« April 2012 | Main | June 2012 »

酸ヶ湯でプチ湯治②

Cimg0120

Cimg0121

酸ヶ湯では宿泊は湯治棟、夕食は旅館部の食事(食堂)。

Cimg0122

Cimg0123

部屋の窓からの景色。残雪があるが、気温は20度くらいある。

Cimg0124

まだガスストーブが使える。ほとんど使わなかったが。

Cimg0125

第1日目夕食。この日のみお品書きがなかった。鍋は白身魚のチリ鍋。

Cimg0126

2日目朝食。朝食はビュッフェ式。地元のおばあちゃんが作ったという漬物がうまい。

Cimg0127

朝食会場から窓の外を見ると。

Cimg0129

残雪が湧水になって湧き出るのを部屋から見られる。

Cimg0131

Cimg0133

喫茶店も営業。

Cimg0135

Cimg0134

2日目夕食。蝦蛄は子持ちが1匹。久しぶりに鯨を食った。ガラスの器に入った「帆立の子」は高級珍味かと思ったら、帰りに青森の市場で一山なんぼで売っていた。八甲田山中の宿だが、青森市内まで車で1時間かからないので、刺身も新鮮。ひらめは青森県の県魚だそうで、特に美味。

Cimg0136

3日目朝食。

Cimg0137

Cimg0138

3日目夕食。刺身のひらめは縁側だった。

Cimg0139

4日目朝食。

Cimg0141

千人風呂大浴場入口。浴室内は撮影禁止。

Cimg0140

棟方志功氏の書。高そう。

Cimg0142

看護師さんが詰めてる。

Cimg0143

おいしい水。

Cimg0149

雪がなくなるのはいつごろに。

Cimg0151

酸ヶ湯全景。

Cimg0154

Cimg0153

4日目送迎バスで青森駅前へ。長尾中華そば駅前店で昼食。

Cimg0155

市場で味噌汁の出汁をとる焼き干しと

Cimg0097

具にするふのりを買って、帰宅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

酸ヶ湯でプチ湯治①

Cimg0098

Cimg0099

青森駅前13:00発の無料送迎バスに合わせるため、世田谷線の始発で出発。

Cimg0100

三軒茶屋で田園都市線に。

Cimg0101

渋谷で山手線に。

Cimg0102

東京で東北新幹線に。

Cimg0104

岩手山。

Cimg0105

八戸側から見た八甲田山。

Cimg0107

Cimg0106

新青森でJR北海道の特急に乗り換え、青森駅へ。この区間だけだと特急券なしで乗車できる。

Cimg0109

11時前に青森に着いてしまったので、駅付近を散策。青函連絡船。

Cimg0110

ベイブリッジ。

Cimg0111

陸奥湾。この季節に蟹田-脇野沢間の陸奥湾フェリーに乗ると、イルカを見られる。

Cimg0112

ワ・ラッセというねぶた博物館のような施設(有料)でさらに時間をつぶす。

Cimg0113

Cimg0114_2

Cimg0115

Cimg0116

Cimg0117

山車の下部はこうなってる。

Cimg0118

Cimg0119

山車のテーマは昔は歌舞伎が多く、三国志(ゲームの影響か)や西遊記から、大間のマグロ一本釣りなど世相を反映しているもよう。

Cimg0152

Cimg0108

くどうラーメンで昼食(大 500円)後、送迎バスで酸ヶ湯へ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

腐ってもCL決勝

ガッカリ顔合わせになったCL決勝だが、チェルシーの頑張りで好ゲームに。

プレミアではアメリカ系資本に買収されたリバプールとマンUに凋落の兆しが。リバプールは当分浮かび上がりそうにないし、マンUもここという試合は超ベテラン頼みで、世代交代に失敗すれば悲惨なことになりそう。ロシアとアラブに買われたチームが選手層の厚さで最後に笑ったようだ。

ドルトムントにリーグでもカップでも勝てないバイエルンにCL優勝されたくなかったので、よい結果といえるんじゃあないのかな。

スペインはクラシコの日程の再考を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

FC東京vs.ブリスベーン.

今日も他に見るものがないのでACLを見る。

19時過ぎまで残業して、20時過ぎに帰宅。TVをつけたらいきなりPKだった。こないだ2人少ない清水に完封負けした直後だが、前半で3得点、2失点と出入りの多い展開になっているようだ。

後半はフル観戦。FC東京の前線からのプレスがよく効いて、というよりもブリスベーンの動きがにぶく、テンポが遅くてまるでプレスに来てくださいとさそっているような。ブリスベーンはパスミス、シュートミスも多くて全然怖さを感じさせない。長距離移動で後半急にフィジカル・コンディションが落ちたのだろうか。

後半だけみるとFC東京の圧勝で、前半なぜ2失点したのか不思議だ。

ともあれ、日本チーム最初のGリーグ突破はうれしい。結果的に2強2弱の良いグループだったようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

城南vs.名古屋(ACL)

他に見るものがないのでTV観戦。前半、名古屋はトラップミスやパスミスが多くてヒドイ凡戦。ポコンとPKで1点とられた。なんだか見てられないな。

と思ったら、ハードスケジュールにもかかわらず後半盛り返した。最後10分くらいは手に汗にぎった。

やっぱり、トヨタカップ出場へのモチベーションはメッチャ高いらしい。次のJ1は5月6日の対川崎F@トヨタS。川崎は名古屋の足元をすくうチャンスなんだけどな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2012 | Main | June 2012 »