« JR四国バースデーきっぷ闘病旅行記 ③ 高知→徳島  | Main | 松阪リベンジ紀行 »

JR四国バースデーきっぷ闘病旅行記 ④ 小豆島フェリー「第七しょうどしま丸」乗船記

Cimg6323

本日のスタートは徳島駅9:51発牟岐行き特急「むろと1号」。

Cimg6324

体調は回復したが、天候は本降りの雨。

Cimg6326

牟岐駅から海部行き鈍行に乗り換え。

Cimg6325

車内。特急の乗客はほとんど乗り換えたもよう。甲浦へは海部駅から阿佐海岸鉄道に乗り換え、室戸へは甲浦でさらにバスに乗り換えなければならない。特急「むろと」(2両編成)はなぜ甲浦行きにしないのだろうか。不親切この上ない。

Cimg6327

Cimg6328

Cimg6329

牟岐まではほとんど海が見えなかったが、牟岐・海部間は海岸が見える。

Cimg6332

海部駅到着。牟岐線完乗。

Cimg6330

Cimg6331

Cimg6333

Cimg6334

コンビニどころか自販機すらない海部駅前。

Cimg6335

阿佐海岸鉄道の車両。

Cimg6339

徳島駅に戻り、特急「うずしお」高松行きに乗車。

Cimg6342

雨に煙る屋島。

Cimg6343

15時ころ高松着。21:25発のサンライズ瀬戸乗車までたっぷり時間があるので、高松港フェリーターミナルへ。再開発されて、駅からフェリー・ターミナルまで傘をささずに移動できる。

Cimg6344

女木島・男木島航路の雌雄島海運「めおん2」。

Cimg6345

Cimg6346

土庄航路の小豆島フェリー「第七しょうどしま丸」が入港中。

Cimg6347

「第七しょうどしま丸」に乗船。土庄まで往復1,320円。片道約1時間。

Cimg6348

船室内。売店がフル営業、うどんもあり。

Cimg6350

デッキ。この上にも屋根のないデッキがある。

Cimg6349

宇高航路の四国フェリー「第85玉高丸」。宇高航路の桟橋は離れていて、雨に濡れないと行けないので、土庄航路にした。どちらにせよ、この天候では何も見えない。

Cimg6351

何も見えないので、航跡でもw

Cimg6352

Cimg6353

ようやく小豆島の島影が。

Cimg6354

海上をごま油の香りが漂います。

Cimg6355

その発生源。

Cimg6358

宇野・豊島・土庄航路の小豆島豊島フェリー「フェリーてしま」。

Cimg6359

高速船桟橋方面。

Cimg6360

土庄港フェリー・ターミナルでうどんでも食おうかと思っていたら、工事で閉館中。仕方ないので、同じ「第七しょうどしま丸」でUターン。

Cimg6363

高松港フェリー・ターミナルと駅の中間にあるサンポート高松マリタイムプラザというビルにあるうどん屋「郷屋敷」支店。本店は国指定有形文化財登録の庄屋屋敷でうどん会席を食わせるお店。

Cimg6361

ついに生ビールが飲めるまでに回復。

Cimg6362

「源平御膳」、1,580円。

Cimg6365

サンライズ瀬戸。2Fシングル個室に乗車。

Cimg6366

窓から見た高松駅ホーム。

Cimg6369

2Fシングルの窓は婉曲していて、雨音がうるさい。

Cimg6373

強風のため15分遅れて7:30前に東京駅着。また寒気がしてきて、帰宅して体温を測ったら38.6度もあった。バファリン飲んで大量発汗し、当日中に微熱に戻した。翌日は出勤、サッカー史研究会にも出席できた。


|

« JR四国バースデーきっぷ闘病旅行記 ③ 高知→徳島  | Main | 松阪リベンジ紀行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« JR四国バースデーきっぷ闘病旅行記 ③ 高知→徳島  | Main | 松阪リベンジ紀行 »