« 2016年北海道往復フェリー旅行記 ① 新日本海フェリー「らいらっく」乗船記 | Main | 2016年北海道往復フェリー旅行記 ③ 太平洋フェリー「きたかみ」乗船記 »

2016年北海道往復フェリー旅行記 ② 北海道12時間滞在記

現在、本州・北海道航路の北海道側港湾は、小樽、苫小牧、函館しかないので、イン・アウト共にこの3港というパターンが多い。せっかくリタイアしたので、一応は道北や道東方面のプランも立ててはみた。しかし、道内公共交通機関の衰退著しく、徒歩客にとって、自分の若い頃よりもさらに厳しい状況になっているようだ。行程や宿泊地が限定され、日程に余裕がなくなるので、断念。

Cimg8704

定時4:30に到着。

Cimg8706

以前、フェリー・ターミナル内に新日本海フェリーが経営する温浴施設があり、入港後まっすぐ駅に行っても、始発まで時間があるので、毎度利用していた。5Fくらいにあったので、景色もよく、浴室から海が見えた。しかし廃業。すぐ近くのオスパ小樽を初利用。

Cimg8707

入湯料850円。保温性の高い強塩泉で、10分くらい肩まで浸かっていたら、サウナに入る必要ないくらい汗が噴き出した。

Cimg8710

2Fが大広間になっていて、休息できる。シーツ付きのマットレスと枕、および毛布もレンタルしており、簡易宿泊も可。女性を含む宿泊利用者が数名いた。ライダー系高齢利用者が多い感じ。

Cimg8709

窓からみえる「らいらっく」。すぐ近所だが、冬はまっ暗で、下もツルツルなので、要注意。

Cimg8714

6時過ぎに出発。徒歩でブラブラと小樽駅(2.8km)をめざす。若いころ、鱗友市場まで朝飯を食いにいったことがある。

Cimg8715

クルーズ船が入港してきた。後で調べたら、「ダイヤモンド・プリンセス」だった。

Cimg8716

サハリン航路の夢の跡。

Cimg8717

ロシア語でも広告してます。

Cimg8719

道の両側に倉庫。

Cimg8720

Cimg8722

小樽運河。6時台なのに、中国人がかなりいた。

Cimg8721

駅前の通りに到着。坂を登る。

Cimg8723

途中に手宮線跡があります。

Cimg8725

7時過ぎに小樽駅到着。

Cimg8726

駅のカフェは開店しておらず、ラッシュの前に札幌へ。札幌駅まで640円。PASMO使えるか、確認せず。

Cimg8727

小樽を出たあと、銭函駅付近まで続く海岸沿いの線路。大都市近郊の通勤・通学路線としては、山陽線・山陽電鉄線の須磨・垂水あたりと並ぶ、日本屈指の景観路線だと思う。

Cimg8728

札幌駅到着後、まずは次に乗る予定のバスの乗車地を確認。自販機で苫小牧港行き乗車券(1,310円)を購入。座席指定はなくて、降車時に後払い方式。15時発に乗車予定。

Cimg8729

バス・ターミナル地下でモーニングの朝食。

Cimg8730

札幌駅から徒歩圏内の北大植物園をめざします。

Cimg8731

途中に北海道庁旧本庁舎があります。

Cimg8732

Cimg8733

モネの絵のような池。

Cimg8734

Cimg8735

Cimg8736

Cimg8737

入館無料。庁舎内は、絵画のようなコピーライト関係のもの以外は撮影フリー。

Cimg8738

北大植物園正門。入場料420円。

Cimg8739

ハルニレの木が多い。

Cimg8740

Cimg8742

時間があるので、木陰で読書してました。

Cimg8743

Cimg8744

Cimg8747

Cimg8748

Cimg8750

Cimg8752

Cimg8754

Cimg8755

Cimg8757

花壇の花々。

Cimg8758

植物園開設当時の自然林を残した一画もあります。

Cimg8760

Cimg8761

北大関係の重文建築物。

Cimg8763

円内の北方民族資料館に展示されていたエゾオオカミの剥製。

Cimg8765

映画にもなった樺太犬「タロ」。奇跡の生還後は、北大植物園で飼育されていた。「ジロ」の剥製は国立科学博物館にあります。

Cimg8768

予定通り、15時発のバスに乗車。苫小牧港まで約2時間。冷房効きすぎ。下車したら、車内よりさらに寒かったw

|

« 2016年北海道往復フェリー旅行記 ① 新日本海フェリー「らいらっく」乗船記 | Main | 2016年北海道往復フェリー旅行記 ③ 太平洋フェリー「きたかみ」乗船記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2016年北海道往復フェリー旅行記 ① 新日本海フェリー「らいらっく」乗船記 | Main | 2016年北海道往復フェリー旅行記 ③ 太平洋フェリー「きたかみ」乗船記 »