« 「フェリーびざん」に乗って眉山へ ③ 小豆島豊島フェリー「フェリーてしま」乗船記 | Main | 「フェリーびざん」に乗って眉山へ ⑤ 眉山に登る »

「フェリーびざん」に乗って眉山へ ④ 四国急行フェリー「第八十五玉高丸」乗船記

Cimg7751

宇高航路に乗り換えの間にJR宇野駅へ。いつの間にかスパニッシュ駅舎?に

Cimg7752

Cimg7753

「第八十五玉高丸」。

Cimg7838

車両デッキには意外にたくさんの車両が。

Cimg7755

船内。座席。

Cimg7756

売店。

Cimg7757

ライブラリもあります。

Cimg7758

展望デッキ。

Cimg7759

短距離航路なのに無料の風呂サービスがあります。

Cimg7760

ロッカー。

Cimg7761

ちゃんとお湯も張られてます。

Cimg7762

洗い場。かつて宇高航路で3社がダンピング競争してた時代、片道250円で乗船できました。東京の銭湯よりずっと安かったので、東京から岡山・高松へ夜行バスで行き、四国フェリーで朝風呂したことがあります。

Cimg7763

上部デッキは立ち入り禁止。

Cimg7764

船内の売店できつねうどん(320円)を購入、デッキで食べます。宇高連絡船では、展望デッキにうどん屋があって、立ち食いでした。

宇高航路図。印は大槌島。

Cimg7765

Cimg7766

Cimg7767

Cimg7768

三井造船玉野造船所。

Cimg7769

精錬所の裏側、宇高航路側からみた直島。

Cimg7772

大槌島と瀬戸大橋。大槌島の真ん中が岡山・香川県境。

Cimg7775

Cimg7776

行きかう船。

Cimg7777

宇高航路は直線ではなく、西側にカーブしている。このブイの西側が航路。

Cimg7778

航跡でも、カーブしていることがわかる。

Cimg7779

網を引いていた漁船。

Cimg7781

高松港へ。

Cimg7782

高松からは高速バスでJR徳島駅へ。

|

« 「フェリーびざん」に乗って眉山へ ③ 小豆島豊島フェリー「フェリーてしま」乗船記 | Main | 「フェリーびざん」に乗って眉山へ ⑤ 眉山に登る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「フェリーびざん」に乗って眉山へ ③ 小豆島豊島フェリー「フェリーてしま」乗船記 | Main | 「フェリーびざん」に乗って眉山へ ⑤ 眉山に登る »