« 2013年年末船旅 ② 防予汽船「おれんじじゅぴたー」乗船記 | Main | 初詣 »

2013年年末船旅 ③ スオーナダフェリー「ニューくにさき」、若戸渡船「くき丸」乗船記

Cimg5161

徳山港停泊中の「ニューくにさき」。7:20の次発は12:00なので、徳山に前泊して7:20便に乗船した。この航路は初乗船。

Cimg5162

Cimg5163

Cimg5164

船室。

Cimg5165

デッキ。

Cimg5166

Cimg5168

Cimg5171

徳山は典型的な臨海工業地帯。出光興産の徳山製油所は来年3月で原油精製を終えるそうだ。

Cimg5172

Cimg5173

周防灘の名のとおり、徳山を出ると島影は見られなくなる。瀬戸内海にしては結構なうねりで、最近にないローリング、ピッチングを経験した。

Cimg5174

姫島。

Cimg5176

Cimg5177

国東半島の竹田津港。

Cimg5178

下船すると待合室への通路に猫がいた。

Cimg5179

後ろからみたところ。船で行ってしまって帰らぬ主人を待つ忠猫の風情。

Cimg5181

宇佐までのバスに時間があるので待合室で待機。

Cimg5180

このあたりの名産はタコだそうで、売店で干物を売ってた。

Cimg5182

待合室にも売店兼食堂で飼ってるらしい人懐こい猫がいた。

Cimg5183

宇佐行きのバスに乗車。

Cimg5184

海岸沿いの景色のいいところを走行。

Cimg5185

宇佐駅からJR九州の特急に乗車。

Cimg5186

床は木材、リッチな感じの座席で、優しいインテリア。

Cimg5187

小倉で下車。コインロッカーに荷物を預ける。

Cimg5188

本日のランチは小倉駅の立ち食いうどん。かしわうどん350円にごぼ天80円のトッピング。朝飯は前日コンビニで買ったパンだった。

Cimg5189

以前北九州に来たときは門司港、小倉城方面だったので、今回は洞海湾方面へ。再びJRに乗車して戸畑駅で下車。

Cimg5190

駅前から若戸大橋方面をみたところ。

Cimg5191

若戸渡船の戸畑側待合室は若戸大橋の真下にあるのでわかりやすい。

Cimg5192

片道100円。

Cimg5193

会員募集中。

Cimg5194

「くき丸」に乗船。

Cimg5195

「くき丸」概要。

Cimg5196

船室。

Cimg5197

若松に向けて出航。

Cimg5199

若戸大橋と並行。

Cimg5200

若松に着岸。

Cimg5201

若松側からみた若戸大橋。

Cimg5202

若松駅方向の洞海湾をのぞむ。

Cimg5203

Cimg5204

Cimg5205

古い建築。一番下は「石炭会館」。

Cimg5206

Cimg5207

ごんぞう小屋。冲仲仕(港湾荷役労働者)が寝泊まりした。子供のころ神戸港にはまだ冲仲仕がいて、ごんぞう部屋もあった。港湾荷役が機械化(コンテナ化)されて消滅。

Cimg5208

Cimg5209

船具店と製帆所。

Cimg5212

Cimg5211

若松駅と駅前の蒸気機関車。

Cimg5213

Cimg5214

筑豊線の若松-折尾間は電化されておらず、ディーゼル車が走行。

Cimg5215

Cimg5216

Cimg5218

折尾駅。日本最初の立体交差駅。

Cimg5217

駅前にいい感じの飲み屋街が。手前はどぶ川のように見えるが、かつては運河だったレッキとした産業遺産だそうだ。

Cimg5219

再び小倉駅へ。駅前商店街を10分ほど歩いたところに旦過市場がある。

Cimg5220

Cimg5221

鮮魚店。玄界灘の鯖が旨そうだ。

Cimg5222

Cimg5223

旦過市場の名物鰯、鯖の糠味噌炊き。「百年床」の店以外にも数店ある。


|

« 2013年年末船旅 ② 防予汽船「おれんじじゅぴたー」乗船記 | Main | 初詣 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2013年年末船旅 ② 防予汽船「おれんじじゅぴたー」乗船記 | Main | 初詣 »