« 岩手紀行 ② 三陸鉄道乗車記 | Main | らぐびぃ・べる・えぽっく »

岩手紀行 ③ 大沢温泉菊水館宿泊記

Cimg3253

再び盛岡に。

Cimg3256

駅前のぴょんぴょん舎で。

Cimg3255

冷麺820円。

Cimg3257

Cimg3258

Cimg3268

Cimg3269

盛岡は川の街。

Cimg3266

工芸品店、光原社。宮沢賢治の版元でもある。

Cimg3259

Cimg3260

展示スペースを抜けると。

Cimg3261

川に出る。

Cimg3263

Cimg3264

Cimg3265

喫茶店もあります。
Cimg3270

盛岡駅から在来線で花巻へ。

Cimg3271

無料送迎バスで。

Cimg3281

大沢温泉菊水館は茅葺。築160年とか。卯之町松屋旅館温泉津温泉長命館宮津市茶六本館に続くクラシック旅館。さすがに茅葺の建物に泊まるのは初めて。

Cimg3282

豊沢川をはさんで、自炊部(湯治屋 築230年!)と比較的高級な山水館。風呂はどこのも入れる。

Cimg3276

Cimg3277

Cimg3279

室内。古い調度品もあります。壁は薄いけど、フェリーで慣れてるのでw

Cimg3278

部屋の窓から。いい感じ。

Cimg3280

菊水館の茅葺棟の廊下。

Cimg3284

自炊部の帳場。

Cimg3285

同売店。

Cimg3312

同休み処。

Cimg3287

自炊部といっても食堂もあり。朝は予約の定食のみ。昼、夜は定食、アラカルトもあって、自炊部でも3食「外食」可。次はこっちに泊まってみようかな。

Cimg3311

自炊設備。この他にコインランドリーなんかもあり。

Cimg3290

築230年の廊下。

Cimg3291

大沢温泉の看板。自炊部「大沢の湯」露天風呂。

Cimg3292

Cimg3293

Cimg3295

1人じめできました。

Cimg3294

脱衣場も露天。

Cimg3297

Cimg3296

宮沢賢治が湯治に来たとき、橋の上で撮った集合写真。

Cimg3298

橋の上から露天風呂は丸見え。

Cimg3299

Cimg3300

Cimg3301

「ホーム」菊水館の「南部の湯」。

Cimg3302

Cimg3303

部屋の目の前にモミジ。秋なら絶景かも。

Cimg3304

Cimg3305

Cimg3306

Cimg3307

Cimg3308

夕食。ビール1本つけて8,358円だった。刺身はなくもがな。「基本」のご飯、味噌汁、漬物は旨かった。

Cimg3310

翌日朝は快晴。朝4時に起きて、朝食前に「南部の湯」「大沢の湯」を連チャン。

Cimg3309

朝食。東北地方の旅館は「ご飯は外さない」。玉子焼きは丁寧に作ってあった。朝食後も山水館「豊沢の湯」に。

Cimg3319

送迎バスで北上川を渡る。

Cimg3320

新幹線新花巻駅へ。

Cimg3321

駅そばがあったので、天ぷらそばの昼食。

Cimg3322

Cimg3324

「やまびこ」で帰京。

|

« 岩手紀行 ② 三陸鉄道乗車記 | Main | らぐびぃ・べる・えぽっく »