« 高知・松山紀行 ④ ごごしま「えひめ2」乗船記 | Main | 大正三四年戦役俘虜写真帖 »

高知・松山紀行 ⑤ 四国開発フェリー「おれんじ7」乗船記

Cimg5163

松山市駅からはバスで今治駅へ。

Cimg5164

観光バス仕様の特急バス。高速ではなく奥道後から山中の国道R317経由。

Cimg5165

今治駅到着。

Cimg5166

19:30発「小松経由東予港」は小松まで有料の路線バスで、終点の東予港フェリー・ターミナルまで乗れば無料。

Cimg5167

当然ながら車体は普通の路線バス。壬生川からタクシーだと1500円はかかるので、船内でゆっくりできる19:30発の無料連絡バスはありがたい。

Cimg5168

到着した時点で20時過ぎ。即乗船可能。

Cimg5169

Cimg5170

Cimg5171

「7」なので、いつもながらの特等シングル。混まないうちに大浴場へ。

Cimg5172

Cimg5173

早速レストランへ。ビーフシチューがあったら注文するつもりだったが、なかった。レストランは、空いてる席を見つけるのが大変なほど混んでいた。

Cimg5174

瀬戸内地魚らしい白身魚の煮つけ、焼きなす、冷奴の居酒屋メニューに瓶ビールでまずは一献。フェリーのレストランにCPの高い郷土料理?メニューがあって、「瀬戸内の居酒屋」気分になれるところが、オレンジフェリーのよいところ。

Cimg5175

腹が減ってたので、かつ丼も注文したら、けっこうなボリューム。カツと玉子とじは完食できたが、ご飯はたべきれなかった。これだけ飲み食いしても合計2,410円。タクシー代を使わなかった分は、レストランで散財して船会社に還元するつもりだったが。

Cimg5176

Cimg5177

部屋に帰って、22:30の出航前にパタリと眠る。目が覚めるともう播州沖の気配(部屋は左舷)。

Cimg5178

Cimg5179

Cimg5180

Cimg5181

Cimg5182

部屋の窓から明石海峡大橋を撮影。

Cimg5184

神戸沖あたり。

Cimg5188

5時を過ぎ、部屋を出てみると、レストランは大混雑。

Cimg5189

朝の大阪南港。

Cimg5190

デッキから煙突を。

Cimg5191

大阪沖には船がいっぱい。

Cimg5192

Cimg5193

Cimg5194

Cimg5195

早朝のデッキ。

Cimg5196

Cimg5197

かもめフェリーターミナル。

Cimg5198

大阪南港フェリー・ターミナルへ。

Cimg5199

Cimg5200

名門大洋フェリー「フェリーきたきゅうしゅう」。

Cimg5201

Cimg5202

着岸。

Cimg5203

下船する人々。6:00到着で8:00まで在船可能なので、朝風呂に入る。

Cimg5204

USJ連絡バスが7:30に出るので、それまで滞在してる客が多く、レストラン利用はあきらめて、フロントで販売しているモーニング・コーヒー200円を部屋で。

Cimg5205

7:20ころ出発。

Cimg5206

「フェリーで行かない?」

Cimg5207

USJ連絡バスが見えた。

Cimg5208

今日(10月31日)はハロウィン。

Cimg5209

Cimg5210

ニュートラムに乗車。

Cimg5211

ボートの聖地。

Cimg5212

四つ橋線に乗り換え。

Cimg5213

終点の西梅田駅へ。

Cimg5216

阪神梅田駅構内のカレーショップ「ミンガス」。ここは中学生のころから愛用。昔は「カレーショップ阪神」といってたはず。阪神電鉄経営陣にジャズファンがいるらしく、ブルーノート大阪は阪神電鉄グループ。

Cimg5214

レギュラーカレー530円。モーニング時間帯は味噌汁、温泉卵つき。「早い、安い、旨い」の3拍子揃ったスタンド・カレーショップの名店だと思う。東京にもこんな店がほしい。大阪の夏はクソ暑いせいか、スパイシー系カレー店が多い。

Cimg5217

地下鉄は高いので、JR各停で新大阪へ。

Cimg5218

「ぷらっとこだま」利用なので、いったん改札を出ないといけない。551蓬莱に並ぶ人々。以前は新幹線改札内に蒸したてを食べられる売店があったが、なくなった。「臭害」の苦情で改札内を追い出されたのか? 新幹線車内で551臭害にあわないための最良の方法は、自分も豚まんを食っておくことである。

Cimg5219

各停の「こだま」に乗車。

Cimg5222

品川で下車。

Cimg5223

山手線で渋谷へ。

Cimg5226

Cimg5227

まだ14:00なのに、スクランブル交差点方面は大混雑。田園都市線、世田谷線で帰宅。

|

« 高知・松山紀行 ④ ごごしま「えひめ2」乗船記 | Main | 大正三四年戦役俘虜写真帖 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 高知・松山紀行 ④ ごごしま「えひめ2」乗船記 | Main | 大正三四年戦役俘虜写真帖 »