« 『The history of the Football Association』を閲覧 | Main | JFA機関誌『サッカー』総目次の欠号を埋めました »

『ボールを蹴って100年』が刊行されてました

昨日サッカーミュージアムのレファレンスルームを利用した折、

神戸高校サッカー部OB会編『ボールを蹴って100年  神戸一中・神戸高校サッカー部100年誌』(神戸高校サッカー部OB会 2015) 407p ; 27cm

があった。

国会図書館書誌データ
CiNii書誌データ
毎日新聞2016年2月24日

約半世紀前に刊行された『ボールを蹴って50年』は、日本に数あるサッカー部史の中でも最高峰の出来栄えであったが、今回もかなり充実しているように見受けられた。

先日、神戸のハンター坂、旧ハンター住宅を見学したときに範多龍平氏に言及したが、これまでほとんど紹介されてこなかった範多龍平氏のプロフィールと事績についても、かなり詳しく紹介されていた。

ミュージアム以外に、国会図書館(東京、関西とも)、兵庫県立図書館、神戸市立中央図書館が所蔵しており、閲覧予約制のミュージアム以外でも閲覧可能なので、機会を改めてじっくり読んでみたい。

|

« 『The history of the Football Association』を閲覧 | Main | JFA機関誌『サッカー』総目次の欠号を埋めました »

Comments

50年はラッキーにも入手できたので100年も入手したいと目論んでます。

Posted by: 【蹴球亭】 | October 25, 2016 at 10:52 AM

奥付情報をメモしとけばよかったですね。必要なら国会図書館でコピーとってきましょうか。ミュージアムに聞けば、教えてくれると思いますが。

Posted by: 蹴球閑人 | October 25, 2016 at 12:19 PM

100年史は読みました。サッカー部OB会に連絡すれば実費で購入できます。神戸の15年史、50年史、100年史は、小石川と好勝負です。こちらも、10年史、60年史?、80年史が出ています。

Posted by: 烏球亭 | October 25, 2016 at 08:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『The history of the Football Association』を閲覧 | Main | JFA機関誌『サッカー』総目次の欠号を埋めました »