« January 2019 | Main | December 2019 »

ニュー「きたかみ」&津軽鉄道ストーブ列車 ③ 津軽鉄道ストーブ列車乗車記

Cimg3351

五所川原駅で下車。津軽鉄道五所川原駅へ。

Cimg3353

待合室にもストーブ。中国人(台湾人)だらけ。

Cimg3374

切符は硬券。下車時に回収されず、記念品として持ち帰れます。ストーブ列車乗車には、普通切符+ストーブ列車券(400円)が必要です。

Cimg3393

先頭は機関車(津軽中里で撮影)。

Cimg3360

観光客用のストーブ客車。

Cimg3359

地元客用の普通客車(ストーブ列車券不要)。

Cimg3389

最後尾になぜかラッセル車。

Cimg3364

津軽の風雪に耐えた廃車車両。

Cimg3361

ストーブです。乗客はストーブ撮影会。

Cimg3365

アテンダントが乗車していて、車内販売やストーブの世話、手書きのパンフを配布したりします。

Cimg3370

ストーブの上でスルメを焼いているので、車内はスルメ臭が充満してます。

Cimg3369

有名な五所川原農林高校が沿線にあります。

Cimg3375

ストーブ客車は観光客で満員でしたが。

Cimg3376

途中駅の一大観光地、斜陽館のある金木駅でほとんど下車してしまい、ストーブ席を独占できました。

Cimg3380

石炭ストーブです。

Cimg3381

車掌さんが石炭をくべているところ。

Cimg3384

ストーブ客車から機関車を撮影。

Cimg3390

終点の津軽中里まで乗りとおしたのは数名で、私以外は全員インバン客。

Cimg3391

スーパースター!

Cimg3396

復路はストーブ席で雪見酒。津軽の地酒「じょっぱり」の六花酒造(弘前市)製、辛口で酒飲み好み。

Cimg3385

津軽の地吹雪対策なのか、鉄道防風柵。

Cimg3397

道路にも防風柵がついてます。

Cimg3400

金木駅。

Cimg3403

五所川原から再び五能線に乗車。

Cimg3413

弘前駅で下車。

Cimg3405

イトーヨーカ堂の8Fにある、岩木山が見えるファミレスで。

Cimg3412

チェックイン前に夕食。

Cimg3415

Cimg3414

駅前のルートイン弘前にチェックイン。

Cimg3417

ルートインの無料朝食。

Cimg3420

部屋の窓から見た朝の弘前。雪が舞ってました。

Cimg3421

弘前駅から奥羽線普通列車に乗車。新青森から「はやぶさ14号」で帰京。


| | Comments (0)

ニュー「きたかみ」&津軽鉄道ストーブ列車 ② 仙台から青森へ

Cimg3311

仙台港フェリーターミナルからタクシーで多賀城駅へ。仙石線で仙台へ。

Cimg3316

Cimg3317

コンフォートホテル仙台駅西口にチェックイン。

Cimg3318

チェックインして風呂に入り、再び外に出るのは寒いので、駅弁を買って夕食に。

Cimg3319

政宗公御膳1200円はオカズが酒肴向けなので選択。

Cimg3324

コンフォートホテルの無料朝食。

Cimg3325

仙台駅発8:06「はやぶさ1号」に乗車、新青森駅へ。

Cimg3326

盛岡を過ぎたあたりで雪景色に。岩手山。

Cimg3330

八戸を過ぎると、八甲田山が見えました。

Cimg3331

新青森駅から奥羽線普通列車弘前行きに乗車。

Cimg3335

川部駅で五能線に乗り換え。

Cimg3337

冬のリンゴ畑。

Cimg3345

Cimg3350

岩木山の稜線がかろうじて見えました。

| | Comments (0)

ニュー「きたかみ」&津軽鉄道ストーブ列車 ① 太平洋フェリー「きたかみ」乗船記

Cimg3218

バスタ新宿発7:20名古屋行き中央道昼特急に乗車。

Cimg3223

渋滞もなく、順調に名古屋到着。名駅「味仙」で。

Cimg3222

台湾ラーメン。翌朝、肛門に「来ました」。

Cimg3227

あおなみ線で野跡駅へ。

Cimg3232

野跡駅からバスでフェリーターミナルへ。

Cimg3234

Cimg3235

就航したばかりの「きたかみ」。

Cimg3257

特等は満席。1等クロスツイン。2段ベッドではなく、ベッドがクロス配置されてます。

Cimg3258

冷蔵庫あり。

Cimg3259

TVに湯沸かしポット。

Cimg3262

玄関?

Cimg3260

トイレ、シャワールーム。

Cimg3261

洗面。

Cimg3284

椅子は丸椅子が1個だけ。

Cimg3263

インフォメーション。

Cimg3264

就航したてなので、花束が。

Cimg3265

従来は大きめの売店が独立してありましたが、インフォーメーションの隣でかなり縮小してました。

Cimg3266

Cimg3268

Cimg3269

Cimg3271

プロムナード。ピアノも小さめに。

Cimg3270

レストラン。

Cimg3272

最近の大型フェリーにありがちな3層吹き抜けではありません。客室は6、7Fの2層のみ。

Cimg3274

大浴場とは別に、シャワールームも設けられてます。

Cimg3275

コインランドリー。

Cimg3273

最上級室は特等が10室のみ。スイートはありません。太平洋フェリーの売り物だったラウンジもなくなり、ショーもありませんでした。ティールームもなくなり、豪華フェリーから物流重視の普通のフェリー化したようです。

Cimg3276

夕食は売店で買ったサッポロクラシックを部屋飲み。

Cimg3277

白あえ。

Cimg3278

千寿の天むす。

Cimg3281

伊良湖水道通過。

Cimg3282

右舷の部屋なので、神島灯台の灯が見えました。

Cimg3286

BSで家と同じ番組を。

Cimg3289

スーパーボウルの再放送も。

Cimg3290

クルーズパックという朝食付きプラン。

Cimg3300

Cimg3298

Cimg3299

朝食の後、昼まで2度寝。デッキに出てみましたが、強風ですぐに室内へ。

Cimg3306

後は仙台到着まで、プロムナードでまったり。

Cimg3307

海面を眺めてると、何度もイルカが見えました。左上に少し白波が立っているあたりにイルカがいました。

Cimg3310

朝、食い溜めして、午後はハーゲンダッツのみ。定刻に仙台港到着。


| | Comments (0)

« January 2019 | Main | December 2019 »