« October 2017 | Main | December 2017 »

有明海フェリー紀行 ③ 阪九フェリー「いずみ」乗船記

Cimg1490

小倉駅新幹線口の阪九フェリー連絡バス乗り場は、クラブツーリズムの「日本一周フェリーの旅7日間」などの団体で大混雑。大きな団体は貸切別便でしたが、連絡バスは小倉ですでに立っている人がいました。

Cimg1492

バスから「いずみ」を。

Cimg1498

キャビンは7Fインサイドのデラックス・シングル。17時30分出航、翌朝6時入港なので、航海中は暗く、窓の意味はありません。

Cimg1499

「いずみ」のデラックス・シングルには就航した2015年に乗船しているのですが、当時なかった湯沸かしポットがあります。室外に給湯器はあるのですが、お湯割りを作るためにいちいち部屋を出入りするのは面倒ですからね。なんといっても九州航路。室内でお湯割りを作れるようにしろ、というクレームがあったと察せられます。

Cimg1500

7Fから吹き抜けのホールを。

Cimg1501

6Fレストランは団体さんで開店前から大混雑。

Cimg1502

5Fエントランス・ホールと売店。

Cimg1508

Cimg1510

新門司港を出航。

Cimg1509

西日本でも、もう日が暮れてます。

Cimg1511

レストランは大混雑なので、一巡するまで売店で買ってきた焼酎でお湯割りを作り、蒲鉾を齧ってました。「9」のつく日は「阪九の日」ということで、300円分の「お食事補助券」がもらえます。

Cimg1514

適当なところでレストランへ。冷酒、冷奴、オクラ和え、烏賊刺しを。

Cimg1515

300円引きで1260円。

Cimg1517

翌朝、早起きしてデッキから明石海峡大橋を。

Cimg1519

朝食はおかゆセット500円。

Cimg1521

泉大津港接岸。

Cimg1524

連絡バスに乗車。

Cimg1525

バス車内から「いずみ」を。

Cimg1529

泉大津駅から南海難波へ。6時台なのに泉大津から各停でもやっと座れるほど。急行はラッシュ時の田園都市線並みに混んでました。PASMOが使えるので、南海を選択しましたが、平日はOCAT連絡バスを使う方が賢明なようです。

Cimg1530

近鉄難波駅へ。名阪間は、アーバンライナーが特急料金の割りには設備がよいので、よく利用してましたが、本日は時間潰しのために急行で移動します。

Cimg1531

奈良行きに乗車。

Cimg1533

上本町で下車して、地上ホームへ。急行名張行き6両編成は前4両が名張から急行松阪行きとなります。急行といっても、榛原から榊原温泉口までは各停。近鉄の秘境駅西青山で、特にマニアでもなさそうな女性が下車したのに驚きました。

Cimg1535

伊勢中川で名古屋行き急行に乗り換え。いつもながら、近鉄の乗り換えの手際の良さに感心します。

Cimg1538

近鉄名古屋に到着。もちろんPASMO使えます。近鉄の急行車両には、南大阪線も名古屋線もトイレがついてるんですね。助かりました。

Cimg1539

名古屋地下街の大須きしめんで天ぷらきしめんの昼食。

Cimg1541

名古屋からは「ぷらっとこだま」で帰京。

| | Comments (0)

有明海フェリー紀行 ② 九商フェリー「フェリーあそ」乗船記

Cimg1434

翌朝は晴れ。島原市内から存在感のある山並みなので、これを雲仙岳と思い込んでましたが、九商フェリーに乗船してから別の山だと気づきました。帰ってから調べたら、眉山とのこと。江戸時代に島原大変で噴火したのがこの山。

Cimg1439

島鉄本社前駅から島原鉄道に乗車。

Cimg1440

どこまでもマニュアルな島鉄の切符。

Cimg1444

終点島原外港駅で下車。

Cimg1445

フェリーターミナル内の立ち食いうどん屋で肉うどん(500円)の朝食。かしわうどんもごぼてんうどんもメニューにありませんでした。

Cimg1446

フェリーターミナルから撮った眉山。

Cimg1449

熊本側が濃霧で、前便は欠航、運航見合わせ中でしたが、9時40分の便は運航するとこと。熊本小倉間の高速バスチケットを購入済みでしたので、胸をなでおろしました。九商フェリー「フェリーあそ」。

Cimg1452

船室。この写真は乗船してすぐに撮ったので、空いているように見えますが、前便欠航のため混んでました。

Cimg1455

改札係が売店店員を兼ねているので、出航してから開店しました。

Cimg1453

デッキ。有明フェリーもそうでしたが、デッキが喫煙所を兼ねているので、悲喫煙者には迷惑千万。

Cimg1458

出航。

Cimg1465

付近は好漁場らしく、漁船がたくさん。

Cimg1459

出航してしばらくすると、眉山の後ろから。

Cimg1461

Cimg1463

雲仙岳が姿を現します。デッキは後部にしかないので、九商フェリーに乗船するなら、雲仙がよく見える島原→熊本ルートがお薦めです。

Cimg1467

「オーシャンアロー」と反航。

Cimg1469

雲仙岳と「オーシャンアロー」。

Cimg1471

僚船との反航。

Cimg1473

熊本側に入ると、航路の両側に養殖の生簀がたくさんありました。

Cimg1475

さらに、海苔養殖場も。こう航路が狭くては、濃霧欠航もやむなしか。

Cimg1477

熊本港に接岸。

Cimg1479

九商フェリーは、乗船券購入時に申し出れば、無料連絡バスの整理券をもらえます。

Cimg1482

バスは熊本駅新幹線口に到着。反対側の3番乗り場へ来てみると、小倉行き「ぎんなん号」の終点は名門大洋フェリー乗り場になるとのこと。熊本から名門大洋フェリー乗船が便利になるようです。

Cimg1484

九州産交「ぎんなん」号に乗車。

Cimg1486

修理中の熊本城。

Cimg1489

小倉駅に到着。


| | Comments (0)

有明海フェリー紀行 ① 有明フェリー「有明きぼう」乗船記

Cimg1316

世田谷線を始発で出ると、羽田空港には6時15分前に到着。

Cimg1317

Cimg1318

サンドイッチと缶コーヒーで朝食。

Cimg1322

Cimg1321

搭乗するのは7時25分発福岡空港行きANA便。

Cimg1324

座席は主翼の真上でした。

Cimg1326

博多港に外国のクルーズ船が停泊中。

Cimg1329

福岡地下鉄に乗車。PASMO使えます。

Cimg1330

天神で下車。西鉄福岡天神駅へ。

Cimg1332

大牟田行き特急に乗車。PASMO使えます。

Cimg1335

昭和の車両でした。

Cimg1336

普通にロングシートです。

Cimg1340

大牟田でJR九州に乗り換え。PASMO使えます。この時点で雨が本降りになりました。

Cimg1342

ホームに石炭の塊が展示してありました。

Cimg1345

6両編成の荒尾行きは。

Cimg1346

クロスシートでしたが。

Cimg1348

荒尾は大牟田の隣駅で、日本最硬ではないかと思われるロングシート車両に乗り換え。ちなみに、日本最高のフカフカ座席は阪急だと思います。

Cimg1351

長洲駅で下車。幸い雨はあがってました。

Cimg1352

いつも拝読している九州在住の方の旅行記に、この旅行の直前に全く同じコースの旅が掲載されました。それにより、長洲駅から長洲港にバス便があることを知りました。12時28分の便に乗車。

Cimg1354

乗客は私1人でした。ここまで東急、JR東日本、京急、福岡地下鉄、西鉄、JR九州でPASMOが使えましたが、
現金支払いとなりました。

Cimg1360

長洲港フェリーターミナル。

Cimg1359

有明フェリー「有明きぼう」。

Cimg1364

客室。

Cimg1365

売店。

Cimg1366

デッキ。

Cimg1368

港外で海苔が養殖されてます。

Cimg1372

日立造船有明工場。

Cimg1374

船内売店で買った、島原産竹輪と缶ビールの昼食。

Cimg1376

僚船との反航。

Cimg1378

島原半島の山並みは霧がかかって全然見えません。

Cimg1380

多比良港に接岸。

Cimg1385

サッカーで鳴らした国見高校が多比良にあることを、現地に来てはじめて知りました。

Cimg1394

Cimg1395

多比良町駅下りホームに国見高校サッカー部の顕彰碑がありました。

Cimg1386

多比良町駅駅舎。

Cimg1387

島原鉄道はICカードどころか、切符自販機もなく、窓口で硬券を販売。

Cimg1389

会員募集中。

Cimg1397

列車が来ました。

Cimg1399

「幸せの黄色いハンカチ」だそうです。

Cimg1406

島鉄本社前駅は無人駅でした。

Cimg1436

駅前のホテル千鳥にチェックイン、1泊素泊まりで3800円。

Cimg1407

市内観光します。

Cimg1410

しまばら湧水館は入場無料。

Cimg1408

Cimg1409

その庭。

Cimg1413

島原城天守閣。

Cimg1418

医者の別荘だった四明荘は入場料300円。

Cimg1419

鯉が泳ぐ湧水池の上に座敷がある。

Cimg1420

Cimg1421

お茶が出ます。

Cimg1424

裏庭にも池があります。

Cimg1425

水力発電できそうな勢いで、湧水が流れてました。

Cimg1428

ホテルに戻ると、霧が晴れて山並みが見えてきました。明日は晴れるといいな。

Cimg1431

ホテルの食堂で夕食。生ビールに。

Cimg1432

特製皿うどん(細麺)750円。量に驚きましたが、完食しましたw

| | Comments (0)

« October 2017 | Main | December 2017 »