« 1963年古河電工サッカー部の対外試合停止と代表活動 | Main | 1931年の日米野球と野球統制令 ② 野球統制令とその影響 »

1931年の日米野球と野球統制令 ① 読売新聞社の東京六大学への食い込み

読売新聞社の東京六大学への食い込み

東京六大学野球は、朝日、毎日の「色」が付いた高校野球と違って、特定新聞社(マスコミ)の色はついていない。戦前、東京六大学野球はNHKラジオで全国実況され、現在のプロ野球なみの人気を誇った。神宮球場で東京六大学野球戦を主催することは、当時の新聞社にとって「かなわぬ夢」だった。その東京六大学野球に「日米野球」というアイデアで食い込んだのが読売新聞社だった。1930年、読売新聞社は早稲田大学野球部監督、市岡忠男を運動部長に招へいする。

翌1931年、ベーブ・ルースは参加しなかったが、ゲーリック、グローブなど一流選手が参加した大リーグ選抜チームの招へいに成功した。波多野勝『日米野球史 メジャーを追いかけた70年』(PHP研究所 2001)によれば、招へい交渉は困難を極めたが、正力松太郎が外務省の白鳥敏夫情報部長に面会して、ニューヨーク総領事を通じて交渉するという外務省ルートを使った。初戦の前日の11月6日には、若槻礼次郎首相が全米チーム、六大学野球連盟幹部、白鳥を首相官邸での茶会に招待している。

全米チームは以下のスケジュールで日本チームと対戦した。

1931年11月7日(神宮) 対立大 7-0
1931年11月8日(神宮) 対早大 8-5
1931年11月9日(神宮) 対明大 4-0
1931年11月10日(仙台八木山) 対全明大 13-2
1931年11月12日(前橋敷島公園) 対全日本 14-1
1931年11月14日(神宮) 対全日本 6-3
1931年11月15日(神宮) 対全日本 11-0
1931年11月17日(松本長野県営) 対全日本 15-0
1931年11月18日(神宮) 対慶大 2-0
1931年11月19日(静岡) 対法大 8-1
1931年11月21日(名古屋鳴海) 対全慶大 5-1
1931年11月22日(甲子園) 対早大 10-0
1931年11月23日(甲子園) 対全慶大 8-0
1931年11月24日(長府) 対八幡製鉄 17-8
1931年11月26日(甲子園) 対関大 7-2
1931年11月29日(横浜公園) 対全横浜 3-2
1931年11月30日(横浜公園) 対横浜高商 11-5

全17戦のうち、社会人の八幡と全横浜、地方の関大、横浜高商を除いてすべて東京六大学または東京六大学選抜の全日本チームとの対戦であった。読売新聞社は、神宮球場での4試合(7、8、14、15日)と地方の8試合を主催した。読売は「学生野球の聖地神宮球場で東京六大学野球戦を主催する」ことを実現したのである。計12試合の収支決算を1931年12月2日付『読売新聞』紙面で社告として公表している。

総収入:283,191円70銭
 内訳:神宮球場入場料 180,756円 甲子園球場入場料 67,435円70銭 名古屋他地方契約金 35,000円 

総支出:302,655円47銭
 内訳:ハーバート・ハンター氏(米国側エージェント)への支払金 244,153円90銭 神宮球場使用料 9,037円80銭 日本選手東京合宿費、地方出張旅費、神宮球場整理員手当 14,755円15銭 米国選手歓迎費、各種メダル参加章調整費 6,480円50銭 ポスター、立看板、パンフレット、宣伝ビラ、広告その他宣伝費 28,128円12銭

差引損失:29,643円77銭

読売新聞社としては、「興行」としては赤字だったが、新聞の拡販で元はとったはずである。でなければ、3年後に再度日米野球を開催するはずがない。   

全日本チームの編成は、現在のプロ野球オールスター戦のようなファン投票で候補選手を1次選考し、その中から銓衡委員会が投票で2次選考するという方法で行われた。銓衡委員会の顔触れは以下のとおりである。(『読売新聞』1931年10月6日付)

安部磯雄(六大学リーグ会長)
平沼亮三(六大学リーグ副会長)
芦田公平(六大学リーグ主事)
武満国雄(六大学リーグ常任幹事)
直木松太郎(六大学リーグ最高委員)
河野安通志(早大野球部総務)
腰本寿(慶大野球部監督)
岡田源三郎(明大野球部監督)
藤田信男(法大野球部監督)
永田康二(立大野球部代表)
小林悟一(帝大野球部代表)
市岡忠男(読売新聞運動部長)

「夢の日米対決」を名目に、読売は東京六大学リーグの幹部役員、各大学野球部の有力者との人脈づくりに成功したのである。

全日本チームのメンバーは以下のとおり。

投手:伊達正男(早大)、若林忠志(法大)、宮武三郎(慶大OB)、辻猛(立大)、渡辺大陸(明大OB)
捕手:小川年安(慶大)、久慈次郎(早大OB)、井野川利春(明大)
一塁手:山下実(慶大OB)、松木謙次郎(明大)
二塁手:三原修(早大)、吉相金次郎(明大)
三塁手:水原茂(慶大)、角田隆良(明大)、佐伯喜三郎(早大)
遊撃手:苅田久徳(法大)、富永時夫(早大)
左翼手:松井久(明大)、井川喜代一(慶大)
中堅手:枡嘉一(明大)、楠見幸信(慶大)
右翼手:堀定一(慶大)、永井武雄(慶大OB)
ピンチ・ヒッター:佐藤茂美(早大)、森茂雄(早大OB)
ピンチ・ランナー:斎藤辰夫(立大OB)、田部武雄(明大)

全27名中現役大学生20名、OB7名。現役学生が重視されていたことがわかる。2次選考で最高得票の11票を獲得したのは、伊達正男、若林忠志、小川年安、山下実、苅田久徳、松井久、堀定一の7名であった。ちなみに、1次選考の最高得票獲得者は久慈次郎で、124,836票であった。他に10万票以上を獲得したのは、松井久、枡嘉一である。

|

« 1963年古河電工サッカー部の対外試合停止と代表活動 | Main | 1931年の日米野球と野球統制令 ② 野球統制令とその影響 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1963年古河電工サッカー部の対外試合停止と代表活動 | Main | 1931年の日米野球と野球統制令 ② 野球統制令とその影響 »