« 大三島紀行(3) | Main | 1940年幻の東京オリンピックのサッカー場 »

大三島紀行(4)

因島土生の日立造船(範多龍平氏の祖父E.H.ハンター氏が創業した大阪鉄工所が母体)

Cimg1313

その裏側?

Cimg1328

Cimg1329

今治から新居浜のひとつ先の多喜浜駅へ 徒歩で新居浜東港へ おれんじ8特等室に乗船

Cimg1332

Cimg1333

Cimg1334

Cimg1335

レストランでサザエの煮付け、じゃこ天、アジフライ

Cimg1341

Cimg1342

Cimg1343

早朝6時大阪南港着なのですが、8時まで滞船できるうれしいサービスがあります。大浴場のサウナでたっぷり汗を流し、のんびり出発できます。池尻大橋に停車する東海道昼特急は13:10なので西宮まで行って時間をつぶします。

阪神武庫川団地駅(阪神電鉄完乗w)

Cimg1344_2

一級河川武庫川上に位置する阪神武庫川駅

Cimg1350

Cimg1348

甲子園球場にも行ってみました

Cimg1352

私の子供の頃からある土手上の茶屋も健在でした オッチャンはコーユーのになじんでたんで、サッカー場のチャラチャラした出店は苦手・・・w

Cimg1344Cimg1353

アメリカのボールパークみたいになってしもた甲子園球場

Cimg1354

蔦も生えてます

Cimg1356

ミュージアム(入場料500円)もあったので入ってみます

なつかしい!

Cimg1362

Cimg1363

私が卒業した春風小学校の前に家があった村山実

Cimg1360

バース様

Cimg1361

バックスクリーン裏に出られます

Cimg1365

Cimg1366

意外にまじめで甲子園開発史に関する展示もありました

Cimg1373

Cimg1368

「7」がサッカー史上有名な甲子園南運動場です

Cimg1372

この後難波に出て、551蓬莱本店で豚饅(2個 320円)のランチを食べてバスで帰りました

|

« 大三島紀行(3) | Main | 1940年幻の東京オリンピックのサッカー場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45875/52015398

Listed below are links to weblogs that reference 大三島紀行(4):

« 大三島紀行(3) | Main | 1940年幻の東京オリンピックのサッカー場 »