« 岩城島・尾道・鞆の浦紀行 ① 芸予汽船「つばめ」乗船記 | Main | 岩城島・尾道・鞆の浦紀行 ③ 福山市営渡船「第二べんてん」乗船記 »

岩城島・尾道・鞆の浦紀行 ② 芸予汽船「つばめ」乗船記(復路)・尾道渡船「にゅうしまなみ」乗船記

Cimg4343

Cimg4344

芸予汽船でも、海況が悪いと東海汽船みたいに航路変更・抜港があるそうで、大三島友浦港を抜港、大三島の西岸に航路変更したとのことで、10分遅れて到着。3船が就航しているが、昨日と同じ「つばめ」に乗船。

Cimg4346

Cimg4348

昨日はスルーした佐島港にも着岸。

Cimg4349

Cimg4350

尾道行きバスに乗車。因島大橋上から昨日とは逆方向の西側を。

Cimg4351

向島の東西橋というバス停で下車。

Cimg4352

渡船乗り場を目ざします。

Cimg4353

Cimg4354

尾道渡船の乗り場に到着。

Cimg4357

Cimg4358

狭い尾道水道なのであっとゆう間に到着。運賃100円は乗船中にオッチャンに払います。

Cimg4356

本日宿泊するホテルが尾道側桟橋のすぐ近くにあった。

Cimg4360

Cimg4361

乗船した「にゅうしまなみ」。ホテルに荷物を預け身軽に。

Cimg4362

ホテルの前にあるお堂。

Cimg4363

石灯籠。

Cimg4501

この石灯籠は小津安二郎監督『東京物語』の冒頭シーンに出てくるものでは。

Cimg4364

Cimg4365

力石。

Cimg4367

Cimg4369

小津がロケ時に宿泊した高級旅館「竹村」。『東京物語』のセリフ中にも出てきます。尾道の高級旅館や料亭は尾道水道に面している。

Cimg4371

昨日通った尾道大橋を下から。

Cimg4374

浄土寺の参道は線路の下をトンネルでくぐります。

Cimg4375

浄土寺山門(重文)。

Cimg4376

Cimg4377

同本堂(国宝)。

Cimg4378

Cimg4379

同阿弥陀堂(重文)。

Cimg4380

Cimg4381

同多宝塔(国宝)。

Cimg4382

山門から尾道水道を。

Cimg4383

浄土寺の脇から石畳の古寺散策路が続きます。

Cimg4384

港町らしい・・・

Cimg4385

Cimg4386

『姿三四郎』のモデルといわれる講道館四天王の一人、西郷四郎はここで亡くなったとのこと。

Cimg4387

道端の石仏。

Cimg4388

Cimg4389

Cimg4391

西郷寺。

Cimg4392

雨が激しくなってきたので、商店街のアーケードに避難。尾道ラーメンの有名店朱華園があったが、休業日。

Cimg4394

Cimg4393

商店街のカフェでしばし休息。

Cimg4395

雨が小降りになったので、千光寺山ロープウェイへ。

Cimg4397

Cimg4398

ロープウェイ車中から。

Cimg4399

Cimg4400

Cimg4401

Cimg4402

千光寺山展望台から。尾道水道を西から東へ。

Cimg4403

本日乗船した尾道渡船。

Cimg4404

乗船した「にゅうしまなみ」。

Cimg4405

別の渡船のフェリー。

Cimg4406

バスを下車した向島の東西橋あたり。

Cimg4407

尾道大橋。

Cimg4408

展望台から千光寺へ下ります。

Cimg4409

Cimg4410

Cimg4411

巨岩の間にある千光寺。

Cimg4412

三重塔。

Cimg4413

狭い階段の千光寺参道。

Cimg4414

Cimg4415

参道にいた猫。

Cimg4416

参道と山陽線の交差は踏切。

Cimg4418

Cimg4417

昼食はお好み焼き。シーフードミックスそば入り。850円。粉モンのミヤコ生まれなので、鉄板からコテだけで食べるのが好き。

Cimg4419

Cimg4420

Cimg4421

Cimg4422

駅前方面へ。駅周辺は再開発されて昔の面影なし。しまなみ海道開通以前の駅前はすぐ芸予諸島・四国連絡の桟橋があって、一膳飯屋が並ぶ瀬戸内港町情緒満点だったが。変にスッキリして無機的になった感じ。高松もすっかり再開発されたし、今でも昔の情緒が残るのは今治くらいか。

Cimg4425

商店街の有名蒲鉾屋「桂馬」。

Cimg4426

Cimg4427

宿泊したホテルの近くのラーメン屋は平日15時前なのに大行列。

Cimg4428

Cimg4429

ホテルにチェックイン。6F尾道水道側の部屋。一度尾道水道に面した宿に泊まってみたいと思っていたが、ようやく実現。

Cimg4430

Cimg4431

部屋の前に博多・玄海島航路の船が停泊中。ドック入りか?

Cimg4432

Cimg4433

Cimg4434

部屋か撮った尾道水道を往く貨物船。

Cimg4435

Cimg4436

6Fの部屋から目の前の堤防越しに大きな魚影が見えたので、近寄って撮ってみた。数十センチありそうな魚がゆうゆうと泳いでいた。

Cimg4441

夕食はホテルの近くの居酒屋で。

Cimg4437

生ビールと。

Cimg4438

焼きあなご定食。2200円。

Cimg4439

焼きあなご。

Cimg4440

天ぷら盛り合わせ。

Cimg4442

部屋から見た尾道水道の夜景。

Cimg4443

Cimg4444

尾道水道を眺めながら朝食。

Cimg4445

Cimg4448

朝の尾道水道を往く貨物船。

Cimg4446

Cimg4447

NHK広島ローカルのライヴカメラに同じ船が。

|

« 岩城島・尾道・鞆の浦紀行 ① 芸予汽船「つばめ」乗船記 | Main | 岩城島・尾道・鞆の浦紀行 ③ 福山市営渡船「第二べんてん」乗船記 »

Comments

以前に尾道のホテルを探したことがありますが、なかなか意に添うものが見つかりませんでした。
ここは尾道水道ウォッチングには最高ですね。
また、尾道に行きたくなりました。
それにしても、いつもよく歩かれますね。

Posted by: mayuki | September 28, 2015 at 08:43 AM

宿泊したのは尾道ロイヤルホテルですが、駅前のグリーンヒルホテル尾道は瀬戸田行き高速船や向島渡船の真上にあって、こちらの方がシップ・ウォッチングに向いてるかもしれません。ただ駅前は再開発されてイマイチ情緒がない感じでした。ロイヤルホテルの真ん前に『東京物語』に石灯籠が出てくる住吉神社があって、部屋からも見え、古い港町情緒が感じられました。

尾道は海岸(尾道水道)沿いに遊歩道、街中に商店街、山側に石畳の古寺散策路があって、「歩きで」があります。

Posted by: 蹴球閑人 | September 28, 2015 at 07:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 岩城島・尾道・鞆の浦紀行 ① 芸予汽船「つばめ」乗船記 | Main | 岩城島・尾道・鞆の浦紀行 ③ 福山市営渡船「第二べんてん」乗船記 »