« 世界最初の国際試合(1872年)ですでにエンブレムが使用されていた! | Main | 1947年戦後第1回東西対抗サッカー »

太平洋フェリー「きそ」乗船記

Cimg2760

東北新幹線「はやて」で出発

Cimg2761

仙台で途中下車

Cimg2762

かき徳でかき時雨煮を買い、駅3Fの「あさば」で白魚天そば

Cimg2763

仙石線に乗車

Cimg2765

多賀城で下車

Cimg2766

この時点で11:00 12:50出航なのでフェリーターミナルまで徒歩で

Cimg2767

3.11では駅とフェリー・ターミナルの中間にあるこの国道も完全水没 多くの人が歩道橋で一夜を明かしたとのこと

Cimg2768

Cimg2771

まだまだがれきの山が

Cimg2772

臨港鉄道の踏み切りまで来れば、船が間近に

Cimg2777

駅から約30分で到着 道路は平坦、歩道あり、信号もあるので、天気が良くて、荷物が少なければ徒歩でも可 タクシーでも約千円弱

Cimg2778

Cimg2779

特等ツインを1人利用 この時期だと占有料金なし

Cimg2780

冷蔵庫(中はカラ)

Cimg2781

もう少しサイズが大きければうれしいTV

Cimg2782

シャワートイレ

Cimg2783

三菱重工下関造船所仕様の狭くて浅いバスタブ

Cimg2785

歯ブラシと安全剃刀

Cimg2786

ヘアドライヤ

Cimg2787

0.5度単位で室温を調整できるエアコン

Cimg2789

粉末茶と湯沸し グラスは冷蔵庫で冷やしておくとおいしいビールが飲める

Cimg2788

カードキー

Cimg2791

エレベータ

Cimg2792

ティーラウンジ

Cimg2794

ティーラウンジにある無料のティーサーバ 部屋の冷水はカビ臭いにおいがするので、ペットボトルでここで給水し、冷蔵庫で冷やしておけばおいしい冷水が飲める。9.11以前は船長トークというイベントがあったが、そのときの話では、太平洋フェリーでは水道料金が安くて水質も良い苫小牧(支笏湖の湧き水が上水道源とか)で給水しているそうな。

Cimg2793

プロムナード

Cimg2795

パブリック・スペースが多いので、2等や2等寝台でもそれなりに船旅を楽しめそう

Cimg2796

売店 北海道航路なので、サッポロクラシック、白い恋人、じゃがぽっくるなども買える

Cimg2799

Cimg2829

展望大浴場 窓のあるサウナ付き 気泡ブロ、気泡寝湯などがあり、ミニ健康ランド 

Cimg2800

がんばっぺ東北

Cimg2830

キッズルーム

Cimg2801

特等室の廊下

Cimg2803

Cimg2806

12:50出航 デッキに出る 翌日10:30名古屋着

Cimg2808

Cimg2809

船首が車両乗降口なので、タグボートが船尾を引っ張って180度回 出航時のBGMウインナーワルツがこの旋回にピッタリはまる

Cimg2812

売店で買ってきたサッポロクラッシクとかき徳のかき時雨煮でますは一杯

Cimg2813

宮城ローカル民放で大宮の連勝がストップした試合をやっていたので観る 2-1で仙台がリードし、大宮が猛攻した最後10分のところで福島県内に入って放送が切り替わってしまった

Cimg2814

午後の無料コンサート 20:00にもあったが、浦和vs鹿島(どっちも負けろ!)が面白かったのでパス オフサイド判定で試合が壊れたのは残念

Cimg2817

夕食バイキング2,000円+大ジョッキ950円 バイキングなのでこの皿だけでなくお代わりも

Cimg2818

朝食バイキングは船賃込み(クルーズパック16,200円) 前夜食いすぎのためこの皿のみで勘弁しといてやったw

Cimg2824

三島由紀夫『潮騒』の舞台、神島 以前ここの旅館に泊まったことがあるが、新鮮な刺身だけで腹一杯に

Cimg2827

その反対側は伊良子岬

Cimg2837

Cimg2840

名港トリトンをくぐって

Cimg2846

名古屋港フェリーターミナルに

Cimg2849

バスの時間がありすぎなので、歩いて地下鉄駅まで

Cimg2850

Cimg2852

この辺はラムサール条約に登録された藤前干潟

Cimg2853

あおなみ線野跡(のせき)駅に徒歩25分で到着

Cimg2856

名古屋からはJR東海バスの中央ライナーで

Cimg2857


Cimg2863


Cimg2867

中央道は東名より景色がよい

|

« 世界最初の国際試合(1872年)ですでにエンブレムが使用されていた! | Main | 1947年戦後第1回東西対抗サッカー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 世界最初の国際試合(1872年)ですでにエンブレムが使用されていた! | Main | 1947年戦後第1回東西対抗サッカー »