« 1927年の日本代表初勝利とチョウ・ディン | Main | 飯田線鈍行544M紀行 »

『Japan Weekly Mail』1904年2月上半期のフットボール記事

昨日は、午後排水溝清掃ということで1日中家にいたので、今日はでかけることにした。

Cimg9738

三軒茶屋でみなとみらい線のフリー切符を買って、日本大通り駅へ。

Cimg9739

Cimg9740

Cimg9741

横浜開港資料館。

以前、一度来館して横浜発行の英字紙『Japan Gazette』紙の1904年2月分が欠号なのは確認済み。慶應義塾体育会蹴球部黒黄会編『慶應義塾体育会蹴球部百年史』(慶應義塾大学出版会 2000)によれば、1901(明治34)年12月7日の日本人最初のラグビー試合、YCAC対慶應戦は『Japan Gazette』に詳報されているとのことなので、日本人最初のサッカー試合、1904(明治37)年2月6日のYCAC対東京高師戦も同紙に掲載されている可能性が高いのだが。

そこで、1904年2月分が揃っている、同じく横浜発行の英字紙『Japan Weekly Mail』の1904年2月上半期分のフットボール記事を探してみた。

『Japan Weekly Mail』はその名のとおり週刊新聞。試合当日の1904年2月6日付には「Football」と題する記事があった。

Cimg9755

“FOOTBALL

-------------

On Saturday afternoon a football match under Association rules was played by the boys attending St. Joseph's Institute and the Modern School, resulting in a win for former by 4 goals to 1. The game was well contested and was watched with much interest by many specttors, although the ground was slippery on account of the drizzling rain. The following were the respective teams:--

St. Joseph's Institute : --R. Brinkmeir, Goal ; Ch. Oberlein(capt), D. Curtis, Full Backs ; H. Jubin, Ch. Hornstein, W. Watt, 1/2 Backs ; E. Andreis, Wm. da Costa, J. Botelho, Geo. Wlaker, M. Luther, Forwards. (Subs.) P. Holm and J. da Costa, Jr.

Modern School : --P. Gorman, Goal ; A. Bishop, A. Worden, Full Backs ; C. Bagnall, G. Upton, W. Stone, 1/2 Backs ; S. Vincent, A. Scott, M. Worden, A. Gorman, W. Gray, Forwards. (Sub.) L. Booth.”  

セント・ジョセフ学園対モダン・スクールの学校対抗戦で、FAルールで実施、メンバーまで記載されている。1904年2月6日は土曜なので、「On Saturday afternoon」は1月30日午後であろう。

大本命の翌週、1904年2月13日付にもフットボール記事はあった。

Cimg9754

「News of the week」という雑記事でタイトルはなし。

“The game of football played in Yokohama on Thursday (Bank Holiday) under Association rules, was between Whites and Colours, and resulted in favour of the latter by three goals to two.”

1904年2月11日(木)にWhites対Colours戦があり、結果は3-2でColoursの勝ち。YCAC対東京高師戦が掲載されるとすればこの記事の前後のはずだが、それだけのニュースバリューがなかった、ということか。

Cimg9744

横浜開港資料館の前の道を渡れば大桟橋。

Cimg9742

「ロイヤルウイング」は元関西汽船「くれない丸」。かつては瀬戸内海の女王といわれた関西汽船のフラッグ・シップ。新婚旅行先のメインが九州だったころの1960年阪神・別府航路に就航。この船に乗るには1970年代で「観光船料金」1,500円必要だったので、残念ながら乗船したことがないw

Cimg9746

赤レンガ倉庫、みなとみらい方面。

Cimg9748

1駅バックして馬車道駅で下車。勝烈庵本店へ。

Cimg9747

勝烈定食1,500円とビール。

Cimg9750

さらに元町・中華街駅へ。同發本館。

Cimg9749

店頭で売ってる腸詰を買って帰宅。


|

« 1927年の日本代表初勝利とチョウ・ディン | Main | 飯田線鈍行544M紀行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1927年の日本代表初勝利とチョウ・ディン | Main | 飯田線鈍行544M紀行 »