« 1971年下降線たどるサッカー・ブーム | Main | 岩手紀行 ② 三陸鉄道乗車記 »

岩手紀行 ① みやこ浄土ヶ浜観光船(岩手県北交通)「第16陸中丸」乗船記

Cimg3130

Cimg3131

東京駅発6:32赤い「こまち1号」で出発。

Cimg3132

東京は本降りだったが。

Cimg3133

盛岡は全然降ってない。

Cimg3134

駅地下のプロントでモーニング。

Cimg3135

106急行バスに乗車。

Cimg3140

トイレ休息あり。

Cimg3141

宮古駅前着。

Cimg3142

Cimg3143

復興作業中の宮古市街を抜けて。

Cimg3145

浄土ヶ浜ビジターセンター着。

Cimg3148

わが国初の洋式海戦とのこと。

Cimg3150

海岸に降りていくと遊歩道がある。

Cimg3156

昆布の匂いがした。

Cimg3157

ど根性昆布。そのうち進化して両生植物に?

Cimg3162

Cimg3163

Cimg3164

Cimg3165

浄土ヶ浜は横長だ。

Cimg3151

「第16陸中丸」。

Cimg3167

被り物のサービスあり。

Cimg3169

ウミネコのエサ1個100円。

Cimg3172

Cimg3173

景色を撮ろうとすると、どうしてもウミネコが写ってしまうw

Cimg3180

Cimg3184

この「Y」字の岩は天然記念物なんだとか。

Cimg3195

中がサイホンのようになっていて、波が荒いとこうなる。

Cimg3182

工事中の漁港。上の白い部分は地盤沈下のため積み上げたとのこと。

Cimg3186

宮古湾の先端あたり。

Cimg3192

サッパ舟でこの洞窟に入るコースもあり。

Cimg3194

ビジターセンターに吉田初三郎の鳥瞰図が展示してあったが。

Cimg3193

浄土ヶ浜は完全に無視されていたw

Cimg3196

宮古市内に戻って、魚菜市場へ。

Cimg3197

Cimg3198

どんこ250円! 瀬戸内海で獲れたら白身の高級魚として扱われたはず。

Cimg3199

Cimg3200

もちろんホヤも。

Cimg3201

駅前にあるホテル、「BIG WAVE」に宿泊。

Cimg3203

駅前の蛇の目本店。混まないうちに早めに。

Cimg3204

生ビールに突出しの塩辛。

Cimg3205

ホヤ酢。

Cimg3206

上ちらし。ネタが重層化してます。

Cimg3207

上ちらしについてるあら汁。以前はあった「どんこ汁」がメニューになかった。残念。

Cimg3208

生ビールをお代わりして3,970円。混雑するはず。

Cimg3209

ホテルの窓から。目の前が干物の干場で、漁港ムード満点。

Miyako

1934年の三陸汽船の広告。東京、塩釜、函館への航路があったらしい。「第16陸中丸」で109t。38tの船はよく揺れたでしょうなあ。


|

« 1971年下降線たどるサッカー・ブーム | Main | 岩手紀行 ② 三陸鉄道乗車記 »