私鉄・新聞とスポーツ

阪神電鉄は後発の阪急に実質的に吸収されそうな気配です。阪急の創業者小林一三は興行師的才能もあったようで、今日に残る宝塚歌劇や東宝(「東京宝塚」の意)も彼が創始した事業です。

大正2(1913)年には沿線の豊中に豊中グラウンドを作っています。現在まで続いている高校野球の選手権大会(夏の甲子園)は大正4(1915)年、高校サッカーの高校選手権と高校ラグビーの選手権(花園)は大正7(1918)年、この豊中グラウンドを発祥の地として始まりました。サッカーは首都圏に移転して特定私鉄とは無関係になりましたが、野球は現在でも阪神の甲子園球場、ラグビーは近鉄の花園ラグビー場で行なわれています。

高校野球は大阪朝日新聞が、サッカー・ラグビーは大阪毎日新聞主催で始まり、野球とラグビーは現在も同じ主催者です。

大正期におけるスポーツの興隆には、私鉄の沿線開発、新聞の拡販が絡んだ「スポーツの興行化」の側面も否定できません。裏返せば、スポーツの「集客力」が注目されたということにもなります。

サッカーの場合、広島一中(現・国泰寺)や東京府立五中(現・小石川)の校長は新聞社主催大会、すなわち選手権への参加を禁止していた時代があります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

考えることができるスポーツ

昨日記したように、大正時代に競技人口が急激に増加するのですが、この時期高等教育に普及したことにより、競技レベルも急激にアップします。従来はロングキックによるキック・アンド・ラッシュかドリブルで抜いていくという攻撃法しかなかったのが、ショート・パス戦術が導入され、1927年極東大会(国際戦)初勝利、1930年極東大会優勝、1936年ベルリン五輪でスウェーデンを破ってのベスト8と国際舞台でも大躍進します。

この面で大貢献したのがビルマ人留学生チョー・ディンで、彼の指導を受けた竹腰重丸はその著書『サッカー』(旺文社,1956)で以下のように述べています。

“大正十二年(一九二三年)一月に開始された第一回全国高校(旧制)大会に早稲田高等学院が優勝したが、同校の優勝によって、そのチームをコーチしたビルマの留学生チョー=ディン(Kyaw Din)氏の名が全国に伝わり、多数の者がその指導を受けた。いわゆるショート・パス戦法は、同氏の指導を受けた人たちによって普及され、拡充されたものであって、同氏がわが国サッカーの近代化に貢献したところは多大であった。

 同氏の教えたショート・パス理論は「むりにドリブルで抜かなくても、二人でパスを用いて一人の敵をたたけば、けっきょくゴール前で一人をあましてフリー・シュートできる」ということに要約されるもので、戦術理論としてはすこぶる単純なものであった。

 しかし、同氏にキックやヘッディング、ドリブリング、タックリングなどの正確な方法と、その理論を教示された結果、基礎技術が急激に進展したことは大きな収穫で、キック・アンド・ラッシュ式のやり方から、従来よりもはるかに確実にボールを保持して侵入する攻撃方法の技術的な裏づけができたわけである。

 大正十一年(一九二二年)の秋、山口高等学校で筆者もはじめて同氏の指導を受けたが、ペナルティー・エリア線付近からのキックで、十回中に六、七回ぐらいは確実にバーにあてる美技や、ヘッディングの正確さには目を見はったものであるが、それにもまして大きな収穫であったのは、キックやヘッディングのフォームやタイミングについて、簡単な物理を適用して考えることを教えられ、「サッカーは考えることができるスポーツである」ことを知ったことであった。”

原文では「」はなく、「」内は太字です。それまで戦術と呼ぶべきレベルにないサッカーが、トライアングルを形成しながらパシングし、ボール・ポゼションを重視する「戦術的」レベルに発展するのです。キック・アンド・ラッシュとドリブルだけの児戯に等しいサッカーなら、大学生から見向きもされないし、国際戦での好成績もありえなかったでしょう。

ラグビーも同様で、従来のFW周辺でオシアイへシアイするレベルから、香山蕃によってエイトシステムで展開を重視する、「戦術的」レベルに発展します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大正期の中高等教育拡大とスポーツ

文部省編『学制百年史』(帝国地方行政学会,1972)によれば、

        大正6(1917)年    大正15(1926)年    増加率

中学校数       329            518        157%
中学生数   153,891        316,759        205%

高校数           8             31        387% 
高校生数     6,584         18,107        275% 

大学数           4              37        925%
大学生数     9,044          52,186        577%

第一次世界大戦後約10年間で中学進学者は倍増、大学進学者は約6倍近くになっています。大学数の増加は1918年の大学令により、私学、単科大学が大学として承認された(学士号が授与できるようになった)ことが大きいのですが、中学校数と高校数は新設すなわち純増です。当時スポーツをするのは学生だけだったので、学生数の増加はスポーツ人口の増加に直結しました。

スポーツブームが起こり、『運動界』(運動界社,1920年創刊)、『アサヒスポーツ』(朝日新聞社,1923年創刊)のような商業総合スポーツ誌、『アスレチックス』(大日本体育協会,1922年創刊)、『体育と競技』(大日本体育学会編 目黒書店,1922年創刊)のような非商業スポーツ総合誌が続々と創刊されています。なお、これらに先駆けて『ベースボール』(博文館発売,1908年創刊)とその後継誌『野球界』(野球界社,1911年創刊)が創刊されており、明治末の野球ブームを反映しています。『野球界』の創刊と『東京朝日新聞』の反野球キャンペーンが同じ明治44年なのは表裏の関係といえるでしょう。

サッカーでは、この時期にチーム数が増え各種トーナメント大会、リーグ戦が始まります。

1918年 中学校の「日本フートボール大会」(大阪毎日新聞主催 現在の高校選手権の前身)が大阪で、「関東蹴球大会」(東京蹴球団主催 東京朝日新聞後援)が東京で始まる
1921年 大日本蹴球協会結成 全日本選手権(現在の天皇杯の前身)始まる
1923年 (旧制)高校の全国高校選手権(インターハイ)始まる
1924年 関東、関西で大学リーグ戦始まる   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

大正時代 | 旅行 | 明治時代