« 1919年第2回日本フートボール大会の大阪毎日新聞における表記 | Main | 前田純一「短命に泣く南甲子園運動場」『高校サッカー60年史』(全国高等学校体育連盟サッカー部 1983) p.47 »

築地であなご

浜松町に用事があったので、渋谷から山手線に乗ろうとしたら、京浜東北線とも不通とのこと。青山一丁目から都営大江戸線で大門へ。用事を済まして大門から都営浅草線に乗ったら日曜とは思えない大混雑。東銀座へ。

Cimg1866

歌舞伎座は四代目鴈治郎が襲名披露中。

Cimg1869

勝鬨橋の近く。築地のあなご仲卸が経営のあなご専門店。

Cimg1867

Cimg1868

「ばかしあい」2,100円。煮あなごと焼きあなごのハーフ&ハーフ。たれが濃すぎな感じ。

Cimg1870

帰りは歩いて有楽町へ。うなぎの竹葉亭。前を通るだけw

Cimg1875

交通会館で帆船模型の展覧会をやってた。

Cimg1876_2

交通会館は道県のアンテナショップがいっぱい。いつの間にか兵庫県のもできてました。

Cimg1877

ありました、ありました! 明石の焼きあなご。以前、池袋西武に姫路のあなご専門店が入っていたが、いつの間にか撤退。東京駅の大丸に明石の下村が入っているが、お値段高すぎ。ここはお値段もお手頃。

4月12日はあなご記念日w

Cimg1874

同じフロアに富山県のも。

Cimg1871

富山の薬売りが全国に普及させたケロリン桶も。関東と関西で深さが違うそうだ。

Cimg1872

その理由。関西ではかけ湯を湯船から汲むので浅めにしてあるとのこと。なーるほど・・・

Cimg1873

蒲鉾も 昆布巻にする 富山人

Cimg1878

Cimg1881

駅弁の源でないます寿し(笹義)があったので買って帰る。

|

« 1919年第2回日本フートボール大会の大阪毎日新聞における表記 | Main | 前田純一「短命に泣く南甲子園運動場」『高校サッカー60年史』(全国高等学校体育連盟サッカー部 1983) p.47 »