« April 2017 | Main | June 2017 »

武田神社紀行

Cimg0688

バスタ新宿から甲府駅行きの高速バスに乗車。

Cimg0689

甲府駅前から武田神社行きのバスは30分間隔。

Cimg0690

Cimg0691

待ち時間に駅前に移築された明治時代の小学校建築を見学。

Cimg0696

バスが来た。

Cimg0697

武田神社は1919年創建の新しい神社。

Cimg0698

武田神社は武田氏の躑躅ケ崎館跡。

Cimg0699

神社本殿。

Cimg0704

Cimg0705

神社の裏側は土塁や堀があって、中世の館らしいたたずまいが残ってます。

Cimg0706

館の裏山が要害山城という山城で、非常時にはこちらに避難しました。

Cimg0707

大手門のところに石垣がありましたが、これは武田氏滅亡後に作られたものとの説明がありました。信玄公時代には土塁のみで石垣はなかったそうです。「人は石垣」でなく、「人は土塁」だったんですな。

Cimg0711

石垣のない深い掘割。

Cimg0712

宝物殿。中は撮影禁止。「風林火山」の旗や「武田二十四将」の絵がありました。

Cimg0713

武田神社から甲府駅北口までは一本道の「武田通り」。扇状地の緩い坂道のどんづまりに館がありました。

Cimg0716

通りの周辺に武田氏重臣の屋敷があったとのこと。

Cimg0717

山梨大学キャンパスは秋山信友屋敷跡。

Cimg0723

甲府駅南側の繁華街に出て、やまなしプラザ1Fのカフェで。

Cimg0722

パスタのランチ。

Cimg0724

駅前のホテルにチェックインしたら、甲府城の眺めが素晴らしい部屋でした。江戸時代は不良旗本を甲府勤番に左遷させてました。題名は忘れましたが、松本清張にそれをテーマにした小説があったはず。甲府城が歴史の舞台となったのは幕末で、近藤勇ら新撰組が甲府城奪取を目的として甲州街道を進軍しましたが、故郷の日野宿で歓待されてる間に、板垣退助率いる新政府の東山道軍が甲府城を占領。新撰組は勝沼で一戦したが大敗しました。板垣は乾という姓だったのですが、武田の名将、板垣信方にあやかって、板垣姓に改姓。幕末でも甲州では武田人気が続いていたことがわかります。

Cimg0725

うっすらとですが、富士山も見えました。

Cimg0729

17時からU20ワールドカップがあったので、飲みには出ず。最初どうなることかと思いましたが、南アフリカも「それだけかい!」という単調さで、なんとか逆転。

Cimg0728

夕食は甲府駅ビルで買った牛めし弁当。

Cimg0731

朝食を食って、再び高速バスで新宿から帰宅。


| | Comments (0)

EL、CL、Jリーグ

本日はAM1:30起床で、EL、CLをナマ観戦。

アヤックス・リヨン戦は、後半脇の甘いオープンな展開に。リヨンはセカンド・レグがホームでも、3点差は厳しそう。モナコ・ユヴェントス戦は、ユーヴェが先取点を取って、こちらは後半脇が甘くなるはずもなく、アウェイゴール2点で完封。決勝はレアル対ユーヴェの可能性大。2試合とも、U20世代が堂々と活躍しているのがうらやましい。昨日のクリロナ、本日のイグアインは、サッカー選手に屋号があったら、大向こうから「〇〇屋」と掛け声がかかりそうな「芸」でした。

5時半に2度寝して8時再起床。14時から地上波の浦和・鹿島戦をナマ観戦。こちらも鹿島が先取点をとって、脇を固めて浦和を封殺。

3試合ともタイトルのかかった大試合で、試合内容も充実、満足の1日であった。

| | Comments (0)

CLマドリード・ダービー

3-0で、セカンド・レグの興味薄れた。アトレティコの右SBは、やっぱりチンチンにされてましたなあ。

決勝はレアル対ユーヴェか?

| | Comments (0)

« April 2017 | Main | June 2017 »