« 「フェリーびざん」に乗って眉山へ ⑤ 眉山に登る | Main | 1940年幻の東京オリンピックに対する蹴球協会の強化策 »

「フェリーびざん」に乗って眉山へ ⑥ オーシャン東九フェリー「フェリーびざん」乗船記(復路) 

Cimg7808

2食分の食料を仕入れて、徳島駅前からフェリー・ターミナル行きのバスに乗車。往路と違って、ジジババが大勢乗ってたが、終点1つ前の競輪場外車券売り場のようなところで全員下車してしまい、結局終点まで乗ったのは自分1人だった。

Cimg7810

Cimg7811

ワンフレームに収まらないので、前部と後部に分けて撮影。

Cimg7812

「フェリーびざん」の前方に眉山。

Cimg7814

往路と同じく下段。

Cimg7815

川(新町川?)の向こうに津田フェリー・ターミナル。

Cimg7816

Cimg7817

往路と違って好天だったので、日中は展望デッキがオープンでした。

Cimg7818

徳島から乗船すると、いつでもフィッシュカツと竹ちくわのランチ。

Cimg7819

右舷に伊島を過ぎると、四国にグッドバイ。

Cimg7820

Cimg7821

巡行速度の20ノットで快調に航海。

Cimg7822

進行方向変更ポイントまでの時間数も表示されているので、予定がたてやすい。

Cimg7824

Cimg7825

Cimg7827

潮岬付近は重要航路なので、行きかう船が多い。

Cimg7828

潮岬灯台。

Cimg7829

重畳とした紀伊山地。

Cimg7830

串本と大島の間を撮ったが、橋杭岩は写っているのか?

Cimg7831

徳島駅のウイリーウインキーで買ったパンの夕食。

Cimg7832

翌朝5時前、夜間のため閉鎖されていた展望デッキが開放。

Cimg7833

Cimg7834

Cimg7835

この時間だと、東京湾のど真ん中。アクアライン付近。

Cimg7836

日の出は雲のため不発だったもよう。

Cimg7844

Cimg7845

東京ゲートブリッジ。

Cimg7846

スカイツリー。

Cimg7847

東京港フェリー・ターミナル。

Cimg7848

若い男女が大勢乗船していた。ジャージを着て、酒なんかも飲んでリラックスしていたので、サイクリング関係の大学のサークルかと思っていたら、陸自の隊員だった。

Cimg7850

往路はなかった送迎ワゴンだが、下船後のは健在。

Cimg7852

新門司から乗船した陸自は災害支援からの帰途らしい。

|

« 「フェリーびざん」に乗って眉山へ ⑤ 眉山に登る | Main | 1940年幻の東京オリンピックに対する蹴球協会の強化策 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「フェリーびざん」に乗って眉山へ ⑤ 眉山に登る | Main | 1940年幻の東京オリンピックに対する蹴球協会の強化策 »