« 津軽海峡秋景色 ① 新日本海フェリー「フェリーあざれあ」乗船記 | Main | 戦前の関東実業団サッカー 『朝日新聞』1941年4月18日付記事 »

津軽海峡秋景色 ② 津軽海峡フェリー「えさん2000」乗船記

Cimg1019

ルートインの無料朝食バイキング

Cimg1021

苫小牧駅から北斗4号に乗車

Cimg1023

馬産界で1人勝ちの社台ファーム

Cimg1025

室蘭港の白鳥大橋

Cimg1029

Cimg1032

Cimg1034

Cimg1035

車窓からみた駒ヶ岳

Cimg1037

Cimg1038

大沼付近

Cimg1040

函館駅

Cimg1053

朝市

Cimg1042

イカソーメン

Cimg1043

鮭ハラス焼き

Cimg1044

Cimg1045

Cimg1047

見るだけ

Cimg1060

連絡バスでフェリーターミナルへ

Cimg1062

この船に乗船

Cimg1064

車両甲板から

Cimg1065

階段を登って

Cimg1067

船室へ

Cimg1075

出航すると函館山を左舷に見て

Cimg1078

バックには駒ヶ岳

Cimg1094

Cimg1093

Cimg1090

これらのうちのどれかが仏ヶ浦だと思う

Cimg1096

下北半島のどんづまりの脇野沢 焼き干の産地

Cimg1104

青森港フェリーターミナルには暗くなった頃に到着。40分くらい歩いて青森駅へ。

Cimg1105

駅前の居酒屋でまずはビールに帆立と平目の刺身。帆立がさすがにうまかった。

Cimg1106

青森に来たからには田酒も。今は「幻の酒」だが、昔は酸ヶ湯の売店にいくらでも並んでた。

Cimg1107

イカの塩辛とねぶた漬けに喜久ナントカ

Cimg1108

じょっぱりも飲んで、シメは焼き干ラーメン

Cimg1111

21:50発の弘南バス津軽号あずましーと8500円。夜行バスに乗車するのは中村覚之助シンポで池袋から南紀勝浦まで乗車して以来。東京駅前6:30に予定より50分早着。

|

« 津軽海峡秋景色 ① 新日本海フェリー「フェリーあざれあ」乗船記 | Main | 戦前の関東実業団サッカー 『朝日新聞』1941年4月18日付記事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 津軽海峡秋景色 ① 新日本海フェリー「フェリーあざれあ」乗船記 | Main | 戦前の関東実業団サッカー 『朝日新聞』1941年4月18日付記事 »