« June 2016 | Main | August 2016 »

佐野でラーメン食べてきた

暑い季節は暑い北関東へ。

Cimg8925

Cimg8926

渋谷駅から湘南新宿ライン宇都宮行きに乗車。

Cimg8927

古河駅付近の高架から筑波山が見えた。

Cimg8928

小山駅で両毛線に乗り換え。

Cimg8929

佐野駅で下車。

Cimg8931

暑いので、駅近くの赤見屋本店で。

Cimg8930

中華そば600円。

Cimg8932

佐野駅北口は城山公園入口。

Cimg8933

Cimg8934

旧・佐野城址の城山公園。戦国時代により奥地の山城、唐沢山城に拠った佐野市は安土桃山時代に佐野城と城下町を作ったが、江戸初期に廃絶となり、佐野城は破却。佐野領は、私が今住んでいる世田谷と同じく、彦根藩井伊氏の飛び地となった。世田谷代官は佐野奉行の支配下にあった。

Cimg8935

公園内にホールがあり、一角に郷土史コーナーのようなものがあった。戦国時代、佐野は古河公方対関東管領、越後上杉氏(謙信)対小田原北条市(氏康、氏政)の2大勢力の最前線にあって、しぶとく戦国時代をサバイバルしたそうだ。彦根の「植民地」だった江戸時代にはほとんど触れず。江戸時代に重商主義政策を行ったことで知られる田沼意次・意知父子は、佐野氏末裔を自称しており、佐野氏末裔の旗本、佐野政言との系図に関するトラブルで、意知が暗殺されたことをきかけに、田沼意次は没落した。

Cimg8936

再び両毛線に乗車。

Cimg8937

足利学校に行くつもりだったが、あんまり暑いのでスルー。

Cimg8938

桐生駅で高崎行きに乗り換え。

Cimg8939

Cimg8940

高崎駅の登利平で鳥めし松(820円)を購入、持ち帰って夕食に。

| | Comments (0)

小学校学習指導要領におけるサッカーのジェンダー ① 小学校学習指導要領(昭和33年10月1日施行)

小学校学習指導要領は昭和22(1947)年から告示されているが、内容が拘束力をもつようになったのは昭和33(1958)年からである。

小学校学習指導要領(昭和33年10月1日施行)におけるサッカー

第2章 各教科 第8節 体育

第2 各学年の目標および内容

〔第1学年〕

D ボール運動

(1) 次の運動によって,ボールの取扱に慣れさせ,簡単なゲームができるようにする。

エ 対列ボールけり……とまっているボールをける。ころがってくるボールをとめてける。

〔第2学年〕

D ボール運動

(1) 次の運動によって,ボールの取扱に慣れさせ,簡単なゲームができるようにする。

エ 対列ボールけり……ボールを手・体・足でとめ,けり返す。

〔第3学年〕

D ボール運動

(1) 次のボール運動の技能を養い,ゲームができるようにする。

エ ラインサッカー……ボールをけって進める。方向を決めてボールをける。

〔第4学年〕

D ボール運動

(1) 次のボール運動の技能を養い,ゲームができるようにする。

エ ラインサッカー……相手や味方の位置に応じて方向・強さを考えてボールをける。パスされたボールをすばやく移動して取る。相手がボールをけるのを足でじゃまをする。

3 指導上の留意事項

(3) 男女が反発しあう時期であるから,男女仲よく助けあって運動を行うように指導する。

〔第5学年〕

D ボール運動

ウ 簡易サッカー……ドリブルやパスでボールを進め,ゴールにけり込む。足・脚・体を使ってボールを止める。頭の上からスローインする。相手のボールを前や横からじゃまをする。ゴールキーパーは,ボールを手や足で止めて防ぐ。審判をする。

3 指導上の留意事項

(4) D(1)のウ「簡易サッカー」の指導では,男女別に練習の方法やチームの編成などを考慮する。このことについては第6学年においても同様である。

〔第6学年〕

D ボール運動

(1) 次のボール運動の技能を高め,ゲームができるようにする。

ウ 簡易サッカー……右足も左足も使ってける。ヘッディングをする。ドリブルからパスやシュートをする。相手のボールを前や横からじゃまをする。ポジシヨンを守って攻めたり守ったりする。審判をする。

| | Comments (0)

1969年ラウスFIFA会長の女子サッカーへの言及 読売クラブのグラウンド開きと少年サッカー・スクール発足式に関する『報知新聞』『読売新聞』記事 

『ベレーザの35年 日本女子サッカーの歩みとともに』(ベレーザ創部35周年記念誌発行委員会 2016)中の牛木素吉郎「読売クラブの女子チーム」(p.106-108)に、読売クラブ創設当時のFIFA会長スタンレー・ラウスが、すでに女子サッカーの発展に言及していたことが紹介されている。

“1969年10月12日に行われた「グラウンド開き」にラウス会長が出席して祝辞を述べた。ラウスは、日本で開かれた第1回FIFAアジア地区コーチングスクール開会式のために、たまたま来日中だった。

 彼は、祝辞の中で次のように述べた。

 「このグラウンドから、女性のサッカープレーヤーも育つよう期待しています」

 今にして思えば、このFIFA会長の発言は「ベレーザ」のルーツである。なぜなら、この読売サッカー場を根拠に「読売サッカークラブ」が設立され、その女子チームとしてのちにベレーザが生まれたからである。

 このFIFA会長の発言は、ほとんど知られていなかった。今回、ベレーザの記念誌を編集するに当たって、編集委員として記録の収集を担当した中村年秀が、10月13日付けのグラウンド開きを報じた短い報知新聞の記事の中に、ラウス発言が掲載されているのを発見した。”(p.106)

2016年7月25日のサッカー史研究会で、中村年秀氏から直接この記事発見について拝聴することができたが、記事そのものは紹介されなかった。そこで、この件に関する『報知新聞』記事、ついでに『読売新聞』記事を閲覧してきたので、紹介したい。電子版ヨミダス歴史館に収録されている『読売新聞』記事はともかく、マイクロ(ロール)フィルムの『報知新聞』記事へのアクセスは、日付がわかっていても七面倒。よほど根気と集中力がなければ、こんな小さな記事を見つけられまい。

『報知新聞』1969年10月13日付 第9面

5段の囲み記事。上2段は「完成したばかりのサッカー・グラウンドで無心にボールをける少年」の写真。記事本文は3段

女性も参加しよう

  <よみうり少年サッカー・スクール発足>

 よみうり少年サッカー・スクール発足式とグラウンド開きが十二日午後一時から川崎市多摩丘陵のよみうりランド内に完成したサッカー場で行なわれた。

 会場にはスタンレー・ラウス国際サッカー連盟(FIFA)会長はじめ野津日本協会長、サッカー・スクールの少年や父兄約五百人が集まり盛大に前途を祝った。

 野津日本協会長が「少年たちの体力づくりは学校体育だけでは不十分だ。この意味で少年たちが楽しくスポーツに親しめるように施設ができた意義は大きい」とあいさつ。ついでFIFAのアジア地区コーチング・スクール開会式に出席のため来日しているラウス会長が「サッカーをやればしあわせがおとずれる。ルールを守り、女性もやってほしい」と呼びかけた。

 サッカー場はことし四月に施工。総工費一億二千万円をかけて四面が作られた。前面芝生でおおわれ、周囲は高い金網でかこまれている。二面には夜間照明設備があり、ナイター試合も可能だ。

 同ランドでは、土、日曜は会員が使用、そのほかは一般に有料で公開される予定。いまのところ少年の部に約百七十人、一般、青年の部に五十人の会員がいるが、将来は少年会員を中心に六百人ぐらいまでふやしたいという。

 なお月額は少年(小学三年―中学三年)は入会金千五百円、毎月会費千二百円。コーチには日本協会の技術指導委員が随時当たることになっている。”

Cimg8906

『読売新聞』1969年10月13日付 第11面

3段の記事。写真なし。

少年サッカー・スクール開校

 日本最初の本格的スポーツ・クラブ『読売サッカー・クラブ」のグラウンド開きと、同クラブの少年サッカー・スクールの開校式が、十二日午後一時から東京・多摩丘陵のよみうりランドで行なわれた。

 同クラブは、サッカーの正しい育成と普及のために読売新聞、報知新聞、日本テレビ、よみうりランドの四社が協力して設立したもので、工費一億二千万円。さる四月から建設中だった前面芝生のグラウンド四面(うち二面はナイター設備完備)も完成した。

 この日、会場には橋本道淳読売新聞社事業本部長、日本サッカー協会野津謙会長、また来日中のスタンレー・ラウス国際サッカー連盟会長など来賓約百人のほか、少年サッカー・スクールの生徒百五十人が出席。橋本事業本部長の設立趣旨説明に続いて野津会長が「読売サッカー・クラブの発足は、日本サッカー界にとって大きなプラスだ。ぜひ世界一のクラブに育ててほしい」とあいさつ、さらにラウス会長「よいメンバーになるように心がけてください。きっとサッカーがみなさんにしあわせをもたらすでしょう」―と少年サッカー・スクールの生徒たちに呼びかけた。

 このあと、在日フランス少年チームとのエキシビション・ゲーム、日本サッカー協会技術指導員らの指導でさっそく少年サッカー・スクールがスタートした。”

Cimg8907

『報知新聞』の見出しが「女性も参加しよう」、ラウス会長の発言は「サッカーをやればしあわせがおとずれる。ルールを守り、女性もやってほしい」なのに対し、『読売新聞』の方は「よいメンバーになるように心がけてください。きっとサッカーがみなさんにしあわせをもたらすでしょう」で、女子サッカーには言及されていない。

参加者数は、『報知新聞』が「スタンレー・ラウス国際サッカー連盟(FIFA)会長はじめ野津日本協会長、サッカー・スクールの少年や父兄約五百人」なのに対し、『読売新聞』は「橋本道淳読売新聞社事業本部長、日本サッカー協会野津謙会長、また来日中のスタンレー・ラウス国際サッカー連盟会長など来賓約百人のほか、少年サッカー・スクールの生徒百五十人」。報知の約500人が正しければ、約250人は生徒の父兄や家族ということになる。その中に生徒の姉妹が混じっていたのかもしれない。ラウス会長は、会場に意外に少女がたくさんいたので、リップ・サービスしたのだろうか。

なお、読売クラブ創立のキー・パーソン牛木氏は、1969年10月12日当日はワールドカップ・メキシコ大会アジア・オセアニア予選の日韓戦がソウルであったため、ソウル滞在中だったとのこと。報知など他紙の第一線サッカー記者も、当然そちらに動員されていたはずである。

ラウス会長の来日の目的は、日本における組織的コーチ養成の始まりとなったFIFAコーチング・スクール開会式出席だった。同時に、日本で最初に底辺からトップ(チームのJSL優勝、日本代表クラス)まで同一クラブで育成に成功した読売クラブの開始式典に参加したことは、単なる偶然とはいえないだろう。ラウス会長は、日本サッカーが「育成」に舵を切る転換点に立ち会ったといえるのではないだろうか。

| | Comments (0)

あれも岡山、これも岡山

川淵キャプテン、水島工に「誤審」謝罪

創志学園が逆転甲子園 長沢監督「後味悪い」/岡山

| | Comments (0)

笹子紀行

中央線や中央道から見える場所で、一度行ってみたいと思っていた所が、笹子である。18切符が使用可能になったので、さっそく行ってきた。

Cimg8874

武蔵溝ノ口駅から南武線で立川へ。

Cimg8875

立川駅からはおりよく、大月行きに乗車。小山田氏の居城、岩殿城址の麓に大月駅がある。武田勝頼はここを目ざしていたが、小山田氏の裏切りにより、笹子峠も越えられなかった。

Cimg8879

Cimg8876

大月駅構内の蕎麦屋(座席あり)で、かき揚げ天蕎麦(380円)のブランチ。

Cimg8877

Cimg8878

富士急大月駅。相変わらず、外国人多し。

Cimg8881

甲府行に乗車。

Cimg8883

車窓から目立つ笹一酒造。ショップの酒遊館も営業してるとのことで、ここが目的地。

Cimg8884

下り甲府方面。立ちはだかる笹子峠の下に、笹子トンネルがあります。

Cimg8885

登り東京方面。甲府盆地とは笹子峠を挟む山峡にあって、天然の要害、岩殿城に拠る小山田氏が、武田氏に対して半独立的立場だったのも頷けます。

Cimg8886

駅標。すぐ上を中央道が通っている。なので、笹一酒造は中央道からも目立ちます。

Cimg8887

笹子駅舎。

Cimg8888

駅前に笹子餅の「みどりや」があります。その昔、笹子峠を越えた隣駅の甲斐大和駅・笹子駅間で、鈍行列車には珍しい車内販売がありました。お土産だけでなく、コーヒーも売ってたので、コーヒーを買った記憶があります。

Cimg8889

駅から国道20号沿いに歩くこと数分で笹一酒造です。


Cimg8891

Cimg8892

酒蔵方面(見学可)。灘五郷は西宮の産で、酒蔵は珍しくもないので、見学はしませんでした。

Cimg8890

ショップの酒遊館。

Cimg8893

当然ながら、日本酒が並びます。

Cimg8894

ほんの一部のみ試飲できます。

Cimg8895

甲州名物一升瓶ワイン。一度買って帰りたいが、徒歩では無理。

Cimg8896

笹一酒造側から見た、下から笹子川、中央線、中央道。

Cimg8897

酒遊館でワイン、みどりやで笹子餅を購入。

Cimg8898

Cimg8899

甲州種の樽発酵白ワイン(2,100円)。

Cimg8900

笹子餅(5個入り)(430円)。

Cimg8901

スイッチバックの名残。

Cimg8903

思いのほか大荷物になったので、往路と同じコースで直帰。


| | Comments (0)

競優牧場と初めての北海道旅行

競優牧場の「元」牧場主が、サラブレッドを射殺した容疑で逮捕されたニュースを見て、大学2年(関西では2回生)時の1975年に初めて北海道旅行したおり、同牧場を見学したことを思い出した。

前年に引退したハイセイコーが、新冠の明和牧場に繋養されていたので、明和牧場訪問が主目的だった。ハイセイコーは空前の人気馬で、主戦騎手の増沢末夫が出した『さらばハイセイコー』というレコードが数十万枚の大ヒット・ソングになったくらいだった。引退したスター・ホースを牧場訪問するという観光パターンは、まさにこの年が元年だった。

ラジオを聴きながら受験勉強する「ながら族」であり、土日は競馬中継を聴いていたので、それなりに競馬になじんでいた。高3時1973年の菊花賞(当日は旺文社の模擬試験で中継は見れず)で、皐月賞馬ハイセイコーとダービー馬タケホープの連勝馬券を千円買ったら、ビギナーズ・ラックという奴で、810円の配当がついて7千円ほど儲かった。晴れて、京都の大学に入学後は、せっせと淀や仁川に通い(阪急神戸線沿線に住んでいた)、なけなしの金をJRAに貢いでいた。

同級生3人で夏休みに北海道に行くことになったとき、最初に新冠に2泊して牧場巡りする行程にしてもらった。午前10時くらい大阪発の青森行き昼行特急「白鳥」、深夜の青函連絡船、函館から急行を乗り継ぎ、函館、札幌などは素通りして、いきなり新冠のユース・ホステルに連泊した。間1日をレンタ・サイクルで牧場巡りにあてた。

メインはハイセイコーの明和牧場だったが、同牧場はサラブレッド銀座といわれる競走馬牧場地帯にあったので、近隣(といっても自転車で20分くらいかかった)の、タケシバオーを繋養する競優牧場も訪問した。タケシバオーは愛想のいい馬で、カメラを向けると、横を向いて、キチンとポーズを決めてくれるのであった。タニノムーティエのいた牧場にも行ったはずである。新冠の後は浦河にも寄って、シンザンの銅像前で記念写真も撮った。その後は、襟裳岬から十勝に抜け、道東、道北を巡って、札幌、函館から、往路と同じ「白鳥」で戻った。

大学生時代の東京都知事は美濃部亮吉で、公約「公営ギャンブル廃止」は、東京よりもむしろ馬産地の日高で反響が大きかったのを記憶している。美濃部都政には賛否あるが、最近の地方公営ギャンブルの不振ぶりをみると、これは結果オーライだったのかも。公営ギャンブルの赤字を税金で補填するなど、本末転倒もよいところ。岩手県知事時代に、大赤字の岩手競馬を廃止しそこねた人物が都知事に立候補してるが・・・

| | Comments (0)

2016年北海道往復フェリー旅行記 ③ 太平洋フェリー「きたかみ」乗船記

Cimg8771

真ん中に太平洋フェリー「きたかみ」。

Cimg8772

前に商船三井フェリー「さんふらわ さっぽろ」。

Cimg8773

後ろにシルバーフェリー「シルバープリンセス」。

新門司港でも3社4隻の揃い踏みが見られますが、埠頭が離れてます。

Cimg8774

6デッキ、1等アウトサイド、2段ベッドの2人用キャビン。灰皿が置いてあり、禁煙ではないので、少々煙草臭い。

Cimg8775

TVは薄型ではありません。

Cimg8776

湯沸かしポット。

Cimg8777

お茶はTVの下に。

Cimg8778

シャワー付き。

Cimg8779

トイレはシャワートイレにあらず。

Cimg8780

窓の外。フォワード・サロンの真下。

Cimg8781

自室でシャワーを浴びて、夕食に。3日連続昼食抜き。札幌駅前大丸地下で買った紅さけ昆布はさみ巻。

Cimg8782

茄子の煮物。

Cimg8783

駅前の佐藤水産で買った紅鮭おにぎり。

Cimg8784

同手まり筋子。

Cimg8785

酒は船内売店で購入。

Cimg8787

Cimg8789

佐藤水産おにぎりは具の量がハンパない。旭川産のご飯も大変おいしい。オススメ。

Cimg8786

15分先発の「さんふらわあ さっぽろ」。

Cimg8790

小樽、札幌でよく歩いた疲れてたので、そのまま爆睡。

フランスの午後7時前に目が覚めるw 三陸トドが埼沖あたり。

Cimg8791

外はもう明るい。雨模様。

Cimg8792

船内探訪。まずは階段。

Cimg8793

6デッキ、ミニ・シアター入口。

Cimg8794

6デッキ、大浴場入口。

Cimg8795

7デッキ、売店。

Cimg8796

7デッキ、インフォメーション。

Cimg8797

Cimg8799

7デッキ、ラウンジ。

Cimg8800

7デッキ、プロムナード。

Cimg8801

Cimg8803

7デッキ、レストラン入口。

Cimg8804

7デッキ、フェリカクラブ。

Cimg8805

Cimg8806

Cimg8808

雨が止んだようなので、オープン・デッキに出てみた。霧で視界はよくない。

Cimg8809

朝食バイキングは・・・

Cimg8810

完食。

Cimg8812

7時に再オープンしたフォワード・デッキ。

Cimg8813

自キャビンの真上あたり。

Cimg8814

霧に霞む金華山。

Cimg8815

網地島。

Cimg8816

ニャンコの島、田代島。

Cimg8834

仙台港が近づいてきた。

Cimg8835

Cimg8836

仙台港到着。

Cimg8837

雨が降ってたので、タクシーで多賀城駅へ(990円)。

Cimg8838

仙台も雨。

Cimg8844

バスの出発まで2時間近くある。宮城交通バスセンター近くの商店街にあなご専門店があった。

Cimg8843

あなご箱めし(1,250円)。普通に食べた残りを、ひつまぶし風に。

Cimg8845

帰路もウィラー。割引が重なって2千円ジャスト。18切符より安上がり。トイレなし車両だったので、首都高の渋滞が気になったが、なんとか30分遅れでバスタ新宿へ。豪雨だったので、屋根付きバスタで助かった。下りはともかく、上りでトイレなし車両は考え物か?


| | Comments (2)

2016年北海道往復フェリー旅行記 ② 北海道12時間滞在記

現在、本州・北海道航路の北海道側港湾は、小樽、苫小牧、函館しかないので、イン・アウト共にこの3港というパターンが多い。せっかくリタイアしたので、一応は道北や道東方面のプランも立ててはみた。しかし、道内公共交通機関の衰退著しく、徒歩客にとって、自分の若い頃よりもさらに厳しい状況になっているようだ。行程や宿泊地が限定され、日程に余裕がなくなるので、断念。

Cimg8704

定時4:30に到着。

Cimg8706

以前、フェリー・ターミナル内に新日本海フェリーが経営する温浴施設があり、入港後まっすぐ駅に行っても、始発まで時間があるので、毎度利用していた。5Fくらいにあったので、景色もよく、浴室から海が見えた。しかし廃業。すぐ近くのオスパ小樽を初利用。

Cimg8707

入湯料850円。保温性の高い強塩泉で、10分くらい肩まで浸かっていたら、サウナに入る必要ないくらい汗が噴き出した。

Cimg8710

2Fが大広間になっていて、休息できる。シーツ付きのマットレスと枕、および毛布もレンタルしており、簡易宿泊も可。女性を含む宿泊利用者が数名いた。ライダー系高齢利用者が多い感じ。

Cimg8709

窓からみえる「らいらっく」。すぐ近所だが、冬はまっ暗で、下もツルツルなので、要注意。

Cimg8714

6時過ぎに出発。徒歩でブラブラと小樽駅(2.8km)をめざす。若いころ、鱗友市場まで朝飯を食いにいったことがある。

Cimg8715

クルーズ船が入港してきた。後で調べたら、「ダイヤモンド・プリンセス」だった。

Cimg8716

サハリン航路の夢の跡。

Cimg8717

ロシア語でも広告してます。

Cimg8719

道の両側に倉庫。

Cimg8720

Cimg8722

小樽運河。6時台なのに、中国人がかなりいた。

Cimg8721

駅前の通りに到着。坂を登る。

Cimg8723

途中に手宮線跡があります。

Cimg8725

7時過ぎに小樽駅到着。

Cimg8726

駅のカフェは開店しておらず、ラッシュの前に札幌へ。札幌駅まで640円。PASMO使えるか、確認せず。

Cimg8727

小樽を出たあと、銭函駅付近まで続く海岸沿いの線路。大都市近郊の通勤・通学路線としては、山陽線・山陽電鉄線の須磨・垂水あたりと並ぶ、日本屈指の景観路線だと思う。

Cimg8728

札幌駅到着後、まずは次に乗る予定のバスの乗車地を確認。自販機で苫小牧港行き乗車券(1,310円)を購入。座席指定はなくて、降車時に後払い方式。15時発に乗車予定。

Cimg8729

バス・ターミナル地下でモーニングの朝食。

Cimg8730

札幌駅から徒歩圏内の北大植物園をめざします。

Cimg8731

途中に北海道庁旧本庁舎があります。

Cimg8732

Cimg8733

モネの絵のような池。

Cimg8734

Cimg8735

Cimg8736

Cimg8737

入館無料。庁舎内は、絵画のようなコピーライト関係のもの以外は撮影フリー。

Cimg8738

北大植物園正門。入場料420円。

Cimg8739

ハルニレの木が多い。

Cimg8740

Cimg8742

時間があるので、木陰で読書してました。

Cimg8743

Cimg8744

Cimg8747

Cimg8748

Cimg8750

Cimg8752

Cimg8754

Cimg8755

Cimg8757

花壇の花々。

Cimg8758

植物園開設当時の自然林を残した一画もあります。

Cimg8760

Cimg8761

北大関係の重文建築物。

Cimg8763

円内の北方民族資料館に展示されていたエゾオオカミの剥製。

Cimg8765

映画にもなった樺太犬「タロ」。奇跡の生還後は、北大植物園で飼育されていた。「ジロ」の剥製は国立科学博物館にあります。

Cimg8768

予定通り、15時発のバスに乗車。苫小牧港まで約2時間。冷房効きすぎ。下車したら、車内よりさらに寒かったw

| | Comments (0)

2016年北海道往復フェリー旅行記 ① 新日本海フェリー「らいらっく」乗船記

コパ、ユーロ開催期間中、「サッカー・ホリデイ」は最大連続2日しかなく、日帰り旅行しかできなかったので、終了と同時に、遠距離乗船してきた。

Cimg8615

ユーロ決勝を観戦後、表彰式を観て、バスタ新宿へ。10:45発高速バスで新潟へ。

Cimg8617

ウィラーを初利用。新日本海フェリー新潟発小樽行きは、これまでは当日早朝の新幹線を利用してきたが、バス代+ホテル代(朝食込み)でも、新幹線代よりも安いので、バスを選択。なにしろ、ヒマだけはたっぷりあるのだ。

バスタ新宿ができて、ウィラーを利用しやすくなったが、終着「新潟駅」は万代町で、駅からも万代シティBTからも離れたところ。ウィラーの昼行便は「トイレなし」なのに、乗車してから気づいた。ジジイゆえトイレが近いので、プレッシャーになった。もちろん、3回の休息すべて、トイレを利用した。

Cimg8620

Cimg8619

万代シティBTから道1本隔てただけの万代シルバーホテルにチェックイン。近所のラーメン屋で冷やし中華(780円)の夕食。

Cimg8621

朝食付き5,600円の割りに朝食は大変良い。ご飯がおいしく、郷土料理の惣菜、漬物もおいしい。オムレツはオーダーしてからその場で焼いてくれる。ご飯をお代わりした。

Cimg8622

フェリーは10:30発なので、部屋にコーヒーを持ち帰り、無料配布の新聞を読んで、時間を潰す。

Cimg8624

ホテルの玄関の真ん前にある万代シティBTの4番乗り場に来るバスは・・・

Cimg8623

すべて末広橋に停車。新潟駅より本数が多いし、こちらの方が乗車時間短い。

Cimg8626

10分ほど乗車して末広橋で下車。210円。PASMO使えます。

Cimg8627

徒歩でフェリー・ターミナルへ。

Cimg8628

待合室にあった。サッカー観戦に本航路が利用されるためには、1) 新潟がJ1残留して、札幌がJ1昇格、2) 新潟がJ2に陥落して、札幌がJ2残留、の条件を充たさねばならない。もちろん、1)が実現することを願ってます。

Cimg8629

Cimg8630

Cimg8631

Cimg8633

ステートルームB。インサイド、ツインの1人利用。

Cimg8632

「GOGO割」で、9,720円。

GOGO割 「O」をとったら ジジー割

バアサンにも適用されますが。

Cimg8635

船内探訪へ。まずは4Fフォワード・サロン。

Cimg8637

前面展望。

Cimg8638

給湯室。

Cimg8639

5Fビデオシアター前の階段。

Cimg8640

その下方。飾り付けは七夕です。

Cimg8641

ビデオシアター内部。映画上映だけでなく、コンサートも開催。

Cimg8642

4Fカフェ。

Cimg8643

4Fショップ。

Cimg8644

4Fグリル前。

Cimg8645

4Fプロムナード。

Cimg8646

4Fスポーツコーナー。

Cimg8647

4Fゲームルーム。

Cimg8648

4Fレストラン前。

Cimg8649

4F大浴場。

Cimg8677

大浴場更衣室。無料返却式100円コインロッカーあり。サウナはスチーム・サウナです。

Cimg8650

3F案内所。

Cimg8651

3Fキッズコーナー。

Cimg8652

3F新聞スタンド。

Cimg8653

エレベータ。

Cimg8654

オープン・デッキに出ると、カモメが物欲しげに待機中。

Cimg8660

えびせんくれない奴は、ケツくらえ!

Cimg8665

4Fレストラン後方のジンギスカン・コーナー。敦賀航路にはあったデッキ・チェアはありません。お天気もよく、インサイドのキャビンなので、主としてこことフォワード・サロンにいました。

Cimg8661

新潟港を出港。

Cimg8672

積丹半島を昼間半周する小樽発便と異なり、新潟発便のビュー・ポイントは少ない。右舷に粟島が見えるくらい。船内放送で案内があった。

Cimg8634

景色のよいところは夜間に通過。料金は同じなので、景観重視なら小樽発がオススメ。

Cimg8674

だんだん寒くなってきたので、キャビンのエアコンを切りました。

Cimg8682

男鹿半島。

Cimg8686

北上するに従って、外気温も低くなってきました。

Cimg8689

17:30レストラン開店。混んでたので、1時間置いて夕食に。鮭の焼き漬け、茄子の煮物、瓶ビール。

Cimg8691

ビーフカレー。しめて2000円弱。朝いっぱい食べたので、昼食は抜き。高速バスとフェリーは払い込み済み。ホテルはクレジット決済。昨日使った現金は780円のみ。財布からお金が出ていきませんw

Cimg8690

カレーソースがなくなったらしく、待機中に名物サンセットになったので、レストランの後ろのオープン・デッキに出て日没を撮影。

Cimg8692

「ゆうかり」との反航。「ゆうかり」のバックは渡島大島。

Cimg8696

「ゆうかり」。スイートに乗船したことあります。→「2013年秋北海道紀行 ③ 新日本海フェリー「ゆうかり」乗船記

Cimg8698

津軽海峡にはイカ釣り漁船が。

Cimg8680

キャビンに置いてあった「ぱしふぃっく びいなす」の案内をみてたら、船内イベントに文楽があるとのこと。さすが大阪の会社や!

Cimg8681

文楽、シャンソン、講談コラボの『エディット・ピアフ物語』もあり。義太夫はんは失業でっか。

Cimg8699

小樽港到着4:30。1時間前の3:30に「総員起シ」の放送あり。カタギの人間にはきついダイヤだが、4:00試合開始のユーロ観戦のため、連日3時起床していたオレには日常w

Cimg8700

Cimg8701

Cimg8703

北海道の天気も上々。短パンを持参のジーパンに、上はTシャツの上に長袖シャツで寒くなかった。

| | Comments (0)

終わってしまった

スペイン戦で消耗したイタリアにドイツが勝ち、イタリア戦で消耗したドイツにフランスが勝ち、ドイツ戦で消耗したフランスにポルトガルが勝って優勝。

プーになったおかげで、コパとユーロのほとんど(コパのエクアドル対ハイチのようなどうでもいい試合を除く)全試合を生中継で観戦できた。ユーロ3試合、コパ2試合を観たときもあった。生涯でこれほどテレビを集中して観たのは初めて。

サッカー・シーズン終わったので、野球でもといっても、まだ「死のロード」はだいぶ先なのに、阪神はこのていたらく。鳥谷敬の「藤田平」化が止まらない。甲子園のショートには魔物でも棲んでいるのか。鳥谷も藤田のようにいずれ監督になって、そのときのショートには・・・ 輪廻は続くよ、永遠に。

| | Comments (0)

しびれました

あと1試合。

準決勝は、ナニ、ポグバ、エブラとマンU放出選手大活躍。しかし、マンUは選手も監督もピークを過ぎた人材がお好きなようで。

決勝は、CLに続いて、クリロナ対グリーズマンのマドリード・ダービーの再現。

昼夜の寒暖の差がきついですな。

| | Comments (0)

東海汽船「セブンアイランド虹」「橘丸」乗船記

7月になって、八丈、御蔵、三宅島航路の「橘丸」の上り便が伊豆大島にも寄港するダイヤになったので、乗船してきた。

Cimg8286

就航状況は当日にならないとわからないので、例によって予約はせず、東海汽船HPの空席状況を確認して、当日竹芝に向かう。

Cimg8289

ここ数日大島寄港地はずっと岡田港だったが、ありがたいことに本日は元町港。

Cimg8287

Cimg8288

チケットをゲットして、小諸そばで天ぷらそばの朝食。

Cimg8290

Cimg8291

8:15発の「セブンアイランド虹」に乗船。

Cimg8292

船内。飛行機のように、シートベルト着用です。

Cimg8293

元町港到着。

Cimg8294

三原山山頂は見えず。

Cimg8364

伊豆諸島、小笠原は東京都なので、車は品川ナンバーです。

Cimg8295

以前、三原山や砂漠には行ったことがあるので、未踏の波浮行きのバスに乗車。

Cimg8298

バスは先に波浮港停留所に着きますが、さらに乗車を続け。

Cimg8299

波浮港見晴台停留所で下車。どういうわけか、こちらの方が運賃が20円安い。

Cimg8300

見晴らしたところ。

Cimg8302

港になるために生まれてきたような地形。

Cimg8301

1700年代に火口湖が崩れて海とつながったそうです。好漁場が近いので、漁港として発展。

Cimg8303

崖の上の見晴台から坂を下ります。

Cimg8307

Cimg8304

Cimg8305

Cimg8306

網元の屋敷跡「旧・甚の丸邸」。崖の上の方にあります。

Cimg8308

そこから階段を下ると。

Cimg8309

波浮港につきます。

Cimg8310

湾口方面。

Cimg8311

湾奥方面。

Cimg8312

全体。静かな漁村というたたずまい。

Cimg8313

町並み。できればここで昼食をと思ってましたが、数少ない飲食店は閉まってました。

Cimg8314

Cimg8315

旧港屋旅館も無料公開されてます。川端康成『伊豆の踊子』の踊子は波浮の人という設定になっていて、伊豆半島に出稼ぎして主人公の一高生と出会ったことになってます。

Cimg8316

Cimg8317

Cimg8318

Cimg8319

当時の模様が人形で再現されてます。

Cimg8326

Cimg8329

2階大広間。ボタンを押すと音楽が流れて、人形が踊りだします。1人で見てると結構不気味で、逃げ出しましたw

Cimg8320

Cimg8321

Cimg8322

Cimg8323

Cimg8324

Cimg8325

田中絹代から山口百恵まで、歴代の踊子たち。

Cimg8328

漁港としてにぎわってた頃の波浮港。

Cimg8332

Cimg8337

波浮港停留所から元町港にバック。途中、山側に「地層切断面」があります。

Cimg8339

バスの中にも寄港地情報が掲示されてます。

Cimg8343

波浮でランチできなかったので、元町の「かあちゃん」か「南東館」で海鮮をと思ってたが、両方とも定休日。しかたなく、元町港ターミナル2階の「イズシチ丸」で。

Cimg8340

生ビール(650円)。

Cimg8341

べっこう寿司(550円)。

Cimg8342

あしたば天ぷら(350円)。

Cimg8344

昼飯食ってもまだ14:00くらい。「橘丸」は16:20発なので、御神火温泉へ、。2012年9月にやはり大島日帰りした時、入場料が1000円で、さらにロッカーまで有料(100円)はボッタクリだと思いましたが、今回は入場料700円に値下げ、鍵付きロッカーは無料になってました。2013年の台風による土砂災害で、観光が大打撃を受けた影響でしょうか。

Cimg8348

Cimg8349

たっぷり温泉に浸かった後、潮風にあたっていい気持。

Cimg8347

利島が見えます。

Cimg8350

Cimg8352

神津島発竹芝行きの「セブンアイランド友」。

Cimg8354

熱海発大島行きで、大島からは竹芝行きになる「セブンアイランド大漁」。伊東→初島→熱海→大島→(橘丸で)竹芝というのも「あり」ですな。

Cimg8356

後方には竹芝発大島行きで、大島から熱海行きになる「セブンアイランド虹」が待機中。

Cimg8361

やっと大本命の「橘丸」がやってきた。カメルーン代表ユニのようなカラーリング。「船長」はサミュエル・エトーかw

Cimg8365

16:20発のはずが、16:30着岸。でも竹芝には定刻到着。

Cimg8366

タラップから乗船。

Cimg8367

指定された2等和室。悪名高いすし詰め2等椅子席はなくなったようです。寝返りもうてない小区画の上に各個人用ロッカーあり。かくのごとく大部屋桟敷がなくなったので、2等和室にいれば「寝る」しかありません。

Cimg8368

大荷物は部屋に入らないので、荷物室が別にあります。

Cimg8389

冷蔵ロッカーなるものもあります。釣り客用にしては、「大物」は入らないサイズ。

Cimg8373

案内所。

Cimg8372

レストラン橘の前にある自販機とカウンター席。

Cimg8374

レストランのメニューと食券自販機。

Cimg8375

サロン席。人がたくさんいたので全体写真はとれませんでした。椅子は16席しかありません。フェリーではないので、仕方のないことですが、定員の割りに室内パブリック・スペースが極端に少ないので、多客期にはひたすら「忍耐」が必要なようです。夏休み前の平日で、定員の半分も乗ってないとおもいますが、パブリック・スペースはかなり混雑してました。

季節によっては欠航も多い生活航路で、乗船希望者はできるだけ全員乗船させなければならない「宿命」ゆえ、仕方のないことですが。

Cimg8370

オープン・デッキ最上階。だんだん寒くなってきましたが、煙突の後ろは暖かい。しかしながら、いかんせん「空気」が悪いw 雨まで降りだした。

Cimg8371

屋根のあるオープン・デッキ。室内パブリック・スペースが狭い分、ここに椅子が多いのは「さるびあ丸」と同じ。昼行便なのに、ここで毛布被って寝てる人がいました。夏休みに入れば、難民船化は必至かw

Cimg8369

元町出航。

Cimg8376

レストラン夕食は17:30~19:30営業。

Cimg8377

窓際にお1人様カウンター席もあります。客船らしい丸窓がいいですね。

Cimg8378

オムライス(900円)。お味については何も申しません。

Cimg8387

昨日は35℃の暑さだったので、短パン、裸足にサンダル、上は半袖のシャツ1枚羽織って出てきました。船内寒くて仕方ありません。かといって外はもっと寒いし、小雨まで降ってる。結局自販機コーナーが最も暖かいことを発見。ゴキブリの気持ちがよくわかりますw

Cimg8384

Cimg8380

東京湾フェリーでおなじみ。

Cimg8396

Cimg8397

Cimg8398

東海汽船の責任ではありませんが、寒くて寒くて、竹芝に着いたときにはほっとしました。こんなに涼しいのなら、自宅にいればよかった。

東京で意外に多いのは、乗船経験は(多客期の)東海汽船に一度乗ってコリゴリして、二度と船はイヤという人。

大都会・離島間航路、下り便は夜行便、上り便は昼行便、釣り客が多い、という点で、どうしても博多・五島を結ぶ野母商船「太古」と比較してしまう。、五島の方は、島の規模も大きいし、長崎・佐世保へのオプションもあるのに対し、この航路は飛行機以外はこの船しかないので、「詰め込み」は必然。最初に乗る船が「太古」か(繁忙期の)「橘丸」かで、その人の「船旅好感度」はかなり異なるでしょうな。

あるいは、今でこそ離島航路なれど、遣唐使・遣明船の昔から文明の大動脈だった伝統が、「太古」のような「鄙には稀」(失礼!)を生むのか。それにひきかえ、この航路が運んでたのは、「文明」じゃなく、「流人」・・・


| | Comments (0)

やっと来た

Cimg8184


| | Comments (0)

予想はずれっぱなし

ユーロベスト4は、ポーランド、ベルギー、ドイツ、フランスと予想したが・・・

ドイツ対イタリアは、CLのバイエルン対ユーヴェのリベンジ戦。また、ハズレかw

1970年代半ば、京都中でマクドナルドが三条河原町に1店舗しかなったころ、「こんなもん日本では絶対流行らんわ」と予言したことありますw

| | Comments (0)

2015年次家計調査における1世帯あたりのスポーツ観覧料

出拠:「 家計調査 家計収支編 総世帯 詳細結果表 年次 2015年」 の「11. 都市階級・地方・都道府県庁所在市別 総世帯」

2011年次家計調査における1世帯あたりのスポーツ観覧料
2012年次家計調査における1世帯あたりのスポーツ観覧料
2013年次家計調査における1世帯あたりのスポーツ観覧料

札幌市     478
青森市     179
盛岡市     439
仙台市     855
秋田市     640
山形市     678
福島市     395
水戸市     854
宇都宮市   1,156
前橋市     223
さいたま市   731
千葉市     431
東京都区部  515
横浜市    1,468
新潟市     619
富山市     332
金沢市    1,229
福井市     442
甲府市     400
長野市    1,728
岐阜市     807
静岡市     476
名古屋市    193
津市       636
大津市     279
京都市    1,726
大阪市     338
神戸市    1,410
奈良市    1,061
和歌山市    157
鳥取市      64
松江市     185
岡山市     426
広島市    2,528
山口市     549
徳島市     164
高松市     227
松山市     184
高知市     194
福岡市     399
佐賀市     416
長崎市     977
熊本市     248
大分市    1,390
宮崎市       0
鹿児島市    529
那覇市      53
川崎市     238
相模原市    307
浜松市     271
堺市        77
北九州市    104

トップ10は、

1. 広島市    2,528
2. 長野市    1,728
3. 京都市    1,726
4. 横浜市    1,468
5. 神戸市    1,410
6. 大分市    1,390
7. 金沢市    1,229
8. 宇都宮市   1,156
9. 奈良市    1,061
10. 長崎市     977

全国平均は576円で、2014年の614円より減少。  

| | Comments (0)

« June 2016 | Main | August 2016 »