« 大日本蹴球協会の会計報告 ② | Main | 大日本蹴球協会の会計報告 ④ 第十回極東選手権大会収支報告書 »

大日本蹴球協会の会計報告 ③

『蹴球』第2巻第3・4号(1934年8月) p.78-79 昭和八年度決算報告

収入
 地方協会より納入金 731円67銭
 文部省体育奨励金 400円
 寄付金 1100円
 試合入場料
  東西学生対抗試合 932円
  東西選抜対抗試合(第一次) 500円
  東西選抜対抗試合(第二次) 205円20銭
  対朝鮮蹴球団試合 210円
 刊行物に依る収入 49円94銭
 利子 16円59銭
 雑収入 協会章代 27円50銭
 繰越金 127円99銭
 計 4296円89銭

支出
 事務費
  事務所費 130円
  通信費 132円54銭   
  印刷費 35円65銭
  人件費 1円50銭
  備品費 107円85銭
  消耗費 15円24銭
  雑費 72円94銭
 会合費
  全国代議員会費 261円30銭
  理事会費 48円85銭
  評議員会費 6円60銭
  委員会費 105円80銭
 加盟会費
  FIFA会費 231円48銭
  大日本体育協会費 100円
 事業費
  競技費 
   東西学生対抗試合 730円96銭
   東西選抜試合(第一次) 500円
   東西選抜試合(第二次) 690円89銭
   朝鮮蹴球団上京試合 440円85銭
 刊行物補助 150円
 宣伝費 65円29銭
 十年史編纂費 50円65銭
 協会章作成費 160円
 繰越金 18円50銭
 計 4296円89銭

基本金 1174円40銭
 基本金(日本昼夜銀行定期預金) 1127円18銭
 本年度利子 47円22銭
 計 1174円40銭

前年度と比較して、試合入場料の内訳が記載されている。関東・関西大学リーグの1位対抗戦が最も高収入で、約250園の黒字。試合収入は1897円20銭で、収入のトップをしめる。会費(地方協会より納入金)よりもかなり多い。試合入場料、寄付金、会費が3大収入源だったようだ。
  

|

« 大日本蹴球協会の会計報告 ② | Main | 大日本蹴球協会の会計報告 ④ 第十回極東選手権大会収支報告書 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大日本蹴球協会の会計報告 ② | Main | 大日本蹴球協会の会計報告 ④ 第十回極東選手権大会収支報告書 »