« January 2016 | Main | March 2016 »

JR四国バースデーきっぷ闘病旅行記 ④ 小豆島フェリー「第七しょうどしま丸」乗船記

Cimg6323

本日のスタートは徳島駅9:51発牟岐行き特急「むろと1号」。

Cimg6324

体調は回復したが、天候は本降りの雨。

Cimg6326

牟岐駅から海部行き鈍行に乗り換え。

Cimg6325

車内。特急の乗客はほとんど乗り換えたもよう。甲浦へは海部駅から阿佐海岸鉄道に乗り換え、室戸へは甲浦でさらにバスに乗り換えなければならない。特急「むろと」(2両編成)はなぜ甲浦行きにしないのだろうか。不親切この上ない。

Cimg6327

Cimg6328

Cimg6329

牟岐まではほとんど海が見えなかったが、牟岐・海部間は海岸が見える。

Cimg6332

海部駅到着。牟岐線完乗。

Cimg6330

Cimg6331

Cimg6333

Cimg6334

コンビニどころか自販機すらない海部駅前。

Cimg6335

阿佐海岸鉄道の車両。

Cimg6339

徳島駅に戻り、特急「うずしお」高松行きに乗車。

Cimg6342

雨に煙る屋島。

Cimg6343

15時ころ高松着。21:25発のサンライズ瀬戸乗車までたっぷり時間があるので、高松港フェリーターミナルへ。再開発されて、駅からフェリー・ターミナルまで傘をささずに移動できる。

Cimg6344

女木島・男木島航路の雌雄島海運「めおん2」。

Cimg6345

Cimg6346

土庄航路の小豆島フェリー「第七しょうどしま丸」が入港中。

Cimg6347

「第七しょうどしま丸」に乗船。土庄まで往復1,320円。片道約1時間。

Cimg6348

船室内。売店がフル営業、うどんもあり。

Cimg6350

デッキ。この上にも屋根のないデッキがある。

Cimg6349

宇高航路の四国フェリー「第85玉高丸」。宇高航路の桟橋は離れていて、雨に濡れないと行けないので、土庄航路にした。どちらにせよ、この天候では何も見えない。

Cimg6351

何も見えないので、航跡でもw

Cimg6352

Cimg6353

ようやく小豆島の島影が。

Cimg6354

海上をごま油の香りが漂います。

Cimg6355

その発生源。

Cimg6358

宇野・豊島・土庄航路の小豆島豊島フェリー「フェリーてしま」。

Cimg6359

高速船桟橋方面。

Cimg6360

土庄港フェリー・ターミナルでうどんでも食おうかと思っていたら、工事で閉館中。仕方ないので、同じ「第七しょうどしま丸」でUターン。

Cimg6363

高松港フェリー・ターミナルと駅の中間にあるサンポート高松マリタイムプラザというビルにあるうどん屋「郷屋敷」支店。本店は国指定有形文化財登録の庄屋屋敷でうどん会席を食わせるお店。

Cimg6361

ついに生ビールが飲めるまでに回復。

Cimg6362

「源平御膳」、1,580円。

Cimg6365

サンライズ瀬戸。2Fシングル個室に乗車。

Cimg6366

窓から見た高松駅ホーム。

Cimg6369

2Fシングルの窓は婉曲していて、雨音がうるさい。

Cimg6373

強風のため15分遅れて7:30前に東京駅着。また寒気がしてきて、帰宅して体温を測ったら38.6度もあった。バファリン飲んで大量発汗し、当日中に微熱に戻した。翌日は出勤、サッカー史研究会にも出席できた。


| | Comments (0)

JR四国バースデーきっぷ闘病旅行記 ③ 高知→徳島 

Cimg6283

高知駅8:30発奈半利行きに乗車。

Cimg6284

車内。

Cimg6285

Cimg6286

Cimg6287

Cimg6288

車窓から太平洋を望む。

Cimg6289

Cimg6290

Cimg6291

安芸で阪神タイガース2軍がキャンプ中。祝日だった昨日は、韓国球団と練習試合をして6-0で勝ち、夜のスポーツニュースでも放映してた。2軍の試合なのに2,800人も観客がいたそう。本日の関西スポーツ紙の見出しは「掛布監督初勝利」。

Cimg6297

土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線には「球場前」という駅があるうえに、阪神電車にもないこんな車両まである。

Cimg6292

Cimg6293

安芸を過ぎると、ビニール園芸の畑が多くなる。

Cimg6294

土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線完乗。

Cimg6295

高知県でキャンプ中のプロ野球、Jリーグ・チーム。

Cimg6296

奈半利駅から同じ車両でUターン。

Cimg6298

沿岸近くで漁をする漁船。たぶんシラス漁であろう。

Cimg6299

漁港のそばにシラス干場が見えた。煙が出ているので、茹でてるところであろう。

Cimg6300

土佐電鉄の東の終点、後免町駅。

Cimg6301

後免駅から岡山行き「南風」に乗車。

Cimg6302

Cimg6303

阿波池田までしか乗車しないが、グリーン車に。

Cimg6304

阿波池田駅で下車。

Cimg6305

駅前はシャッター商店街。

Cimg6306

駅から1軒目にはこんな貼り紙が。

Cimg6307

かつて高校野球界で鳴らした池田高校。

Cimg6308

特急「剣山」徳島行きに乗車。

Cimg6309

Cimg6310

徳島本線は吉野川中流に沿って。

Cimg6311

徳島駅で鈍行鳴門行きに乗り換え。

Cimg6313

鳴門線を完乗。

Cimg6315

吉野川最下流。

Cimg6316

鮎喰川の沈下橋。四万十川まで行かなくても高徳線佐古駅・吉成駅間で見られます。

Cimg6317

本日宿泊するホテルは駅のすぐ横。

Cimg6318

Cimg6319

バスタブは新日本海フェリーや太平洋フェリーの特等で使用されている、上げ底・幅狭の安物。

Cimg6320

本日も昼食なし。うどんなら、なんとか食べられそうとうどん屋を探す。駅ビルのうどん屋は杵屋(高松駅にまで入ってる!)だったので、駅前そごう百貨店の鳴門うどん屋「舩本うどん」でしのだうどん756円。鳴門うどんというのは、讃岐うどんと違ってコシのない、フニャフニャの麺で、体調にはちょうど良かったが、半分しか食べられなかった。

Cimg6321

翌朝の朝食バイキング時には、胃腸が完全復活。

| | Comments (2)

JR四国バースデーきっぷ闘病旅行記 ② 壬生川→高知

Cimg6371

壬生川駅でバースデーきっぷを購入。JR四国管内と土佐くろしお鉄道管内で3日間有効、グリーン車を含め特急乗り放題。

フェリーを使う旅をしていると四国の鉄道路線はほとんど自動的に制覇できてしまう。未乗の土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線、JR四国鳴門線、牟岐線に乗車する、緩い日程を組んでいた。

当初の予定では松山・宇和島・窪川経由で高知泊のつもりだったが、鈍行しかない予土線の車両はトイレ無しなので、健康時でもキツイくらいだ。また鈍行は停車するたびにドアの開閉があって寒いことが予想されるので、いったん高松に行って、土讃線特急で高知に行くことにした。

Cimg6272

岡山行き「しおかぜ」・高松行き「いしずち」に乗車。

Cimg6273

グリーン車は「しおかぜ」編成にしかないので、宇多津まで「しおかぜ」のグリーン席で。JR四国のグリーン車は1両の半分を壁で区切っているので、エアコンの効きが良い。南側の1人掛け席で、ポカポカと暖かく、フルリクライニングにして爆睡した。

Cimg6274

宇多津から高松までは「いしずち」指定席。先頭車両の1番前の席だった。

Cimg6275

食欲がないからといって何も食べないのはよくないと思い、高松駅ビルのカフェでモーニング・セット。消化器も弱っているようで、半分しか食べられなかった。食べた分も嘔吐で戻した。

Cimg6276

岡山発高知行き「南風」号に宇多津・丸亀・多度津で連絡する快速列車で宇多津へ。

Cimg6278

「南風」号グリーン車も1人掛けシート。やはりフルリクライニングして寝てました。

Cimg6279

高知着14時ころ。さすがに高知は北四国よりずっと暖かく、助かる。ホテルのチェックインまで1時間ほど時間があるので、長袖シャツと男物のタイツがあれば買うつもりで、はりまや橋の繁華街方面へいってみる。

Cimg6280

健康ならここで飲む予定だった、土佐の名居酒屋「葉牡丹」。15時前だが、すでにバリバリ営業中。

Cimg6281

はりまや橋から高知駅まで600mくらいだが、体力がなく、路面電車で戻る。15時ジャストにチェックインし、熱めの風呂で暖まって横になる。夕食に昨日買ったクロワッサンを食べたが、これも戻す。頻尿、嘔吐、下痢で水分を排出してるわりには、喉が渇かなかったのだが、夜中1時過ぎに目が覚めると、猛烈に喉が渇いている。これは病勢がヤマを越えた兆候なので、水をガブガブのんで、バファリンを服用。1時間たたずに大発汗し、解熱した。

Cimg6282

ホテルの朝食バイキングが食べられるまでに回復。

| | Comments (0)

JR四国バースデーきっぷ闘病旅行記 ① 四国開発フェリー「おれんじ7」特別室乗船記

旅行初日の朝、体温を測ったら37.2度(平熱は35.2度)あった。仕事なら当然休むところだがw、チケットも購入済みなので、出発を強行。

Cimg6259

品川駅のカフェで朝食。

Cimg6260

ぷらっとこだまで名古屋へ。10時ころ到着。予定では松阪へ寄ってから大阪から乗船するはずだったが、名古屋で少し休んで、難波行き直通列車で直行することにした。JR名古屋駅直上の高島屋のサロンのような椅子で1時間半ほど休息。

Cimg6261

Cimg6262

難波行きアーバンライナーの停車駅は津と鶴橋だけ(以前は津も通過していたはず)。1人掛けデラックスシート。フルリクライニングにしてほとんど寝てた。

Cimg6263

テツにはうれしい運転席前面展望映像サービス。

3時くらいに難波到着。オレンジフェリーの乗船は20時からなので、4時間くらい時間を潰さなければならない。30分に1回の尿意頻度で、しかも嘔吐と下痢つき、となるとデパートくらいしか思いつかない。なぜか難波にも高島屋がありw、7~9Fのレストラン・フロアにサロン風椅子があって、空いている清潔なトイレも近くにある。9Fが一番高級そうで空いていたので、ほとんど9Fにいた。福寿館という牛肉料理(ステーキ・すき焼き)の店が繁盛してたので、次回フェリーに乗船する際には持ち帰りの折(3千円くらい)を利用したい。同じ階に「吉兆」もあったが、客は春節旅行中の中国人客のみ。

4時間近く高島屋にお世話になったので、地下食料品売り場でなにか買おうと思うが、食欲が全然なく、クロワッサン専門店でクロワッサン2個を買ったのみ。次回難波に行ったときにお返ししますw

Cimg6264

19:15に難波を出発、大国町、住吉公園を経由して大阪南港フェリー・ターミナルへ。特等シングルで予約していたが、部屋にトイレも風呂もないので、「特別室」に等級変更。

Cimg6265

ベッドも上等に。

Cimg6266

「おれんじ7」ではトイレ・風呂付は特別室のみ。オレンジフェリー大浴場の湯温がぬるいのはわかっているので、熱めの湯温を設定できるバス付キャビンにした。

Cimg6267

Cimg6268

室内デッキが最大のウリ。健常時なら夜景が楽しめたはずだが・・・

Cimg6269

「おれんじ7」特別室でも、ベッドに寝ながら夜景が見られることを発見w この日はもちろんそんな余裕はなし。

Cimg6270

朝食は嘔吐ですべて戻し、昼食は抜きだが、全然食欲がなく、難波地下街のドラッグストアで買ったしょうが湯とバファリンを飲んで就寝。2時間くらい寝たら、寒気で目が覚めた。ヒートテックの長袖シャツ、タイツの上にシャツを着ても寒いので、ダウンジャケットまで羽織ってベッドに入った。

Cimg6271

翌朝6時東予港着。7時まで滞船し、熱い風呂で温まって下船。出すものは出したので、嘔吐と下痢はなくなったが、頻尿は変わらず。食欲はなく、昨日の昼・夕食に続いて、本日の朝食もパス。体温測定してないが、38度以上あったはず。壬生川行き連絡バスは私を含めて2人乗車。7時10分ころ壬生川駅着。


| | Comments (2)

« January 2016 | Main | March 2016 »