« 水の子島灯台を見に行く | Main | 関門海峡周遊 »

別府温泉ホテル雄飛宿泊記

Cimg1997

佐伯港到着。フェリーを降りたところに魚市場があった。

Cimg1998

Cimg1999

Cimg2000

新鮮な魚が安い! こういうのを見ると旨い魚が食べたくなる。

Cimg2002

よくできたものですぐそばに海鮮レストランがあった。

Cimg2001

店の人のオススメの海鮮丼(3150円)。周りの人もみなこれを注文しているようだった。

Cimg2003

港から近い佐伯駅からJR九州の特急で別府へ。

Cimg2005

別府駅。

Cimg2006

宿泊したのは北浜地区のホテル雄飛。2時頃到着したが、チェックインさせてくれた。

Cimg2007

ホテルとはいっても和室。風呂はかけ流しだった。夕食まで時間があったので、入浴後散歩に出てみる。

Cimg2008

宿から徒歩1分で海岸に。別府観光港にサンフラワーと九四フェリーが停泊していた。

Cimg2009

反対側(南側)。山はおサルで有名な高崎山。

Cimg2013

別府温泉のシンボル、竹瓦温泉。

Cimg2014

「無料案内所」があるが、ソープやファッションヘルスが立ち並ぶ風俗街のど真ん中にある。

Cimg2024

夕食のお品書き。1泊2食1万500円で部屋食、1品出しだった。

Cimg2025

白子豆腐。

Cimg2026

前菜。

Cimg2027

刺身。

Cimg2029

お品書きにないサービスの鯛の薄づくり。

Cimg2030

かちん蒸し。

Cimg2031

筍と野菜の田舎煮。

Cimg2032

目鯛の錦蒸し。

Cimg2033

黒豚の香味焼き。

Cimg2034

穴子の一本揚げ。

Cimg2035

海鮮巻。

Cimg2036

りんごのワイン煮。

Cimg2039

朝食。陶板焼きの中身は目玉焼き。設備の古いのは否めないが、食事と料金とサービスでカバーするCPの高い宿であった。機会があればもう1度泊まりたい。(続く)

|

« 水の子島灯台を見に行く | Main | 関門海峡周遊 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45875/54283609

Listed below are links to weblogs that reference 別府温泉ホテル雄飛宿泊記:

« 水の子島灯台を見に行く | Main | 関門海峡周遊 »