« 台風が近づいてますが | Main | 2013年秋北海道紀行 ② 小樽「民宿青塚食堂」宿泊記 »

2013年秋北海道紀行 ① 津軽海峡フェリー「ブルードルフィン」乗船記

Cimg3685

東京駅八重洲バスセンター21:30発「津軽号」 あずましーと+フェリー乗船券で9,800円

Cimg3694

翌朝7:00前に青森港フェリーターミナルに直接到着。10:00発まで3時間。

Cimg3690

これから乗船する「ブルードルフィン」はすでに待機。

Cimg3695

社名は変われど。

Cimg3691

昨年乗船した「えさん2000」と青函フェリー「あさかぜ5号」が並んでいる。

Cimg3696

Cimg3697

8:00に売店開店。伯養軒とりめし650円の朝食。

Cimg3698

Cimg3699

車両甲板からエスカレータで。

Cimg3700

Cimg3701

夜行バス明けなのでまずはシャワー。石鹸、シャンプーあり。女性用シャワールームも男性の反対側にあったが、遮蔽物はカーテンのみのようなので、よほど度胸がすわってないと利用できないのでは。

Cimg3722

Cimg3734

「前職」は国際航路だったので、パブリック・スペースは充実。貨物船のような「えさん2000」と同運賃なので、乗るなら絶対こっちがよい。

Cimg3709

日本で最初にドッグ・バルコニーを設置。

Cimg3703

青函フェリー「3号はやぶさ」。他の船のレベルがレベルなので、当分津軽海峡のクィーンの座は安泰。

Cimg3705

2本煙突の雄姿。

Cimg3711

Cimg3712

Cimg3713

右舷方向は下北半島の絶壁。

Cimg3714

左舷方向は竜飛崎。

Cimg3717

右弦方向に大間崎。

Cimg3719

陸奥湾を出て津軽海峡へ。

Cimg3718

右舷方向に恵山岬と恵山。

Cimg3723

前方に函館山。

Cimg3727

函館山を右に見て。

Cimg3728

函館ドック。護衛艦の後ろに「ナッチャンWorld?」がまだいた。

Cimg3731

津軽海峡フェリーの函館港フェリー・ターミナル。

Cimg3732

青函フェリーの函館港フェリー・ターミナル。青森港は一緒だが、函館は離れているので要注意。

Cimg3733

接岸。

Cimg3736

シャトルバスで函館駅へ(300円)。

Cimg3737

駅前のルートインにチェックイン。11Fの部屋からかろうじて海が見えた。

Cimg3738

Cimg3743

13Fの大浴場。茶色の温泉。

Cimg3740

13Fから函館山方面の展望。

Cimg3741

同津軽海峡方面。下北半島が見える。

Cimg3742

函館市電も。

Cimg3749

ホテルから徒歩数分の大門横丁へ出撃。炉辺焼き「大謀」さんへ。

Cimg3744

まずは烏賊刺しゴロ付き。この量で550円!

Cimg3745

締めさば600円。ほとんど酢を効かしておらず、トロのようにやわらかい。

Cimg3746

宗八カレイ焼き値段忘れた。丁寧に焼いてあり、縁側の小骨を気にせず、きれいに食べられた。

Cimg3747

サービス?のフルーツトマト。甘い。突き出しの枝豆も量があって、かなりおなかいっぱいになった。生ビール2杯、鶴の友純米1杯でしめて3,500円。うそみたいに安かった。

Cimg3748

シメは同じ横丁の龍鳳で塩ラーメン700円。

|

« 台風が近づいてますが | Main | 2013年秋北海道紀行 ② 小樽「民宿青塚食堂」宿泊記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 台風が近づいてますが | Main | 2013年秋北海道紀行 ② 小樽「民宿青塚食堂」宿泊記 »