« 御影師範学校蹴球部終焉の背景 | Main | 長崎から船に乗って ② 九州商船「ぺがさす2」・野母商船「太古」乗船記 »

長崎から船に乗って ① 長崎まで

以前、

東京→(JR寝台特急「桜」)→長崎→(九州商船JF)→福江(泊)→(野母商船「太古」)→博多→(JR新幹線)→小倉→(関西汽船)→松山→(JR在来線)→新居浜→(四国開発フェリー「おれんじ8」)→大阪→(南海電鉄)→和歌山→(南海フェリー)→徳島(泊)→(オーシャン東九フェリー)→東京

という旅行をしたことがある。

「太古」が新船になったとのことなので、それをメインに、小倉からは、(阪九フェリー)→泉大津→(南海)→難波→(近鉄)→鳥羽→(伊勢湾フェリー)→伊良湖→(バス)→豊橋→(JR新幹線)→東京、にアレンジしてみた。

Cimg9346

Cimg9347

「桜」は消滅したので、品川発6:07「のぞみ1号」で博多まで。

Cimg9348

朝食。

Cimg9350

上の方は冠雪している富士山。

Cimg9351

博多発11:15「かもめ19号」。

Cimg9352

Cimg9353

博多駅弁の昼食。

Cimg9354

サガン鳥栖のホーム、ベストアメニティスタジアム。阪神電鉄が建てた甲子園球場より駅に近いぞ。

Cimg9355

有明海。「桜」は九州に入って、JR九州の特急3本に抜かれるありさまで、「廃止やむなし」という感じだった。長崎に近くなるほどスローダウンして、新日本海フェリーに抜かれそうなスピードだったが、単線の上に急カーブが多く、「かもめ」も最後の方はヘロヘロに。

Cimg9358

終着駅の図。

Cimg9360

長崎駅。前日の夕方出発の「桜」とほぼ同時刻に長崎着。前回は駅から波止場に直行し、長崎はスルーしたが、今回はホテルに荷物を預けて長崎観光。

Cimg9412

出島があった同じ場所に同じ建物を復元するプロジェクトが進行中。

Cimg9363

Cimg9364

Cimg9366

Cimg9367

オランダ人は畳の上に椅子やテーブル、ベッドを置いて生活してたそうだ。

Cimg9372

Cimg9373

Cimg9374

燭台は当時と同じものをヨーロッパの骨董屋から買い付けたとのこと。

Cimg9377

Cimg9378

Cimg9379

メインストリートに相当する左右の道は江戸時代当時のままだそうだ。

Cimg9383

出島を出て、徒歩でグラバー園方面へ。オランダ坂。左は活水女子大学。

Cimg9384

長崎ちゃんぽんの元祖、四海樓ビル。中央に吹き抜けの無意味な階段があって、新興宗教ちゃんぽん教の神殿みたい。

Cimg9385

大浦天主堂。

Cimg9386

グラバー園は坂の上にグラバー邸をはじめとする長崎の西洋建築群があるので、まず最初にエスカレータで頂上に登り、順路に従って降りてくる。

Cimg9387

Cimg9388

対岸に三菱重工長崎造船所。

Cimg9389

Cimg9393

Cimg9394

グラバー邸以外の西洋建築も移築されてる。

Cimg9395

日本最初のテニスコートがあったとのこと。

Cimg9396

Cimg9397

グラバー邸。

Cimg9399

Cimg9400

Cimg9402

グラバー邸の内部。

Cimg9401

隠し部屋もあった。幕末の志士を匿ったかもしれないとのこと。

Cimg9408

帰路はトラムに乗ってみた。120円均一と格安。

Cimg9410

ホテルに近い大波止に行く路線ではなかった。適当なところで降りてみる。

Cimg9413

Cimg9414

Cimg9415

眼鏡橋にも行ってみた。

Cimg9416

ホテルにチェックインして夕食は新地中華街へ。

Cimg9420

江山楼。

Cimg9417

ビールに。

Cimg9418

焼売(500円)。

Cimg9419

特製ちゃんぽん(1500円)。並との違いは具の差だそうだ。長崎出身の人が本場のちゃんぽんには牡蠣が入っていると言っていたが、それはなかった。前に福江の居酒屋で突き出しに指先くらいの小さな牡蠣が出て、大変旨かったのでお代わりしたが、多分その牡蠣だと思う。

Cimg9424

泊まったホテルは九州商船系列。屋上を開放しているとのことなので登ってみた。

Cimg9421

Cimg9422

Cimg9423

ホテルの屋上からみた長崎の夜景。

Cimg9425

朝、泊まった部屋の窓から波止場が見える。竹芝の島嶼会館みたいに利用されているのだろうか。シスターが同宿していた。部屋の内部の写真がないが、九州商船クオリティとだけ・・・



|

« 御影師範学校蹴球部終焉の背景 | Main | 長崎から船に乗って ② 九州商船「ぺがさす2」・野母商船「太古」乗船記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 御影師範学校蹴球部終焉の背景 | Main | 長崎から船に乗って ② 九州商船「ぺがさす2」・野母商船「太古」乗船記 »