« 【史料紹介】1931年の東京朝日新聞運動部 小高吉三郎「運動部の組織と活動」 | Main | アメリカ女子サッカーの強さを書誌的に読み解く »

1934年の朝日新聞運動部員

昨日紹介した小高吉三郎「運動部の組織と活動」(『綜合ヂャーナリズム講座. 2』 内外社 1931 所収)に、1931年当時の東京朝日新聞運動部員数として、

“部長 一名
 次長 一名
 記者 十一名(兼務を含む)”

とあり、さらに11名の内訳を

“元早大野球部監督 元早稲田実業野球部選手
 元早大陸上競技部主将 元慶大ホッケー部長及スケート部選手
 元立大ラグビー部主将、籠球部選手 現日本蹴球協会理事
 現水上競技連盟理事 元大倉高商庭球部選手
 元二高野球、ボート、柔、剣道部選手 元東京高商ボート部選手
 元東京高商庭球部選手”

としている。『朝日新聞社社員写真帖』(朝日新聞社 1934)に1934年時点での運動部員が記載されているので紹介したい。

東京朝日新聞運動部:小高吉三郎(部長) 植村睦男(次長) 伊藤寛 加納克亮 久保田高行 小出秀世 佐藤俵太郎 山田午郎 飛田忠順(嘱託) 

大阪朝日新聞運動部:東口真平(部長) 渡辺文吉(次長) 芥田武夫 大石雄一郎 織田幹雄 小久保政雄(病気休職中) 坂口[?]作 杉森一(応召中) 西野[?]三 三宅二郎

記者11名と数が合わないが、元早大野球部監督は飛田忠順(穂洲)、元早稲田実業野球部選手は久保田高行、元立大ラグビー部主将は加納克亮、元慶大ホッケー部長及スケート部選手は小出秀世、現日本蹴球協会理事は山田午郎であろう。大阪の織田幹雄や芥田武夫もその分野で高名な人物であり、さすがに朝日運動部は人材揃いだった感がある。野球の飛田芥田、サッカーの山田はそれぞれの分野で殿堂入りしている。

 

|

« 【史料紹介】1931年の東京朝日新聞運動部 小高吉三郎「運動部の組織と活動」 | Main | アメリカ女子サッカーの強さを書誌的に読み解く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1934年の朝日新聞運動部員:

« 【史料紹介】1931年の東京朝日新聞運動部 小高吉三郎「運動部の組織と活動」 | Main | アメリカ女子サッカーの強さを書誌的に読み解く »