« 会津・新潟高速バス紀行 ① 会津若松へ | Main | アジア歴史資料センターを「俘虜 蹴球」で検索すると・・・ »

会津・新潟高速バス紀行 ② 信濃川ウォーターシャトル「アナスタシア」乗船記

Cimg5424

1泊朝食付き4,500円の朝食。ご飯はおいしい。

Cimg5425

新潟行きバスに乗車。

Cimg5426

ビッグスワン。

Cimg5427

本日宿泊するホテルは万代バスターミナルと道一本隔てただけ。荷物を預けて。

Cimg5428

Cimg5429

リバークルーズの乗船まで時間があるので、万代橋を渡って。

Cimg5430

本町商店街。露天(といってもアーケードの下)で野菜を売ってる。

Cimg5434

Cimg5431

古町商店街の水島新司『ドカベン』のブロンズ像。

Cimg5432

岩鬼がくわえている葉っぱはよく取られるので、朝設置して夕方撤去してるそうだ。

Cimg5508

Cimg5509

世田谷区桜新町商店街の波平の髪の毛も、何度も同様の被害にあってる。

Cimg5435

Cimg5436

Cimg5437

万代橋西詰の乗船場。

Cimg5439

Cimg5441

橋の下をくぐるので、船高が低い。

Cimg5446

「アナスタシア」とはロマノフな船名w

Cimg5468

かなり上流までさかのぼります。

Cimg5469

市街地を洪水から守るため、放水路が設けられ、水門が設置されている。

Cimg5445

デッキ。

Cimg5470

キャビン内。

Cimg5442

Cimg5443

Cimg5444

万代橋をくぐって。

Cimg5449

新潟大学ボート部の艇庫。

Cimg5452

JR越後線の鉄橋。

Cimg5453

川べりに建つマンション。老後は毎日釣りができていいかも。

Cimg5455

魚はいるのかというと、葦があって。

Cimg5456

カワウがたくさんいるので、魚は豊富にいそうな感じ。

Cimg5459

川漁師?もいる。

Cimg5457

新潟県庁。

Cimg5460_2

Cimg5461_2

Cimg5462_2

関屋水門を通過。

Cimg5463_2

放水路の向こうはすぐ海。

Cimg5467_2

最上流の乗船場、ふるさと村。ここからUターンして下流方向へ。

Cimg5473_2

Cimg5474_2

Cimg5475_2

万代橋を越えて、朱鷺メッセ。

Cimg5478_2

最下流の乗船場、みなとぴあ。新潟の古い建物を集めた建築博物館。

Cimg5477_2

Cimg5479_2

対岸は佐渡汽船ターミナル。

Cimg5480_2

Cimg5481_2

佐渡汽船方向に入港中の船がいたが、佐渡汽船のフェリーではなさそう。

Cimg5482_2

信濃川河口方面。

Cimg5483_2

漁船。

Cimg5484_2

消防船。

Cimg5486_2

屋形船。

Cimg5487_2

乗船した万代橋西詰で下船。2時間乗りっぱなし、1日乗船券で1,800円。

Cimg5488_2

ホテルにチェックイン。窓からの心和む景色w

Cimg5489_2

晩飯はホテルの隣のビル7Fにあった、新潟の寿司チェーン富寿司で。生ビールと突出し。

Cimg5490_2

白子ポン酢。

Cimg5491_2

刺し盛り。

Cimg5492_2

旬の握り。

Cimg5493_2

握りについてきたあら汁。

Cimg5494_2

しめて4,406円。

Cimg5495_2

ホテルに帰ってTVをつけたら、アルビレックスの今シーズンゴール集をやってた。

Cimg5496_2

1泊朝食付5,400円にしては大変良かった朝食バイキング。ご飯も惣菜もおいしかった。

Cimg5497_2

万代バスターミナルの立ち食い蕎麦屋。食べたことないけど、カレーが有名でレトルトパックまであるそうだ。

Cimg5498_2

Cimg5499_2

池袋行きバスは西武バスの夜行仕様3列シートで、窮屈な思いをしなくて済んだ。

Cimg5501_2

新潟の天気は悪かったが、太平洋側は晴天。

Cimg5503_2

富士山も見えた。


|

« 会津・新潟高速バス紀行 ① 会津若松へ | Main | アジア歴史資料センターを「俘虜 蹴球」で検索すると・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 会津・新潟高速バス紀行 ① 会津若松へ | Main | アジア歴史資料センターを「俘虜 蹴球」で検索すると・・・ »