933年2月12日 神宮 全関東 3-2 全関西 第二放送(河西)
第3回 1934年1月21日 1回戦:南甲子園 全関西 3-5 全関東 1月28日 2回戦:神宮 全関東 1-6 全関西
第4回 1935年1月20日 神宮 全関東 6-5 全関西 第二放送(和田)
第5回 1936年1月19日 南甲子園 全関西 3-2 全関東
第6回 1937年2月7日 神宮 全関東 0-4 全関西 第二放送(和田)
第7回 1938年1月23日 南甲子園 全関西 1-4 全関東 第二放送
第8回 1939年2月5日 神宮 全関東 3-2 全関西 第二放送(和田・飯田)
第9回 1940年1月28日 南甲子園 全関西 1-4 全関東 
第10回 1941年2月2日 神宮 全関東 3-2 全関西

全関東7勝 全関西4勝

朝日招待

第1回 1937年1月10日 南甲子園 WMW(早大) 2-1 関学 慶大 2-1 神商大
第2回 1938年1月9日 南甲子園 慶大 6-3 関学 京大 5-2 東大 
第3回 1939年1月8日 南甲子園 慶大 3-0 京大 東大 8-2 関学
第4回 1940年1月14日 南甲子園 明大 2-0 神戸高商 関学 2-0 早大
第5回 1941年1月12日 南甲子園 慶大 8-1 関大 早大 5-2 関学

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1932年当時のサッカー戦(社会人・高等教育)

蹴球年鑑 昭和七-八年度』(大日本蹴球協会 1933)による。

社会人

全国地方対抗選手権 1932年4月 南甲子園 慶應倶楽部 芳野倶楽部

高等教育機関

東西大学争覇戦 1932年12月 南甲子園 慶大 京大
東京カレヂリーグ戦1部 1932年10-11月 慶大
同2部 成城高
同3部  商船
同4部 商大
同5部 東医
同6部 日医
関西カレヂリーグ戦1部 1932年10-11月 京大
同2部 大阪外語学校
大阪学生連盟春季リーグ戦 1932年5-6月 関大
東海学生連盟リーグ戦 1932年9-11月 名古屋高商
東西対抗 1933年2月 神宮 全関東
東北カレヂリーグ戦 1932年11月 ニ高
全国高校大会 1933年1月 京都岡崎公園 六高
全国高工大会 1932年12月 東京工大 浜松高工
全国高商大会 1932年12月 東京石神井清水組G 関西学院高商部
西日本大学高専大会 1932年11月 九大医学部G 九大
九州帝大主催高専大会 1932年12月 九大医学部G セブランス医専
東海選手権 1933年3月 名古屋鶴舞公園G 一般の部 芳野倶楽部 少年の部 名古屋商
東北選手権 1932年10月 東北大G T.G.サッカー倶楽部
関東OB選抜試合 1933年1月 神宮 紅組


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

戦前の小学生(学童)サッカーに関するメモ

はじめに

サッカーはコート、ゴールやボールの大きさを調整すれば、子供も大人とまったく同じルールでできるスポーツである。従って日本における垂直方向への普及は早く、1917~1936年における日本サッカーの急速な水準向上の要因であったことを「ボトム・アップでレベル・アップした戦前の日本サッカー」において指摘した。ベルリン・オリンピック代表堀江忠男、加茂健、加茂正吾は浜松師範附属小学校、右近徳太郎は御影師範附属小学校からサッカーを始めている。ベルリン・オリンピックの選手・役員を紹介した『われらの選手 オリンピツク代表点描』(朝日新聞社編 朝日新聞社 1936)によれば、左記4人以外にも竹内悌三、西邑昌一も小学校からサッカーを始めたことが明記されている。(p.114-122)

「ベルリンの奇跡」は戦前における小学校サッカーからの育成の勝利でもあったのである。

いつごろから小学校にサッカーが普及したのか

『日本サッカー史 : 日本代表の90年 : 1917-2006. 資料編』(後藤健生著 双葉社 2007)にベルリン・オリンピック日本代表監督だった鈴木重義のプロフィールがあり、以下のように記載されている。

“1902年生まれ。豊島師範付属小学校でサッカーを始め、東京高等師範付属中学を経て、早稲田高等学院・同大卒。早稲田ではア式蹴球部を創設。(以下、略)”

鈴木は1902年生まれなので、小学校卒業は1914年ころになり、それ以前に豊島師範附属小学校にサッカーが普及していたことになる。豊島師範にサッカーを伝えたのは東京高師1909年卒の内野台嶺なので、豊島師範附属小学校では1910年代前半にはサッカーが始まっていたようである。

鈴木重義は日本が国際試合に初勝利した1927年第8回上海極東選手権大会の主将であるが、このチームの同僚で早稲田の後輩でもある高師康(埼玉師範附属小学校→浦和中→早稲田)も小学校からサッカーを始めている。埼玉師範附属小学校におけるサッカーの開始時期は豊島師範附属小学校よりも遅いかもしれないが、1910年代後半には始まっていたのではないだろうか。

日本代表は1917(大正6)年に始めて国際線を経験し、10年後に初勝利をあげるわけだが、1927(昭和2)年の時点で小学校サッカーからの育成が成果を収めていたことは注目に値する。

小学生サッカー指導書

1925(大正14)年には小学生サッカー指導専門書が刊行される。山田午郎著『ア式フットボール』(杉田日進堂 1925 巻頭の書名:少年用アツソシエ−シヨン蹴球規定)がそれである。「緒言」において、極東選手権で中国が強いのは幼時からサッカーになじんでいるからであるとして、少年サッカーの重要性を指摘し、関東では東京蹴球団、豊島サッカークラブ、埼玉蹴球団主催の小学校蹴球大会が既に存在し、普及しつつあることを記している。

戦前の小学生サッカー大会

関東少年蹴球大会(東京蹴球団主催、東京朝日新聞社後援)
第1回1922(大正11)年10月15-16日から
第19回 1940(昭和15)年11月23日まで
詳細

全国少年蹴球大会(豊島サッカー倶楽部主催、時事新報後援)
第1回1924(大正13)年5月31-6月1日から
第8回1931(昭和6)年6月6-7日まで
詳細

これ以外には、『朝日スポ−ツ叢書 第1 ホツケ−・ラグビ−・蹴球・籠球・排球』(東京朝日新聞社運動部編 朝日新聞社 1930)に小学生サッカーに関する以下の記述がある。

“斯うした機会は度重って自然全国的にチームがチームが著しく増加し、諸所に中等学校大会が挙行され、一方、東西呼応してカレヂ・リーグが成立するといふ有様で蹴球界は興隆の一途を邁進する事になりました。この中に見逃せないのは少年蹴球の発達であります。就中、大正十一年に東京蹴球団が主催で東京朝日新聞社後援の下に関東小学校蹴球大会を開いたのが全国的にセンセイションを捲き起して今日では北に函館、南は広島と十数ケ所にこの種の大会が催されて、未来の大選手の卵である少年選手は頻りに活躍して、青年選手も及ばぬ妙技を示して観衆をアッと言はせて居ります。”(p.125)

1930(昭和5)年当時、“北に函館、南は広島と十数ケ所”小学生サッカー大会が開催されていたようである。

また、藤枝東高のサッカー部史『サッカー六十年のあゆみ  創立60周年記念』(静岡県立藤枝東高等学校編 静岡県立藤枝東高等学校 1982)には、1934(昭和9)年2月に志太中蹴球部主催第1回郡下小学校蹴球大会が開催されたことが記されている(p.12)。

むすび

日本において戦前からサッカーが盛んで多くの日本代表選手を生んできた地域、例えば浦和や藤枝は戦前から小学校サッカーが地域に根付いたところでもあった。1980年代以降の日本サッカーのレベル・アップも小学生サッカーからのボトム・アップであることを考えれば、日本少年サッカー史を真剣に研究する人物がいてもよさそうである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノートルダム大学アメフト部名監督Knute Rockneの伝記映画

ノートルダム大学といえばカレッジ・フットボールの代名詞的存在で、1970年代にサンTVで放映された名番組「カレッジ・フットボール in USA」のテーマソングはNotre Dame Victory Marchだったほどです。

岡部平太が師事したシカゴ大学アメフト部の名監督、Amos Alonzo Staggの弟子の一人がノートルダム大学でアメフト部を作り、それを引き継いで全米有数のアメフト部にしたのがKnute Rockne(ヌート・ロックニ)です。アメリカン・フットボールの特徴であるフォワード・パス戦術を開発・普及させたことで知られています。

伝記映画『Knute Rockne All American』(1940)が製作されたほどの有名人ですが、この映画でノートルダム大学の名選手George Gipp役を演じているのが俳優時代のロナルド・レーガンです。Amos Alonzo Staggも本人役で出演しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »