« 下関・若松・宇多津紀行 ② 若戸渡船「第十八わかと丸」・関門汽船「がんりう」乗船記 | Main | 下関・若松・宇多津紀行 ④ オーシャン東九フェリー「フェリーどうご」乗船記 »

下関・若松・宇多津紀行 ③ 防予フェリー「おれんじじゅぴたー」乗船記

Cimg0550

唐戸からバスで下関駅へ。下関駅構内のうどん屋で天ぷらうどんの朝食。

Cimg0551

JR西日本の黄色い電車で山陽本線を新下関駅へ。

Cimg0554

新下関から徳山までは山陽新幹線。

Cimg0555

徳山からまた黄色い電車で東進します。

Cimg0561

柳井港駅で下車。

Cimg0562

駅前にフェリー・ターミナルがあります。

Cimg0563

前回は三津浜から乗船しましたが、同じ「おれんじじゅぴたー」でした。

Cimg0564

サロン風席に陣取って。

Cimg0565

フェリーターミナルのそばにあったセブンイレブンで買ったカレーパンの昼食。

Cimg0568

柳井の名物、金魚ちょうちん。

Cimg0569

出航。

Cimg0575

前方に大島大橋。

Cimg0576

Cimg0577

大島大橋近辺は急流で、ミニ渦潮が見られました。

Cimg0578

大島大橋全景。

Cimg0579

航路図です。前半は周防大島の東岸に沿ってます。

Cimg0587

前回乗船時は雨天だったので、フォワード・デッキには出ませんでしたが、今回は好天。

Cimg0588

本航路の中間地点で狭い海峡を通ります。右側の陸地は周防大島瀬戸ケ鼻、左側は情島。

Cimg0593

ブリッジ。

Cimg0594

海峡に接近。

Cimg0595

Cimg0596

海峡通過後は急流で、ここでも渦潮が見られました。

Cimg0600

僚船との反航。

Cimg0604

松山観光港、高浜港方面。

Cimg0606

『坊ちゃん』に出てくるターナー島。バックは高浜港。坊ちゃんと赤シャツ、野だいこが一緒に舟遊びして、赤シャツと野だいこの会話の中でマドンナが初登場します。長らく「野だいこ」の意味が不明でしたが、落語『鰻の幇間』を聴いて、やっと具体的にわかりました。

Cimg0608

三津浜港に到着。

Cimg0611

徒歩で伊予鉄高浜線三津駅へ。

Cimg0613

元・京王井の頭線の電車で大手前駅へ。

Cimg0615

伊予鉄大手前駅から徒歩5分のJR松山駅からアンパンマン列車に乗車。

Cimg0619

車内。

Cimg0617

アンパンマン列車には宇多津駅でバイバイキン。

Cimg0622

宇多津駅前のサンルート瀬戸大橋にチェックイン。1泊2食付きで6,500円。

Cimg0623

こちらはユニットバス。

Cimg0630

夕食は11Fの展望レストランで瀬戸大橋を遠望しながら。

Cimg0631

まずはビールと突出し。

Cimg0632

ピンボケですが、お造りと讃岐コーチンサラダ。

Cimg0633

揚げ物とグラタン。

Cimg0634

鯛の兜煮。

Cimg0635

シメのご飯はなくて、セルフの「うどんバー」でうどん。作り置きの死んだ麺に、出汁はイリコではなくカツオで、讃岐うどん風ではありませんでした。

Cimg0638

翌朝も早発なので、レストラン開店時刻(6:45)に朝食バイキング。ガッツリ食べました。部屋は古びてましたが、2食とも食事は悪くなかったです。


|

« 下関・若松・宇多津紀行 ② 若戸渡船「第十八わかと丸」・関門汽船「がんりう」乗船記 | Main | 下関・若松・宇多津紀行 ④ オーシャン東九フェリー「フェリーどうご」乗船記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 下関・若松・宇多津紀行 ② 若戸渡船「第十八わかと丸」・関門汽船「がんりう」乗船記 | Main | 下関・若松・宇多津紀行 ④ オーシャン東九フェリー「フェリーどうご」乗船記 »