« 瀬戸内海お好み焼き紀行 ⑤ 帰路 | Main | ゴールの気配なく、前途多難 »

銚子入梅いわし紀行

Cimg2189

浜松町バスターミナルから13:00発のバスで出発。

Cimg2195

15:40ころ銚子駅前に到着。

Cimg2196

銚子プラザホテルにチェックイン。

Cimg2197

Cimg2198

Cimg2199

壁が薄くて隣室の音が筒抜けでした。素泊まり7710円。

Cimg2205

ホテル2Fの廣半という和食店で。まずはビール。

Cimg2206

いわし丼セット。梅雨のいわしは入梅いわしといって旬なんだそうです。

Cimg2207

冷酒も追加。真澄のあらばしりはひさしぶり。諏訪じゃなくて、銚子で再会は意外。

Cimg2208

お椀はいわしのつみれ汁でした。

Cimg2210

合計47770円。

Cimg2214

ホテルをチェックアウト。荷物を預かってもらって、タクシーを呼んでもらい、銚子漁港第1卸売市場(中央市場)へ。

Cimg2215

2Fに見学通路があり、平日の8:00~11:30に無料開放されてます。手前がマグロ。

Cimg2216

奥にカジキ。

Cimg2223

市場の食堂も8:00開店。

Cimg2222

焼き鯖定食600円。鯖は脂がのっていて、刺身も新鮮でした。

Cimg2224

タクシーがおらず、帰路は徒歩で。銚子大橋。

Cimg2225

その下流。

Cimg2226

帰りもバスでは芸がないので、JR成田線経由千葉行きで帰りました。


|

« 瀬戸内海お好み焼き紀行 ⑤ 帰路 | Main | ゴールの気配なく、前途多難 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 瀬戸内海お好み焼き紀行 ⑤ 帰路 | Main | ゴールの気配なく、前途多難 »