« 日本サッカー通史の試み(36) オリンピック代表決定 | Main | 節電の成果 »

世界最初の女子サッカークラブ、British Ladies Football Club

British Ladies Football Clubで、1894年に30名の女性を集めてクラブを作ったのはNettie Honeyball(1874-?)

Nettie Honeyball

Fhoneywell5

トッテナム・ホットスパーのCH、J.W.Julianをコーチとして招き、練習を開始します。

練習風景

Fhoneyball2

クラブの創設者Honeyballは大工の娘ですが、会長(President)にはクイーンズベリー侯爵の娘で、探検家、戦場ジャーナリスト、詩人、小説家であり、Honeyballと同じく婦人参政権論者であるFlorence Dixieが就任します。

1895年3月23日にはクラブを北ロンドン・チームと南ロンドン・チームに分けてロンドンのクラウチ・エンドで試合を行い、1万人以上の観客を集めました。

世界最初の女子サッカー試合風景

Women_2

北ロンドン・チーム

Fhoneywell3

南ロンドン・チーム

Fhoneyball4

結果は 北ロンドン 7-1 南ロンドン でした。その後、イギリス国内をツアーして回り、ニューカッスルでは8千人以上の観客を集めています。

このチームに関しては、James Lee著『The Lady Footballers : Struggling to Play in Victorian Britain』(Routledge 2010)という専門書が昨年刊行されています。

また、Patrick Brennanという人のHPも大変詳細な情報があります。同HPによれば、英国でも British Ladies Football Clubが最初の女子サッカー・チームであるというのが定説だそうですが、1881年に女子サッカーのイングランド対スコットランド戦があったそうです。同HPの「Women's Football」は英国女子サッカー史を調べるのに有用です。


|

« 日本サッカー通史の試み(36) オリンピック代表決定 | Main | 節電の成果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界最初の女子サッカークラブ、British Ladies Football Club:

« 日本サッカー通史の試み(36) オリンピック代表決定 | Main | 節電の成果 »