« 資料紹介  渡辺融「日本人はなぜ野球を選んだか」『UP』15(12) 1986.12 pp.22-26 | Main | 小田原散歩 »

佐渡汽船「ときわ丸」乗船記(2回目)

Cimg0143

池袋から西武バスで。

Cimg0149

夜行仕様の3列シート、安心のトイレ付。

Cimg0146

上里SAにて。

Cimg0157

六日町バス停の積雪。

Cimg0159

越後川口SAにて2度目の休息。

Cimg0164

万代シティBTから道一本隔たった万代シルバーホテルにチェックイン。

Cimg0165

部屋は狭いが、基本的なものは揃ってます。

Cimg0172

ホテルのすぐ横の富寿司にて、まずはビールと突出し。

Cimg0173

Cimg0174

Cimg0175

朱鷺セット。

Cimg0177

1泊朝食付5,400円にしては、大変お値打ちの朝食。

Cimg0179

Cimg0181

目の前の万代シティBT6番線から佐渡汽船行に乗車。

Cimg0183

9:20発「ときわ丸」に乗船。

Cimg0190

2等椅子席。

Cimg0191

同桟敷席。

Cimg0192

佐渡汽船独特の船尾にあるホール。

Cimg0193

売店。

Cimg0194

スナック。

Cimg0207

プロムナード。

Cimg0213

エントランス・ホール。

Cimg0197

最上階デッキ。

Cimg0199

くつろぐカモメ。

Cimg0201

出航。

Cimg0195

新潟造船の前に変わった船型の船が。

Cimg0205

オーシャン・ゴーイング・タグというのだそうです。→新潟造船HP 大型タグボートなんですね。

Cimg0204

新日本海フェリー・ターミナルには「あざれあ」が。

Cimg0209

「おけさ丸」と反航。

Cimg0215

姫崎灯台。

Cimg0219

両津港到着。

Cimg0223

下船して。

Cimg0224

Cimg0225

全景写真を撮りました。50分後、「ときわ丸」に再乗船。

Cimg0227

スナックでビールに。

Cimg0229

カキフライ。

Cimg0231

新潟港到着。

Cimg0245

下船後、バスではなく徒歩で信濃川沿いに。

Cimg0246

歩いてホテルまで帰りました。

Cimg0238

雨天になったので、晩飯はホテル内の銀鈴という和食店で。昼ビールだったので、夜は冷酒から。

Cimg0239

刺身セット。

Cimg0240

デザート。

Cimg0243

3日目の朝食を食べて。

Cimg0244

万代シティBTから池袋行きに乗車、帰宅しました。


|

« 資料紹介  渡辺融「日本人はなぜ野球を選んだか」『UP』15(12) 1986.12 pp.22-26 | Main | 小田原散歩 »

Comments

こんにちは

東京から新潟へ行くのは便利だなぁとつくづく思います。隣県なのに富山からは交通の便も良くなく、気分的にも遠い県です。
新潟は関東圏(関東甲信越)で、北陸とはあまり交流する気もなさそうですし。
ま、そんなことはどうでもいいのですが、こんな風にサクッと新潟ー佐渡をフェリーで往復するというのもいいですね。
宿泊されたホテルも、佐渡汽船乗船にはベスト。私も機会があったら利用したいと思いました。

Posted by: mayuki | March 11, 2017 at 11:45 AM

ウチからは池袋よりバスタ新宿が近いのですが、トイレなしのウィラーはストレスが溜まるので、割高ですが3列シート、トイレ付の西武便にしました。バスタ始発八幡浜行なんていうのまであるんですが、未乗船の九四オレンジフェリーとの連絡が悪く、未だ使ったことないです。

新日本海フェリーの新潟・小樽航路に新船が投入されて、小樽発17:00新潟着翌9:00便ができたので、北海道が寒くなくなったら、また新潟を通ることになりそうですw

Posted by: 蹴球閑人 | March 11, 2017 at 01:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 資料紹介  渡辺融「日本人はなぜ野球を選んだか」『UP』15(12) 1986.12 pp.22-26 | Main | 小田原散歩 »