« 高知・松山紀行 ③ 高知港フェリー・ターミナル跡の現在 | Main | 高知・松山紀行 ⑤ 四国開発フェリー「おれんじ7」乗船記 »

高知・松山紀行 ④ ごごしま「えひめ2」乗船記

Cimg5073

高知駅バスターミナルから松山行き高速バスに乗車。まだ四国に高速道路がなかったころ、高知発松山行きの国鉄バスに乗車したことがある。高知県佐川から愛媛県久万に抜けるR33ルートで、4~5時間くらい7かかったような記憶がある。沿線は四国の秘境という感じだった。

Cimg5074

高知道へ。

Cimg5075

川之江JCTで松山道へ。

Cimg5076

松山道はけっこう標高の高いところを通るので、厳冬期は凍結通行止めになることがある。一度オレンジフェリーの松山連絡バスを利用したら、松山道閉鎖で、シタミチの国道は高速からのトラックと通勤マイカーで大渋滞。松山まで2時間半かかったことがある。厳冬期の松山連絡バスは天候により要注意で、急ぐ場合は壬生川からJR利用の方が堅実かも。

Cimg5077

スイスイ流れて高知から2時間半で松山へ。

Cimg5078

市内の渋滞もなく。

Cimg5079

松山市駅で下車。コインロッカーに荷物を預けて。

Cimg5081

松山市駅の「四国唯一」の地下街。

Cimg5080

カレー専門店でカレーを食べたら、スパイシーさの全然ないカレーで、久しぶりにウスターソースをカレーにかけて食べた。

Cimg5082

松山市駅から伊予鉄高浜線高浜行きに乗車。

Cimg5083

車内。

Cimg5084

高浜駅で下車。

高浜・興居島は由良と泊の2航路ある。

Cimg5085

泊行きが停泊中だった。

Cimg5087

乗船。料金は240円で船内で徴収される。

Cimg5088

『坊ちゃん』に出てくる「ターナー島」。

Cimg5091

その反対側は松山観光港。

Cimg5092

興居島・泊方面と小富士。

Cimg5093

小高いところに厳島神社。

Cimg5094

上陸。興居島案内図。

Cimg5096

時刻表。出航まで1時間ほどある。

Cimg5097

Cimg5098

乗船した、ごごしま「えひめ2」の全景。「えひめ2」は双方向船。

Cimg5101

小さな岬に寺院があって。

Cimg5100

さらにその先に石灯籠が見えた。

Cimg5103

船から見えた厳島神社に行ってみる。

Cimg5104

本殿。

Cimg5105

真正面。

Cimg5111

Cimg5114

高浜・由良航路のフェリー。

Cimg5116

高浜・中島航路のフェリー。

Cimg5117

泊の商店は奥の個人商店と生協のミニスーパーの2件だけ。飲食店はない。

Cimg5118

復路は2Fで。

Cimg5119

2Fから高浜方面を。

Cimg5122

高浜停泊中の中島航路のフェリー。

Cimg5129

中島航路は高速船もあり。

Cimg5130

中島航路の高速船、「いそかぜ」。

Cimg5131

同「あさかぜ」。

Cimg5133

高浜港接岸。

Cimg5134

駅近くにお好み焼き屋があった。ここで昼飯にすればよかった。

Cimg5135

時間があるので、松山観光港まで歩いてみる。

Cimg5136

呉・広島航路のフェリー「石手川」が入港中。

Cimg5137

小倉航路の夜行便「フェリーくるしま」。

Cimg5138

呉・広島航路の双胴型高速船「宮島」。松山観光港は現在この3航路しかない。

Cimg5139

フェリー・ターミナルは新装されて、空港のように綺麗になったんだが。

Cimg5141

昔からここで宇和島の野中蒲鉾のじゃこ天を販売している。表参道の高級スーパー「紀伊国屋」でみかけたことがあるが、「紀伊国屋、お主も悪よのう」という値段だった。

Cimg5147

「手押してんぷら」3枚入り519円を購入。はらんぼ(ホタルジャコ)100%使用で、じゃこ天の最高峰。

Cimg5142

テラスのあるカフェでコーヒーを。

Cimg5143

Cimg5145

「石手川」の出港と。

Cimg5146

「宮島」の出港を見送る。

Cimg5149

高浜駅に戻り、伊予鉄に乗車。

Cimg5150

三津・柳井航路のフェリーが見えた。

Cimg5151

まだ時間があるので、松山市駅で乗り換え、郡中線の終点郡中港まで行ってみる。

Cimg5152

高浜線は梅津寺・高浜間を除いて複線だったが、こちらは全線単線。

Cimg5153

沿線は住宅街で、海は見えない。終点の郡中港駅。

Cimg5154

道路を隔ててJR伊予市駅がある。

Cimg5155

案内図。

Cimg5156

江戸時代末期、万延年間築の商家。

Cimg5157

郡中港は漁港。

Cimg5158

Cimg5159

Cimg5160

付近に島がないので、旅客船航路はない。

Cimg5161

再び郡中港駅から松山市駅へ。

Cimg5162

残るは横河原線だが、ここも郡中線同様、何もなさそう。

|

« 高知・松山紀行 ③ 高知港フェリー・ターミナル跡の現在 | Main | 高知・松山紀行 ⑤ 四国開発フェリー「おれんじ7」乗船記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 高知・松山紀行 ③ 高知港フェリー・ターミナル跡の現在 | Main | 高知・松山紀行 ⑤ 四国開発フェリー「おれんじ7」乗船記 »