« 【史料紹介】伊藤正徳『新聞五十年史』によるスポーツ・ジャーナリズム形成史 | Main | 1934年の朝日新聞運動部員 »

【史料紹介】1931年の東京朝日新聞運動部 小高吉三郎「運動部の組織と活動」

昨日紹介した伊藤正徳『新聞五十年史』(鱒書房 1943)に

“部の組織も一流紙に至ると、部長一名、次長一名、記者十余名を擁する大所帯となった”

とあるが、その具体例が小高吉三郎「運動部の組織と活動」(『綜合ヂャーナリズム講座. 2』 内外社 1931 所収)である。小高は現役の東京朝日新聞運動部長。1931(昭和6)年当時の東京朝日新聞運動部の組織と活動が具体的に記されている。本文献は日本におけるスポーツ・ジャーナリズム史の重要文献のひとつであろう。

運動部の組織と活動
                小高吉三郎

運動記事の重要性 

 各新聞社が運動部といふものを設けたのは極く最近の事に属してゐる。勿論今迄絶無とはいへなかったが、それはほんの名目だけであって実際は社会部の一記者が運動の時だけ、その記事を受持つといふぐらゐに過ぎなかった。それが時代の推移と共に運動がますます盛になり、同時に国民生活の一部としてどうしてもわれわれの社会から引き離す事が出来ないまでに根強い関係をもって来た。

 新聞の任務が社会時相を映し出す一種の鏡である以上、これを顧みない訳にはどうしても行かない。そこで今迄の社会部の一記者の担任であり社会部面の一記事であった運動は、ここに漸く運動記事といふ一つの形が編み出され、そして僅かながらも各新聞とも「運動界」あるひは「運動欄」といふ紙面を設けられるやうになって来た。これは運動部といふものが今のやうに独占されるまでの簡単な経路であって、この間の経緯を詳しく話したならば滑稽な挿話が随分と多い。

 けれどもそれはむしろ余談に類するからここに省くとして、話を本筋に向って進めなければならない。

運動部の組織

 現在各社とも運動部といふ名義は付けられてゐるが、実際運動部として独立もし、また独立的の仕事をしてゐるのは東京でも三四の新聞を指折るにすぎない。その他の新聞は昔ながらのシステムで社会部の一員がやってゐる。いふまでもなくその社、その社によって運動部の仕事にも多少の相違があるが、大体に於て左の二つに分ける事が出来る。

  一、運動記事の報導(ママ)
  二、運動に関する主催、後援ものの事務

 かう分けて見ると、その仕事は極めて簡易であって今時の青年なら誰にでもすぐ出来るやうに考へられるが、さて実際になって見ると決してさう容易な仕事でないのに気がつく。成程以前まで―言葉を換へていへば新聞に運動といふもののスペースが与へられていない時分までは、社会部記者あるひは「運動好き」「運動を知ってる」くらゐの知識でお茶を濁せたものだったが、昨今はそれでは読者が許さない。報導(ママ)の外に専門的の立場から観察した特殊の記事を要求するやうになって来た。一例を言へば野球の記事に試合経過と専門の立場から見た「戦評」といふやうなものを付け加へなければ満足しない。そこで新聞社としてもその記者を専門家から選ぶやうになり、やがてはそれが運動部独立の機運を促進させたのだった。

 今参考のため東京朝日新聞社の運動部の組織をのぞいて見る。

  部長 一名
  次長 一名
  記者 十一名(兼務を含む)

 部長、次長の仕事は部内の統一、対内対外的の接衝などにあるのは勿論だが、これは所謂行政的の事務であって、本流の仕事はその日その日の方針やシーズン中の計画、記事の取扱ひ方などについて一般方略を定めるにある。記者の書いた記事に一々目を通す事はいふまでもない。

 けれども断はっておかなければならない事は、他部の取扱ふ報導記事―悉くとはいへないが―と違って専門的の色彩を多分にもってゐるから、部長、次長の憶測や推理で矢鱈に筆を入れる事を許るされない。紙面が幅輳して来た場合に、整理部で泣かされるのもこの運動記事で、直さうにも簡単にしようにも、専門的の記述だけに筆を入れる事がむしろ不可能に近いとさへ、されてゐる。

 現在の運動部員を色分けにして見ると、

  元早大野球部監督 元早稲田実業野球部選手
  元早大陸上競技部主将 元慶大ホッケー部長及スケート部選手
  元立大ラグビー部主将、籠球部選手 現日本蹴球協会理事
  現水上競技連盟理事 元大倉高商庭球部選手
  元二高野球、ボート、柔、剣道部選手 元東京高商ボート部選手
  元東京高商庭球部選手

などで、この外にもいざとなれば各専門の記者が他部にひかへてゐて、いつでも応援をうけるだけの組織は出来上ってゐる。そして以上の記者がそれぞれ自身専門の運動記事を担任してゐる事はいふまでもない。

運動季節と運動記事

 今新聞記事として取扱はれてゐる運動の種類を列記すると、可成に沢山の名称を挙げる事が出来る。勿論運動には大体その季節があって、季節以外のものは「アウト、オブ、シーズン」の余技として多少扱ひを簡略にする時もあるが、日本ではまだ外国ほどそれが厳密に実行されてゐないだけに、記者にも新聞社にもいろいろの悩みがある。

 冬季に属するもの

  スキー(登山 競技) スケート アイスホッケー 
  ホッケー ラグビー蹴球 アッソシエーション蹴球

 春秋に属するもの

  陸上競技 野球 庭球(軟式 硬式)
  水泳 ボート

 其他のもの

  拳闘 排球 籠球
  卓球 柔、剣道

 以上の運動の中、季節といふものを超越して殆んど一年中紙面を占領してゐるのが野球だ。それに次では庭球、陸上競技、水上競技といふやうな順序になるが、その他の運動も昨今では甲乙ないまでの勢で熾に紙面を侵蝕しつつある。

 今新聞紙が取扱ってゐる各種の運動の中で年中行事ともおもはれるやうな、代表的なものをあげてその参考とする。

 野球

  六大学リーグ戦(春秋) 全国高等専門学校戦(初夏)
  全国都市対抗戦(初夏) 全国中等学校優勝戦(盛夏)
  米国世界選手権争奪戦(秋)

 庭球

  全日本選手権大会(秋) 全日本学生トーナメント(同)
  朝日招待トーナメント(春) 早慶戦(春秋)
  デヴィス盃争奪戦(夏より秋)

 陸上競技

  全日本選手権大会(春或は秋) 全日本学生対抗選手権大会(春)
  全日本中等学校選手権大会(秋) 早慶対抗競技(初夏)

 蹴球(アッソシエーション)

  全国学生選手権(秋より冬) 関東学生リーグ戦(秋より冬)
  全国中等学校大会(秋より冬)

 ラグビー

  早慶戦(秋) 関東大学リーグ戦(秋より冬)
  京大、三高、同志社戦(秋より冬)

 ホッケー

  全日本選手権大会(秋より冬) 学生リーグ戦(同上)

 水上競技

  全日本選手権大会(夏) 全日本学生競技大会(夏)
  関東大学専門学校対抗戦(夏) 全日本中等学校選手権(夏)
  ○汎太平洋大会(夏)

 ボート 十二大校レガッタ(秋)

 籠球 全国高等学校大会(夏)

 スキー 全日本選手権大会(冬) 全日本学生選手権大会(冬)

 スケート 全日本選手権大会(冬) 全日本学生選手権大会(冬)

 この外に五年目に行はれる万国オリムピック大会、四年目の極東選手権競技大会、隔年の明治神宮体育大会などはその尤なるものに属する。もし一高対三高の野球のやうな二流以下の対抗競技をあげたら際限がない。

運動部活動の実際 

 そこで運動部員の仕事はどういふやうにして行はれるかといふ事に入ってゆくが、勿論他の部に比べて少しも変はる所はない。強ひていへば通信鳩をさかんに利用する事と、刻々に電話でその結果を通信しなければならない事だ。

 しかし刻々に結果を通信するといふ事は他の部員でもけっしてやらない事ではない。事件や問題の如何によっては刻々と通信しなければならない事は当然の事である。ただ運動部はそれが特種の場合だけでなく普通日常のやり方だから、他部員と働き方が違ってゐるといへばいへない事もない。

 かういふと「何故さうしなければならないか」といふ質問がきっと起って来るに違ひない。しかし運動そのものの性質をよく考へて見ると他部の事件と違って時間的に刻々とその結果が得られる事に気がつくだらう。

 丁度選挙時の開票のやうに、縦令それが最後の結果でなくっても一節、一節の結果だけははっきりと片付けられる。極く解り易い例を引いて見ると野球や陸上競技などがまづそれだ。一回、一回毎にその結果はきちんと決められてしまふ。しかもそれが一部分の出来事ではあるが一節だけでも立派にニュースの価値がある。読者はその一節を見ただけでもどっちが勝ってゐるかとか何秒台で走ったとかいってうれしがる。この点が他部の記事と全く性質が違ってゐる所でもあり、亦記者の仕事ぶりが自から違ってくる点でもある。しかしここではニュースの蒐集方やその価値を論じるところではないから、議論めいた下手な御説教は止めて、以上の電話や鳩の通信をどうして受けとるかを話して見たい。

通信鳩

 現在東京にある新聞社では大きな運動競技がやられるやうな競技場には大概自社専用の電話が敷いてある。たとへば明治神宮の競技場とか野球場とかいふやうなところには、記者席の前に卓上電話が置いてある。記者はそこで競技を見ながら刻々と本社にその結果を通信する。時によっては電話をつなぎ放しで話する事もある。早慶野球戦の時などはラヂオ放送と少しも変らない。

 「今宮武がモーションをつけてゐ・・・・・投げた投げた・・・・・・」

 かういふやうに微細な所までも洩らさず通信する。

 勿論以上の外交記者からかける電話は運動部にであって、運動部の机の前には内勤記者がちゃんと頑張ってそれを待ってゐる。そこには原稿用紙や鉛筆が山のやうに埋まれて専属の給仕が何時でも来いとばかりに差控へる。卓上の電話が鳴る。

 『何処だ? 野球場か? よし、第三回慶應川瀬四球、岡田投飛後川瀬二盗を失敗したが・・・・・・』

 内勤記者の手は原稿用紙の上をすらすらと滑べる、紙は代へられる、また鉛筆が走る・・・・・・これは内勤の仕事ぶりをちょっと失敬して見たまでだが、かういふやうにして書かれたものはすぐさま原稿となって、部長なり次長なりの手を経て片ッ端から整理部の手に廻はされる。

 この間にも他の競技場から電話もかかって来れば鳩の通信もやって来る。今朝日新聞の運動部には三つの卓上電話が敷かれてあるが、それでも猶且つ不足を感じる場合がなかなか多い。

 これは私の説明する範囲ではないが序手だから鳩通信の用途を簡単に書いておきたい。この通信はいふまでもなく電話や電信の代用に使はれるものであって、主として不便の所や遠隔の土地からの通信に用ゐられる。運動部で使用する時も市外の競技場や付近に電話の設備がない時に用ゐられてゐる。

運動記者の任務

 以上の話だけで考へると、運動記者は、運動そのものの記事だけにしか係はらないやうだがけっしてそうではない。運動家は勿論運動界の間にもいろいろの問題や事件は起って来る。事件の性質によっては当然社会部記者の取扱ふ範囲内に入ってゆくが、運動家乃至運動界の実情を知ってゐるものは運動記者に勝るものはない。例へば運動家が何かのアクシデントに遭遇した場合、或は運動団体の紛擾問題などには社会部記者が乗出すよりも運動記者が飛出した方が問題の真相なり何なりを早く掴み易い。運動記者といってもその仕事は必ずしも専門的の運動競技の記事を取扱ふのみに限らない。普通の記者としてのすべての心掛けと用意を必要とする。

 したがって勤務方も他の部の部員と変る事がない。早出もあれば夜勤もある。時によっては宿直や徹夜もしなければならない。殊に海外に行はれる競技会は電話の到着する時間の関係で、夜中の二時から三時頃までさもなくば朝早くから働くやうな場合が多い。万国オリムピック大会などはその好適例といって宜い。

 この外仕事の中の一つとして分けて置いた運動の主催ものや後援ものの事務といふのは、当然計画部乃至企画部などの領分に属してゐるが、便宜上運動部員が仲介の労を執ったり交渉の任に方ったりするぐらいに止まる。勿論運動部が中心になってプランを樹てる場合もあるが本統の事務的の仕事は計画部か企画部に移るのはいふまでもない。(了)”

|

« 【史料紹介】伊藤正徳『新聞五十年史』によるスポーツ・ジャーナリズム形成史 | Main | 1934年の朝日新聞運動部員 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【史料紹介】1931年の東京朝日新聞運動部 小高吉三郎「運動部の組織と活動」:

« 【史料紹介】伊藤正徳『新聞五十年史』によるスポーツ・ジャーナリズム形成史 | Main | 1934年の朝日新聞運動部員 »