« 温泉津温泉紀行 ② 温泉津温泉「長命館」宿泊記 | Main | 温泉津温泉紀行 ④ 現存12天守11天守目 備中松山城 »

温泉津温泉紀行 ③ 松江堀川遊覧船「ほりかわ38」乗船記

Cimg6811

温泉津駅から米子行快速列車に乗車。

Cimg6814

左手に宍道湖を見て。

Cimg6815

松江で下車。本日宿泊の駅前ドーミーインに荷物を預けた。

Cimg6816

観光ポイントを巡るレイクラインバスの1日乗車券(500円)を購入。この乗車券でお城や武家屋敷、小泉八雲旧居、遊覧船などほとんどの観光スポットが割引の対象となるので、セット券を買うよりお得。

Cimg6817

バスで小泉八雲旧居前で下車。

Cimg6818

Cimg6828

Cimg6819

武家屋敷の隣の八雲庵に。観光スポットのど真ん中なので開店直後に入店。案の定すぐ満員になった。

Cimg6820

店の看板メニューは鴨南蛮だそうだが、出雲に来て割子蕎麦を食わないわけにいかない。5皿で1,350円。

Cimg6821

1番上は薬味。

Cimg6822

茎山葵。

Cimg6823

葉山葵。

Cimg6824

とろろ。

Cimg6825

鶉卵。

Cimg6826

大根おろし。

Cimg6827

蕎麦湯。観光地にありながらちゃんとした蕎麦だった。

Cimg6830

武家屋敷。6百石クラスの武士の住宅。塩見という姓の武士がここにいたので、このあたりは塩見縄手とよばれるようになったそうだ。

Cimg6831

Cimg6832

Cimg6833

Cimg6835

間取りは狭いがこれら以外にも部屋が多数。

Cimg6846

台所。

Cimg6844

風呂。

Cimg6840

邸内の井戸。

Cimg6845

長屋門。

Cimg6847

Cimg6848

中間部屋としても使用された。

Cimg6849

Cimg6850

小泉八雲旧居は以前に入ったことがあったのでパス。

Cimg6851

お濠沿いに前進。

Cimg6852

搦手口から松江城へ。

Cimg6859

天守閣。現存12天守の1つ。重文だが地元は国宝化を運動している。

Cimg6860

天守閣の中の井戸。

Cimg6861

鯱。

Cimg6863

石落し。

Cimg6864

江戸時代の松江城下。外堀の南側にさらに橋が1本しかかっていない大橋川があり、南側からの攻撃には強そうだ。

Cimg6870

最上階。

Cimg6865

Cimg6866

Cimg6867

Cimg6868

4方を。

Cimg6869

宍道湖も。

Cimg6872

Cimg6873

城の正面の大手方面へ。

Cimg6875

松江城を築城した堀尾吉晴像。

Cimg6876

近くにもう1つ銅像があった。なんと第2代体協会長岸清一であった。県庁の真ん前だが、政治家でない民間人の像を松江市の開祖と同等扱いしている。

Cimg6878

天気がいいので甲羅干ししている亀多数。

Cimg6879

松江城の内外堀を1周する堀川めぐり遊覧船。

Cimg6907

「ほりかわ38」に乗船。割引で1020円。「1日乗船券」で17時まで、好きな乗船場(3か所ある)で乗降できる。

Cimg6880

Cimg6881

城の南、大手側には石垣がある。

Cimg6882

裏側は石垣がない。金欠で作れなかったそうだ。

Cimg6884

Cimg6885

Cimg6886

船上から見た塩見繩手。

Cimg6888

カワウがいた。

Cimg6893

鬱蒼とした内堀から。

Cimg6895

官庁街となっている外堀を経て。

Cimg6899

Cimg6900

大手方面へ戻る。

Cimg6901

Cimg6904

船上から天守閣が見えるポイントがある。遊覧船はすべて逆時計回りなので、乗船のコツは進行方向の左側の席をとることが肝心。そこを考えて「始発」の大手前から乗船した。

Cimg6910

バスは3回以上乗らないと損なので、藩主の菩提寺、月照寺にも行ってみた。

Cimg6912

Cimg6913

藩祖松平直正墓。

Cimg6914

Cimg6915

Cimg6916

7代松平治郷(不昧公)墓。著名な茶人だったので、廟門の彫刻も凝ったものだそうだ。

Cimg6917

Cimg6918

小泉八雲の怪談に出てくる大亀。

Cimg6922

Cimg6923

きれいに整備された境内と庭。

Cimg6924

宝物殿にある雷電為右衛門の手形。雷電は不昧公のお抱え力士。

Cimg6908

Cimg6909

この手形をもとにした雷電の碑もある。

Cimg6926

再びバスで宍道湖大橋北詰で下車、宍道湖畔へ。宍道湖大橋を渡る。

Cimg6932

宍道湖と中海をつなぐ大橋川を隔てて、地酒「国輝」の蔵元。

Cimg6933

高級旅館「皆美館」。1階に展望のいいレストランがある。20年以上前にここでイワガキや宍道湖七珍、鯛めしをさんざん飲み食いしてカードで決算しようとしたら、クレジットカードはなんと地銀の山陰合同カードしか使えなくて往生した。閉店したが赤坂見附に支店の「皆美」があって、歓送迎会などによく利用した。

Cimg6934

ドーミーインにチェックイン。バスはTV付き。

Cimg6935

Cimg6936

さんざん歩いたので、飲み屋街まで出る気がなくなり、駅前の居酒屋を探すが、チェーン店ばっかり。一畑百貨店の蕎麦屋で昼に続いて割子蕎麦の夕食となった。ふつう私鉄系百貨店は自社ターミナルにあるものだが、一畑百貨店は一畑電鉄松江しんじ湖温泉駅でなく、JR松江駅の駅前にある。このへんが地方私鉄の苦しいところであろう。

|

« 温泉津温泉紀行 ② 温泉津温泉「長命館」宿泊記 | Main | 温泉津温泉紀行 ④ 現存12天守11天守目 備中松山城 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 温泉津温泉紀行 ② 温泉津温泉「長命館」宿泊記 | Main | 温泉津温泉紀行 ④ 現存12天守11天守目 備中松山城 »