« 『British Foreign Office: Japan Correspondence』の1918年分 | Main | 「フェリーびざん」に乗って眉山へ ② 小豆島フェリー「スーパーマリン」乗船記  »

「フェリーびざん」に乗って眉山へ ① オーシャン東九フェリー「フェリーびざん」乗船記

東京から瀬戸内海のフェリーに乗船するため、新幹線「のぞみ」で新大阪まで行くのに片道約1万5千円、往復約3万円かかる。休暇をとる制約がなくなったので、往復フェリーで四国まで行ってみることにした。

Cimg7650

自宅から世田谷線、田園都市線、山手線、りんかい線を乗り継いで国際展示場前駅へ。17:30前に着いたが、17:30、17:50、18:10に来るはずの送迎ワゴンが来ない。もう1人待っていた方が東九フェリーに電話したところ、送迎ワゴンは廃止になったとのこと。結局従業員送迎用ワゴンでフェリー・ターミナルへ。そのドライバ氏によると、昨日も同様の客がいたらしい。ひどい話もあったもんである。無料で乗せてもらったが。帰路もフェリーだったので、確認したが、上記案内を訂正した形跡はなかった。HPもそのまま。

Cimg7651

「フェリーびざん」。低気圧のため、徳島到着は2~3時間遅れとのこと。

Cimg7652

オール2等寝台。

Cimg7655

船の2等寝台はカーテンを閉めると通風がなく、寝苦しいのが欠点だったが、最新のは通風孔が付いていて、そううことはなかった。

Cimg7656

自販機があるオーシャンプラザ。

Cimg7657

同窓際カウンタ席。

Cimg7658

位置情報。

Cimg7659

大浴場の入口にあるリラクゼーションスペース。

Cimg7660

フォワードロビー。前方の視界は広くない。

Cimg7661

乗船当日、翌日午前中は悪天候のため、展望デッキに出られず。

Cimg7653

夕食は持参のパン。

Cimg7654

缶酎ハイも追加。150円と良心的価格。

Cimg7664

潮岬灯台。

Cimg7667

Cimg7668

Cimg7669

ローリングする貨物船。3時間半延着で徳島港着は16:50になりそうとのこと。船内インフォメーションで徳島・高松間、高松・土庄間の時刻表を調べてもらったところ、高松発20:20、土庄着21:20のフェリー最終便には間に合いそう。宿泊予定のオーキドホテルに電話したところ、20時以降到着の場合夕食はレストランでなく、部屋でパック食になるとのこと。

Cimg7676

Cimg7677

紀伊水道に入ってようやく平常航海になり、デッキも公開。

Cimg7672

前日東京湾を出たのち閉鎖されていた大浴場もオープン。

Cimg7673

Cimg7674

ロッカーは鍵付き。

Cimg7675

シャワールーム。

Cimg7678

荒天時15ノットくらいだった速度も20ノット近くに回復。

Cimg7679

大鳴門橋。

Cimg7680

眉山。

Cimg7681

結局、徳島港着は15:40。

Cimg7682

徳島駅行き送迎バスの乗客は私1人だけ。

|

« 『British Foreign Office: Japan Correspondence』の1918年分 | Main | 「フェリーびざん」に乗って眉山へ ② 小豆島フェリー「スーパーマリン」乗船記  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『British Foreign Office: Japan Correspondence』の1918年分 | Main | 「フェリーびざん」に乗って眉山へ ② 小豆島フェリー「スーパーマリン」乗船記  »