« 明治期における書名「遊戯法」図書の出版年別分布 | Main | 小豆島・本島紀行 ② 四国フェリー「スーパーマリン」・本島汽船「ほんじま丸」「ブルーオーシャン2」乗船記 »

小豆島・本島紀行 ① 小豆島フェリー「第三おりいぶ丸」乗船記

Cimg1375

品川駅発6:57。

Cimg1376

のぞみ7号で出発。

Cimg1377

Cimg1378

朝食はしらす弁当。

Cimg1379

姫路で下車。

Cimg1380

神姫バスで姫路港へ。神姫バスは私の子供のころからずうっとこのカラーリングのような。

Cimg1384

姫路港ターミナルビル。

Cimg1381

小豆島航路だけでなく家島諸島航路もあり。

Cimg1382

家島諸島航路の船。

Cimg1385

接岸する「第三おりいぶ丸」。

Cimg1386

「第三おりいぶ丸」全景。

Cimg1387

船内。全面展望の椅子席。左半分は女性専用席。

Cimg1388

サロン風席。

Cimg1389

桟敷席。

Cimg1391

Cimg1392

展望デッキ。

Cimg1395

全面展望椅子席の一番前にいた。着席すると手すりが目線の位置にきて邪魔。昼食はきつねうどん。

Cimg1397

航路は家島諸島の西島と院下島の間を通る。

Cimg1396

左舷に西島。

Cimg1399

右舷に院下島。

Cimg1400

僚船との反航。

Cimg1404

福田港。

Cimg1405

小豆島オリーブバス南廻り福田線に乗車。

Cimg1406

車内。スーツケースの2人は中国人観光客。

Cimg1408

Cimg1410

景色の良い路線なんだけど雨で残念。

Cimg1413

高松・草壁航路のフェリー。

Cimg1416

14:00頃土庄着。宿泊するオーキドホテルに荷物を預け、雨の中を散策に。

Cimg1417

高速艇ターミナル前の二十四の瞳像。

Cimg1418

土庄中心部までかなり距離がある。

Cimg1419

Cimg1420

醤油醸造場。

Cimg1421

Cimg1426

Cimg1427

Cimg1425

世界一狭い海峡、土渕海峡。1996年にギネス登録され、1997年版ギネスブックの載ったそうだ。最新2015年版を見たけど載ってなかった。ギネスブック掲載の文も掲示されていた。“narrowest navigable straight in the world”となっていたが、ここを航行する船はあるんだろうか?

Cimg1429

ブラブラ歩いていたら尾崎放哉記念館の案内表示があったので行ってみた。句碑。

Cimg1430

建物。

Cimg1431

知らない人だったが、種田山頭火同様の「漂白の俳人」で、ここで亡くなったとのこと。ラーメンチェーンの屋号にはなってないようだ。

Cimg1428

その近所にあった瓢箪と空き缶を吊るしたガレージ。風で空き缶が回って音をたてていて、恐山のようで不気味。

Cimg1434

往路と同じ道では面白くないので、路地を通ってフェリー・ターミナルへ戻る。

Cimg1435

Cimg1436

チェックイン。部屋は普通だが・・・

Cimg1437

最上階9階の海側の部屋でシップ・ウォッチングに最適。船好きの方のHPを見てここを予約した。

Cimg1438

円形のフェリー・ターミナル・ビル。

Cimg1439

ごま油の「かどや」工場がこんなところにあった。

Cimg1440

高速艇ターミナル方面。

Cimg1441

土庄港出入口方面。

Cimg1442

自室ではなく、エレベータ付近の窓から見た土庄の街並み。

Cimg1445

出船。

Cimg1450

入船。景観ともう一つのウリは温泉大浴場。わかし湯だが濃い塩湯で、寒い日にはとても暖まる。

Cimg1443

風呂から出てテレビをつけたら吉本新喜劇をやってた。ヤクザのファッションも時代とともに。

Cimg1444

岡八郎、花紀京時代からお約束のズッコケ。なお、テレビの民放は、香川県なのに岡山側の放送局のみ受信。両備グループのホテルなので、香川の放送局の四国フェリーCMを警戒してるのだろうか?

Cimg1454

夕食は1階レストランで。ホテルが中心街と離れていて、しかも日曜なので2食付で予約。八寸とおひたし。

Cimg1455

釜飯と鍋。有無を言わせず着火された。

Cimg1456

食前酒の梅酒。

Cimg1457

お造り。左の鯛がコリコリとしておいしかった。奥はサワラのタタキ? 右前は何かわからないが、やたら油が乗ってた。

Cimg1458

茶碗蒸。

Cimg1459

生ビールに熱燗を追加。中四国に多い甘口。

Cimg1460

鍋はホタテと鯛?、海老。

Cimg1461

釜飯の具は鯛?の切り身と山菜。2食付10,500円だったので、これで終わりかと思ったら・・・

Cimg1462

少し間をおいて出てきた白身魚(フグ?)の唐揚。

Cimg1463

オリーブ牛の時雨煮。

Cimg1464

赤貝などの酢の物。

Cimg1465

煮物。筍の下にあるのは牛テール?

Cimg1466

ソーメンの吸い物。

Cimg1467

デザート。満腹。

Cimg1468

Cimg1469

夜景も綺麗で満足。


|

« 明治期における書名「遊戯法」図書の出版年別分布 | Main | 小豆島・本島紀行 ② 四国フェリー「スーパーマリン」・本島汽船「ほんじま丸」「ブルーオーシャン2」乗船記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 明治期における書名「遊戯法」図書の出版年別分布 | Main | 小豆島・本島紀行 ② 四国フェリー「スーパーマリン」・本島汽船「ほんじま丸」「ブルーオーシャン2」乗船記 »