« British Newspaper Archiveにおける「football」の初出 | Main | コンテンツを改訂しました »

徳島阿房バス・船 海部観光「マイフローラ」乗車記・オーシャン東九フェリー「おーしゃんのーす」乗船記

Cimg8468

新宿高速バスターミナル22:10発「マイフローラ」。以前乗車した青森行き「津軽号」と同時刻発車。3連休前の金曜日ということもあり、1か月前の発売日に残席1だったのを確保。

Cimg8469

ピンボケですいません。2列シートで1台定員12名。シート・ピッチは縦横とも十分。電動のフルリクライニングにすると、ほぼ平坦に近い感覚。TV付き。

Cimg8470

横の席を外から。個室感覚になれる。

Cimg8471

TVにはナビ画面もあり。ずっとこれを観ていた。各席にヘッドフォン、おしぼりあり。

Cimg8472

トイレ、洗面の広さも十分。トイレの部分は床暖房。途中2か所で15分ほどのトイレ休息があったが、座席で十分体を伸ばせ、車内で楽に用もたせたので、車外には出なかった。

Cimg8474

大鳴門橋通過。

Cimg8478

小鳴門橋通過。

Cimg8480

Cimg8479

吉野川通過。

Cimg8481

海部観光徳島駅前営業所。無料シャワー室、無料マッサージチェアのある休息室あり。

Cimg8482

シャワーは順番待ちだったので、新町川の先にあるサウナへ(早朝料金1000円)。本日の予定はオーシャン東九フェリー乗船のみなので、時間はたっぷりある。

Cimg8483

サウナを出て、近くの新町川べりで風にあたる。

Cimg8484

Cimg8485

新町川にかかる橋の上から徳島駅方面と反対の眉山方面。

Cimg8486

駅前に戻って、タリーズでモーニングセット。

Cimg8487

2食分の食料を調達して、駅から徳島市バスで。

Cimg8488

オーシャン東九フェリー・ターミナルへ。

Cimg8494

Cimg8493

「おーしゃんのーす」はすでに入港。

Cimg8495

Cimg8496

Cimg8497

関東にせよ北九州にせよアウェー戦にフェリーを使うのはダイヤ的に厳しい感じ。

Cimg8545

Cimg8546

南海フェリーが見える。河口にあって、長距離フェリーと近距離フェリーのターミナルがあるところが新潟と共通。

Cimg8547

乗船。2等寝台のモノクラスという人民船。

Cimg8552

レストランはなく、自動販売機のみ。

Cimg8551

プロムナード。パブリック・スペースは十分。

Cimg8566

桟敷スペース。

Cimg8568

フォワード・サロン。主にここで過ごした。

Cimg8556

Cimg8559

デッキがやたら広い。

Cimg8564

特筆すべきはフォワード・サロンの船首側にもデッキがあって、1周できる。太平洋フェリーの先代「きそ」も周回できたような記憶がある。

Cimg8565

前方デッキから船首を。船長気分になれるw

Cimg8554

11:30出航。

Cimg8549

Cimg8550

昼飯は徳島駅弁。

Cimg8569

Cimg8570

出航してすぐに僚船「おーしゃんさうす」と反航。

Cimg8572

白浜の温泉街。

Cimg8581

本航路最大のビュー・ポイント潮岬と潮岬灯台。

Cimg8588

日没。

Cimg8575

徳島駅のキオスクで駅弁と一緒に購入したジャンキーな夕食。

Cimg8573

徳島名物フィッシュカツ。

Cimg8574

同じく竹ちくわ。ちくわの漢字表記が竹輪であることを実物考証できる、練り物界のカブトガニ。

Cimg8591

翌早朝、東京湾。

Cimg8602

Cimg8605

日の出。

Cimg8606

Cimg8607

Cimg8609

レインボーブリッジ通過。

Cimg8608

スカイツリー遠景。

Cimg8613

東京港フェリー・ターミナルへ。ボーディング・ブリッジがなく、下船は車両甲板からワゴンで。船内で予約していたりんかい線国際展示場前行きのワゴンにさらに乗り換え、りんかい線、山手線経由で渋谷から帰宅。

|

« British Newspaper Archiveにおける「football」の初出 | Main | コンテンツを改訂しました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« British Newspaper Archiveにおける「football」の初出 | Main | コンテンツを改訂しました »