« 第4回全国都市対抗サッカー選手権大会結果 | Main | 第8~10回全国都市対抗サッカー選手権大会結果 »

第5~7回全国都市対抗サッカー選手権大会結果

第5回1959年

東京代表トリック・クラブは東大OB、立教大OB、インターナショナル(マjクドナルド氏)、中央大OBの頭文字からとったクラブチーム。東京キッカーズは解散したもよう。

1959年8月15日 1回戦 秋商ク(秋田市) 2-1 東邦レ徳島(徳島県北島町) トリック・ク(東京) 6-0 住友奔別(三笠市)

1959年8月16日 2回戦 全大阪(大阪市) 4-0 専売広島(広島市) トリック・ク(東京) 4-0 秋商ク(秋田市) 名古屋サッカー(名古屋市) 3-0 ビクターオート所沢(所沢市) 八幡製鉄(八幡市) 9-0 高岡サッカー(高岡市) 日本ダンロップ(神戸市) 6-2 全甲府(甲府市) 帝人三原(三原市) 0-0(抽選) 清水サッカー(清水市) 湯浅電池(高槻市) 2-0 日立多賀(日立市) 古河電工(東京) 7-0 鶴屋百貨店(熊本市)

1959年8月17日 3回戦 古河電工 5-0 湯浅電池 日本ダンロップ 4-2 帝人三原 八幡製鉄 5-0 名古屋サッカー トリック・ク 1-0 全大阪

1959年8月18日 準決勝 八幡製鉄 1-1(抽選) トリック・ク 古河電工 2-1 日本ダンロップ

1959年8月19日 決勝 古河電工 4-1 八幡製鉄 3位決定戦 トリック・ク 3-1 日本ダンロップ
古河電工 GK 小林 FB 平木 宮崎 HB 小川 大塚 小川原 FW 能勢 内野 岩淵 長沼 八重樫
八幡製鉄 GK 皆本 FB 原田 長野 HB 村山 石川 寺西 FW 坪島 井沢 宮本 佐伯 大石

過去4回中3回を東京クラブ、東京キッカーズが優勝したが、平木、内野、岩淵、長沼、八重樫など日本代表クラスを揃えた古河電工が東京代表実業団チームとして初優勝している。岩淵、長沼は東京クラブのメンバーとしても優勝を経験している。クラブ・チームではなく所属実業団チームから出場するようになり、

クラブ・チーム → 実業団

への流れの節目は1959年あたりだったようである。

第6回1960年

1960年8月13日 1回戦 古河電工(東京) 5-0 岩瀬蹴球(富山市) 大阪府・市職員(大阪市) 7-1 国策パルプ(旭川市) 

1960年8月14日 2回戦 古河電工(東京) 7-0 大阪府・市職員(大阪市) 栃木日立(大平村) 8-2 島原サッカー(島原市) 日本鋼管(川崎市) 1-0 紫光ク(京都市) 名古屋サッカー(名古屋市) 6-0 帝人三原(三原市) 広島専売(広島市) 3-0 日本ダンロップ(神戸市) 茨城日立(日立市) 3-2 清水サッカー(清水市) 東邦レ徳島(北島町) 2-2(抽選) 全秋田(秋田市) 八幡製鉄(八幡市) 2-0 浦和サッカー(浦和市)

1960年8月15日 3回戦 八幡製鉄 4-0 東邦レ徳島 茨城日立 4-2 広島専売 日本鋼管 3-3(抽選) 名古屋サッカー 古河電工 10-0 栃木日立

1960年8月16日 準決勝 古河電工 2-2(抽選) 日本鋼管 八幡製鉄 3-1 茨城日立

1960年8月17日 決勝 古河電工 3-0 八幡製鉄 3位決定戦 茨城日立 2-0 日本鋼管
古河電工 GK 小林 FB [?]尾 小川 HB 中島 大塚 小川原 FW 北口 内野 岡野(補強選手) 長沼 高橋
八幡製鉄 GK 皆本 FB 片山 原田 HB 堀田 石川 上 FW 坪島 井沢 村山 寺西 大石

第7回1961年

1961年8月12日 1回戦 古河電工(東京) 8-1 栃木日立(栃木市) トリック・ク(東京) 7-0 富山サッカー(富山市)

1961年8月13日 2回戦 古河電工(東京) 9-2 西鉄北九州(小倉市) 双和クラブ(神戸市) 5-0 協和発酵(宇部市) 京都紫光(京都市) 5-1 富士鉄室蘭(室蘭市) 全名古屋(名古屋市) 3-0 全秋田(秋田市) 八幡製鉄(八幡市) 6-0 東洋レ愛媛(松山市) 浦和教員ク(浦和市) 5-4 巴川製紙(静岡市) 茨城日立(日立市) 5-0 日本製鋼広島(舟越町) トリック・ク(東京) 2-1 ヤンマーディーゼル(大阪市)

1961年8月14日 3回戦 トリック・ク 3-2 茨城日立 八幡製鉄 5-1 浦和教員ク 全名古屋 2-1 京都紫光 古河電工 7-0 双和ク

1961年8月15日 準決勝 古河電工 9-0 全名古屋 八幡製鉄 5-0 トリック・ク

1961年8月16日 決勝 古河電工 5-2 八幡製鉄 3位決定戦 トリック・ク 2-1 全名古屋
古河電工 GK 小林 FB [?]尾 宮崎(日立本社) 島谷 HB 平木 小川 FW 二宮(新三菱重工) 北口(新三菱重工) 内野 長沼 守屋  
八幡製鉄 GK 皆本 FB 向山 石川 原田 HB 杉村 上 FW 井沢 寺西 坪島 神田 大石

古河電工は全日本選手権、実業団選手権に続く3冠を達成。なお、同時期の日本代表海外遠征に古河電工から保坂司、宮本征勝、鎌田光夫、八重樫茂生、川淵三郎の5人、八幡製鉄から佐伯博司、宮本輝紀の2人が参加しており、それでも両チームが3年連続決勝進出していることは、両チームが実業団サッカーにおいて傑出していたことを示している。


   


 

|

« 第4回全国都市対抗サッカー選手権大会結果 | Main | 第8~10回全国都市対抗サッカー選手権大会結果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 第4回全国都市対抗サッカー選手権大会結果 | Main | 第8~10回全国都市対抗サッカー選手権大会結果 »