« 2013年秋北海道紀行 ② 小樽「民宿青塚食堂」宿泊記 | Main | 歴代移籍金レコードホルダー »

2013年秋北海道紀行 ③ 新日本海フェリー「ゆうかり」乗船記

Cimg3795

Cimg3796

祝津から小樽駅経由で新日本海フェリー・ターミナルまでバスで(210円+210円)。

Cimg3836

Cimg3835

5Fのドアを開くと。

Cimg3797


Cimg3798

今回唯一のゴージャス、スイートルーム。

中国の格言に曰く、

寧為鶏口無為牛後

意訳:クルーズ船のステートルームよりフェリーのスイートルーム。

Cimg3799

洗面所。

Cimg3801

展望風呂。

Cimg3802

展望シャワーブース。

Cimg3803

トイレ。

Cimg3804

アメニティ。

Cimg3805

リビングからデッキを。

Cimg3806

プライベート・デッキ。
デラックスAもデッキ付きだが、椅子とテーブルがなく、甲板も木ではない。

Cimg3807

リビング。

Cimg3808

ベッドルームにライティング・デスクもあり。

Cimg3809

冷蔵庫。
お茶とミネラル・ウォーターはサービス。

Cimg3810

日東紅茶のティーバッグ、ネスカフェ、粉末クリープ。緑茶ティーバッグ。

Cimg3811

浴衣とバスローブ。

Cimg3812

上から目線で下層デッキを見下ろすの図w

Cimg3813

さっそく熱めの風呂に入り、バスローブをはおってデッキに出て、売店で買っておいたビールを「プハーッ」。

これぞ船旅の醍醐味。

Cimg3814

小樽港出港。

Cimg3815

祝津を海上から。昨晩泊った青塚食堂は隠れてる。

Cimg3816

祝津灯台。

Cimg3817

積丹半島沿いを進む。
この航路の船室は左舷でないと意味がない。ネット予約だと左舷指定ができないので、電話で予約した。

Cimg3818

Cimg3819

正午ころ積丹岬沖を通過。

Cimg3820

運賃に含まれているグリルの昼食メニュー。

Cimg3821

稲庭うどん。

Cimg3822

てんぷら。

Cimg3823

焼き鯖寿司。

Cimg3824

水菓子。

Cimg3826

昼食を終えた頃、神威岬を通過。神威岩は40mくらいある。

Cimg3829

午後のティータイム。

Cimg3831

Cimg3832

茂津多岬灯台。
海面から塔頂までの高さは290mで日本一。

Cimg3834

デッキには屋根と電灯がある。

Cimg3837

5Fシアタールーム入口。
コンサートや映画上映あり。

Cimg3838

階段。

Cimg3839

4Fカフェ。

Cimg3840

4Fプロムナード。

Cimg3841

4F売店入口。サッポロクラシックや新潟の地ビールあり。

Cimg3842

4Fグリル入口。

Cimg3843

4F大浴場入口。
スチームサウナあり。

Cimg3844

給湯室。冷水器もあり。

Cimg3845

フォワードサロン。
夏期以外は窓が覆われていることが多い。

Cimg3846

サイドデッキ。
風が強くなるとすぐ閉鎖になるので、プライベート・デッキのありがたみが増す。

Cimg3847

スポーツルーム。

Cimg3848

ゲームコーナー。

Cimg3849

レストラン入口。

Cimg3851

3Fカウンター。

Cimg3852

エレベータ。

Cimg3853

3Fマガジン新聞ラック。

Cimg3854

3Fキッズルーム。

Cimg3855

乗船記念コーナー。

Cimg3856

コンサートのお知らせ。午前中にビンゴ大会もあった。
スイートルームから出るのがもったいなかったのでw、どちらも参加しなかった。

Cimg3858

Cimg3859

Cimg3860

4F後部デッキ。サイドデッキが閉鎖されても、こちらは開放。ジンギスカンは終了した模様。

Cimg3861

運賃に含まれるグリルの夕食メニュー。

Cimg3862

冷酒(800円)も注文。

Cimg3863

スズキのカルパッチョ。

Cimg3865

枝豆の冷製ポタージュ。

Cimg3867

六角堂。

Cimg3868

洋風茶漬け コンソメベース。

Cimg3869

アイスクリームとメロン。

Cimg3870

コーヒー。

Cimg3866

グリルは右弦にあり、食事中渡島大島が見えた。

Cimg3872

僚船「らいらっく」との反航。

Cimg3873

サンフレッチェ対FC東京の低調チーム同士の試合をBSで放映していたのでテレビ観戦。急に眠くなってそのまま就寝。

Cimg3889

新潟港外でモーニングコーヒー。

Cimg3892

新日本海フェリー・ターミナル。

Cimg3893

佐渡汽船のフェリーとジェットフォイル。

Cimg3894

信濃川上流をのぞむ。

Cimg3895

万代町バス停より新潟駅方面。
末広橋バス停には新潟駅行き(臨港線)と市役所行き(船江町線)の2つある。市役所行きも万代町で下車すれば新潟駅まで徒歩5分くらいなので、早く来た方に乗るのが賢明。

Cimg3896

末広橋6:21発の市役所行きに乗車して約10分の万代町で下車(200円)すれば、6:40頃には新潟駅着。

Cimg3897

18切符で7:06発長岡行きに乗車。
長岡着8:24で、8:29発水上行きに連絡。さらに水上駅で高崎行きに連絡しており、午前中に高崎まで到着可。

末広橋で市役所行きに乗車するのが小樽→東京格安移動のポイント。
新日本海フェリーツーリストJ(6,300円)+新潟交通(200円)+18切符1日分(2,300円)=8,800円

土日祝日は末広橋バス停で新潟駅行き(臨港線)バスまで待つと7:06発長岡行きはつかまえられない。

Cimg3899

ループ線から湯檜曽方面を。
この後左にトンネル内をループして、下の線路に出る。

Cimg3901_2

11:30過ぎに高崎到着。

Cimg3900

湘南新宿ライン小田原行きは12:14発。時間があるので駅ラーメン400円。
14:00過ぎには渋谷着。自宅には15:00前に帰宅。涼しい北海道から猛暑の東京に帰って死にそうになった。

おそるおそるヘルスメータに乗ると・・・

春北上して北の幸を喰らって丸々と太り、秋南下するカツオを「戻りガツオ」というそうだが、人間は・・・


|

« 2013年秋北海道紀行 ② 小樽「民宿青塚食堂」宿泊記 | Main | 歴代移籍金レコードホルダー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2013年秋北海道紀行 ② 小樽「民宿青塚食堂」宿泊記 | Main | 歴代移籍金レコードホルダー »