« 竹内至著『日本蹴球外史』における第5~8回極東選手権代表選手の出身校 | Main | 日本サッカー通史の試み(24) 極東選手権(代表戦)初勝利 »

日本サッカー通史の試み(23) 東京高等師範学校(東京文理大学)主催全国中等学校蹴球大会と関東中等学校蹴球選手権大会

23. 東京高等師範学校(東京文理大学)主催全国中等学校蹴球大会と関東中等学校蹴球選手権大会

 1926年から全国選手権化した大阪毎日新聞主催全国中等学校蹴球大会に次いで規模が大きく、当時の中等学校から重要視されたのが1924年から始まった東京高等師範学校(1929年から東京文理大学)主催全国中等学校蹴球大会である。1932年第9回まで行われた。本大会の特徴は、

1) 全国中等学校蹴球大会が地区大会を経た選手権であるのに対し、いわゆる「選手権」ではなく、オープン参加の大会である。
2) 全国中等学校蹴球大会が中学校・師範学校を区分しなかったのに対し、第1部:中学校、第2部:師範学校、と中学校と師範学校に区分していた。
3) 参加校は主として東日本であるが、京都から参加した例もある。

優勝・準優勝校は以下の通り。

第1回 1924年11月 1部 暁星中3-0豊山中 2部 豊島師範3-2青山師範
第2回 1925年9月 1部 東京高師附中3-1暁星中 2部 豊島師範0-0栃木師範(CK数で豊島師範勝ち)
第3回 1926年9月 1部 東京高師附中6-0成城中 2部 ?
第4回 1927年9月 1部 東京高師附中2-0東京府立五中 2部 青山師範6-2栃木師範
第5回 1928年9月 1部 東京高師附中3-2東京府立五中 2部 豊島師範3-2栃木師範
第6回 1929年9月 1部 東京高師附中2-0東京府立五中 2部 豊島師範3-2静岡師範
第7回 1930年9月 1部 東京高師附中3-1湘南中 2部 青山師範8-1鎌倉師範
第8回 1931年8月 1部 志太中2-1東京高師附中 2部 青山師範6-1鎌倉師範
第9回 1932年8月 1部 東京高師附中5-3志太中 2部 京都師範1-0埼玉師範

中学校にとって、開催月が8~9月で最上級生も参加しやすく、師範学校と対戦しないで同年代の中学校のみと対戦できることもあり、本大会を目標としていた中学校も多かったようである。東京高師グラウンドで開催されたので、中学校の部では自分の「庭」だった東京高師附中が圧倒的に強かったが、静岡の志太中(現・藤枝東高)が台頭しているのが注目される。

 本大会が1932年8月の第9回、東京蹴球団主催の関東蹴球大会が1933年1月の第15回で終了しているのは、1932年の野球統制令の影響だと考えられる。野球統制令は中等学校レベルでは商業目的で乱立した中等学校野球大会を整理するため、以下の制約が課せられた。

“イ、全国的優勝大会及び全国的選抜大会はそれぞれ年一回全国中等学校野球協会の公認の下に開催し得ること。但し明治神宮体育大会に関するものはこの回数に含まず。

ロ、地方大会(「府県対抗試合」又は参加学校が三府県以上にわたる試合をいふ)は関係府県の体育団体(第一項記載の事項参照)共同主催の下に同一地方に関し年一回に限り公認を受けて開催し得ること。”

 「野球統制令」ではあるものの、他競技にも準用されたらしい。サッカーでは「全国的優勝大会」は全国中等学校蹴球大会が該当したので、東京文理大学主催全国中等学校蹴球大会は開催できなくなった。また、東京蹴球団のようなクラブチームは地方大会を主催できなくなった。

 上記2大会に代わって1933年12月から関東蹴球協会主催東京朝日新聞後援関東中等学校蹴球選手権大会が始まる。本大会は関東1府6県+山梨県の地区予選を経た代表8校による「選手権大会」として開催された。中学校と師範学校の混合戦だった。決勝の結果と参加校は以下の通り。

第1回 1933年12月 豊島師範2-0埼玉師範(出場校:豊島師範、千葉師範、埼玉師範、神奈川師範、茨城師範、栃木師範、藤岡中、山梨師範)
第2回 1934年12月 韮崎中4-1府立五中(出場校:府立五中、神奈川師範、千葉師範、埼玉師範、水戸中、栃木師範、藤岡中、韮崎中)
第3回 1935年12月 豊島師範4-2埼玉師範(出場校:湘南中、千葉師範、真岡中、豊島師範、韮崎中、水戸中、埼玉師範、藤岡中)
第4回 1936年12月 豊島師範2-1韮崎中(出場校:豊島師範、埼玉師範、千葉師範、茨城師範、湘南中、韮崎中、藤岡中、宇都宮中)
第5回 1937年12月 青山師範2-1埼玉師範(出場校:埼玉師範、千葉師範、藤岡中,湘南中、韮崎中、茨城師範、青山師範、烏山中)
第6回 1938年12月 青山師範4-2埼玉師範(出場校:青山師範、千葉師範、湘南中、埼玉師範、水戸中、藤岡中、韮崎中、宇都宮中)
第7回 1939年12月 豊島師範1-0湘南中(出場校:湘南中、水戸商、宇都宮中、浦和中、藤岡中、千葉師範、豊島師範、韮崎中)
第8回 1940年12月 湘南中2-1明倫中(出場校:豊島師範、湘南中、水戸商、烏山中、甲府商、藤岡中、明倫中、浦和中 藤岡中は出場辞退)
第9回 1941年12月 湘南中2-1青山師範(出場14校は推薦による 東京府立九中、安房中、茨城工、浦和中、暁星中、湘南中、埼玉中、東京高尋常科、宇都宮中、青山師範、韮崎中、千葉師範、豊島師範、小田原中)

本大会は東京朝日新聞後援だったので、最後の大会まで同紙が詳報している。


|

« 竹内至著『日本蹴球外史』における第5~8回極東選手権代表選手の出身校 | Main | 日本サッカー通史の試み(24) 極東選手権(代表戦)初勝利 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45875/51816177

Listed below are links to weblogs that reference 日本サッカー通史の試み(23) 東京高等師範学校(東京文理大学)主催全国中等学校蹴球大会と関東中等学校蹴球選手権大会:

« 竹内至著『日本蹴球外史』における第5~8回極東選手権代表選手の出身校 | Main | 日本サッカー通史の試み(24) 極東選手権(代表戦)初勝利 »