« 岩手紀行 ① みやこ浄土ヶ浜観光船(岩手県北交通)「第16陸中丸」乗船記 | Main | 岩手紀行 ③ 大沢温泉菊水館宿泊記 »

岩手紀行 ② 三陸鉄道乗車記

Cimg3212

朝飯は駅そばで。6:30開店。

Cimg3210

えび天そば400円。

Cimg3211

三陸鉄道宮古駅。

Cimg3213

J3ならあり。

Cimg3214

Cimg3215

座席はテーブル付き。

Cimg3217

けっこう山の中を走ります。

Cimg3218

Cimg3219

Cimg3220

Cimg3221


Cimg3222

海が見えると、そこは復興工事中。

Cimg3223

山の方は変わらず。

Cimg3224

堤防の威容があった田老。

Cimg3225

この道が津波避難路。

Cimg3226

田野畑。本家旅館に何度か泊まりました。

Cimg3227

田野畑駅。列車交換待ちの間に。

Cimg3228

田野畑の堤防の上に三陸鉄道の車両が。

Cimg3229

高速道路がありました。

Cimg3231

Cimg3233

Cimg3234

Cimg3235

Cimg3236

Cimg3237

Cimg3238

眺望のよい大きな鉄橋があると、停車のサービスがあります。

Cimg3239

久慈に到着。八戸線に乗り換え。

Cimg3240

Cimg3241

リアス式海岸から一変。砂浜に。

Cimg3242

柳田国男の『清光館哀史』に出てくる陸中八木。“お父さん、今まで旅行のうちで、いちばん悪かった宿屋はどこ。そうさな。へつに悪いというわけでもないが、九戸の小子内の清光館などは、かなり小さくて黒かったね。こんななんでもない問答をしながら、うかうかと三、四日、汽車の旅を続けているうちに、鮫の港に軍艦が入ってきて、混雑しているので泊るのがいやにったという、ほとんど偶然に近い事情から、なんということなしに陸中八木の終点駅まで来てしまった。”

Cimg3243

Cimg3244

種差海岸あたり。

Cimg3245

八戸、鮫の蕪島。ウミネコの繁殖地。

Cimg3246

Cimg3247

鮫駅。

Cimg3249

グルメ列車。

Cimg3250

駅前に魚市場のある陸奥湊。

Cimg3251

八戸の中心、本八戸駅。

Cimg3252

八戸で新幹線に乗り換え。

|

« 岩手紀行 ① みやこ浄土ヶ浜観光船(岩手県北交通)「第16陸中丸」乗船記 | Main | 岩手紀行 ③ 大沢温泉菊水館宿泊記 »