« 函館朝獲れイカは不発の記 ① 恵山温泉旅館宿泊記 | Main | 函館朝獲れイカは不発の記 ③ 太平洋フェリー「きたかみ」乗船記 »

函館朝獲れイカは不発の記 ② 函館散歩

Cimg3798

Cimg3802

Cimg3804

Cimg3796

バスが来るまで30分ほどあったので、道の駅で暇つぶし。

Cimg3805

やっとバスが来た。

Cimg3807

Cimg3812

Cimg3813

なるほど、干されてる昆布はちぎれた短いものばかり。

Cimg3808

Cimg3809

Cimg3810

浜で漂着する昆布をひっかけて採る人。宿の御主人の話では、年300万円稼ぐ人もいるとか。年金もらってるバアサンでも100万円くらいは稼げるとのこと。

Cimg3811

沖にはコンテナ船。

Cimg3814

湯の川温泉の銭湯。湯温はメチャ熱い。

Cimg3815

Cimg3816

長崎に活水、横浜にフェリス、函館に遺愛。港々に女子高あり。函館出身の職場の同僚によれば、下校時に地元ヤンキーの車が大集合とか。

Cimg3817

本日宿泊の駅前ルートインに荷物を預け、散歩に。

Cimg3820

マンホールの蓋までイカなのに・・・

Cimg3819

Cimg3818

昔からあるラーメン屋で函館塩ラーメンのワンタンメン(650円)。

Cimg3822

歩いて宝来町へ。

Cimg3821

すき焼きの阿佐利本店。函館出身の同僚は今年帰省中に両親にここで御馳走になるとのこと。函館育ちの人は海鮮より肉がお好きのよう。

Cimg3823

Cimg3824

連絡船があったころ、上野発14:00くらい発、青森0時くらい着発で、函館4:00くらい着。朝市で朝飯食って、市電に乗り宝来町で下車、今は亡き宝来温泉で朝風呂した。漁を終えた近所の漁師がよくくつろいでいた。その跡地。

Cimg3827

函館市内には小さな漁港があちこちにある。函館の寿司のレベルが高いのは、客に鮮度や値段を知り尽くした漁師が多いからだそうだ。

Cimg3829

文字通り函館山の麓にある料亭「冨茂登」。

Cimg3830

高田屋嘉兵衛像。淡路島出身なので兵庫県人。

Cimg3832

坂を登ったところにあるホテル函館山。泊まったことがある。景色は良いが、飲み歩きに不便。

Cimg3835

Cimg3833

坂の突き当りが護国神社。多角経営中。

Cimg3834

護国神社から坂下を見たところ。

Cimg3836

Cimg3837

護国神社を右折するとロープウェー。

Cimg3839

Cimg3840

Cimg3841

Cimg3842

さらに進むと函館の観光ポイント、教会地区。

Cimg3843

OBに北島三郎、辻仁成がいる函館西高も並んでる。

Cimg3845

西高から八幡坂を見下ろす。

Cimg3849

八幡坂は函館市電の撮影ポイント。

Cimg3850

近所には北島三郎記念館も。

Cimg3851

ベイエリアに出て、金森倉庫。

Cimg3852

仕事してない?イカ漁船。

Cimg3855

摩周丸。

Cimg3858

朝市の水槽に大きなミズダコが。

Cimg3859

毛ガニとカレイも同居。

Cimg3860

ホテルにチェックイン。部屋の窓から。

Cimg3866

温泉大浴場。

Cimg3874

すぐ近くの「魚さんこ」という居酒屋へ。

Cimg3867

生ビールと突出し2品。1品はタコの頭。この時期に函館に来て、イカがメニューにすらないとは・・・

Cimg3868

鯖刺身。

Cimg3869

アスパラバター焼き。

Cimg3870

大きいけど大丈夫かと聞かれた真ボッケ焼き。

Cimg3871

ソイ煮つけ。

Cimg3872

旭川の男山。

Cimg3873

たらこ茶漬け。生ビール2杯で5,150円。

|

« 函館朝獲れイカは不発の記 ① 恵山温泉旅館宿泊記 | Main | 函館朝獲れイカは不発の記 ③ 太平洋フェリー「きたかみ」乗船記 »