« 牛木素吉郎「新時代を迎える日本サッカー」 | Main | 出身大学クラブ、地域クラブでもプレーしていた1950年代の社会人選手 »

1955~1964年の全日本選手権、全日本実業団選手権、全国都市対抗選手権の各決勝

      全日本選手権        全日本実業団選手権     全国都市対抗選手権       
1955年 全関学 4-3 中大クラブ   田辺製薬 2-0 東洋工業   東京クラブ 5-2 日本鋼管川崎
1956年 慶応BRB 4-2 八幡製鉄   東洋工業 4-0 田辺製薬   東京クラブ 1-0 新三菱重工
1957年 中大クラブ 2-1 東洋工業   田辺製薬 2-0 東洋工業   八幡製鉄 5-0 名古屋クラブ
1958年 関学クラブ 2-1 八幡製鉄   日立本社 2-0 古河電工   東京キッカーズ 3-2 浦和クラブ
1959年 関学クラブ 2-1 中央大   古河電工 2-0 新三菱重工   古河電工 4-1 八幡製鉄
1960年 古河電工 4-0 慶応BRB   日立本社 4-2 八幡製鉄   古河電工 3-0 八幡製鉄
1961年 古河電工 3-2 中央大学   古河電工 3-1 日立本社   古河電工 5-2 八幡製鉄  
1962年 中央大学 2-1 古河電工   東洋工業 0-0 古河電工   八幡製鉄 5-0 名相銀
1963年 早稲田大 3-0 日立本社   八幡製鉄 2-0 日立本社   日立本社 3-2 八幡製鉄
1964年 八幡製鉄 0-0 古河電工   八幡製鉄 3-0 日立本社   古河電工 3-1 日立本社 

全日本選手権(天皇杯)では1960年に古河電工が初優勝して、それ以降実業団優位の時代となる。全国都市対抗選手権では1959年以降、クラブチームの決勝進出はなくなり、実業団優位になっている。1965年実業団チームのみの日本サッカーリーグが始まって、大学と社会人の格差が決定的となる。

1960年以降社会人優位になっているのは、1964年の東京オリンピック日本代表強化のため、日本代表クラスの大学生を社会人サッカーにストックしておく必要もあったからであろう。オリンピック種目ではないラグビーやアメフトでは社会人優位の確定はサッカーに比べるとかなり遅い。

サッカー、ラグビー、アメフトの全日本選手権における実業団チームの初優勝と大学チームの最後の優勝は以下のとおり。

            サッカー(1921年開始)    ラグビー(1963年開始)   アメフト(1983年開始)
実業団初優勝   古河電工(1960年)      八幡製鉄(1964年)       レナウン(1985年) 
最後の大学優勝 早稲田大(1966年)      早稲田大(1987年)        立命館大(2008年)

サッカーでは1950年代後半から大学の日本代表クラスを補強した古河電工が1960年に初優勝。東京オリンピック後の1965年に日本サッカーリーグが始まり、社会人優位は1960年代後半にシステム面でも確定する。

ラグビーの社会人初優勝は1964年の八幡製鉄で、サッカーとほぼ同時期である。1978~1984年に新日鉄釜石が7連覇したが、釜石は地元東北の「高卒育成型」であった。サッカーにおける古河電工のような「大卒有力選手補強型」は1989~1994年に6連覇する神戸製鋼で、神戸製鋼時代以降に社会人優位が確定している。

アメフトはいまだにサッカー、ラグビー以上のカレッジ・スポーツであるが、ライスボウルが大学と社会人のチャンピオン・チーム同士の日本選手権になった1983~2011年で大学12勝社会人17勝であり、大学最後の優勝も2008年と、現在でも社会人優位が完全に確定したとはいいがたい。

|

« 牛木素吉郎「新時代を迎える日本サッカー」 | Main | 出身大学クラブ、地域クラブでもプレーしていた1950年代の社会人選手 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 牛木素吉郎「新時代を迎える日本サッカー」 | Main | 出身大学クラブ、地域クラブでもプレーしていた1950年代の社会人選手 »